2021年は2回以上の大幅下落相場か?

2021.1.5
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は空売りを戦略として、
多くの方にやり方を提案してきました。

今年も空売りをメインに利益を出せる会員様を、
増やしていきたいと考えております。

今年こそ株式投資で利益を上げたい方は、
ぜひお声がけください。

まったくの初心者でも空売りで
実績が出せるように、
情報発信させていただきます。

さて、2021年の相場を予測すると、
大きく上昇する銘柄が多数出ると予測すると同時に、
大幅下落相場が数回あると予測します。

1つ目は、
上昇銘柄について。

コロナの影響で、
デジタルトランスフォーメーション
一気に拡大してきました。

そして、非対面コミュニケーションが
当たり前となる中で、働き方やさまざまな
オペレーションを見直すきっかけになりました。

これは長期的な視点で見ると、
とても素晴らしいことです。

そういった銘柄は今後、
信じられないくらい上昇すると思います。

また社会インフラの中に5Gや人工知能が
標準装備されることで、
今まで想像もしていなかったようなサービスが
たくさん出てきます。

そのため株価も一気に上昇する銘柄が
たくさん出てきます。

これはまれに見る大チャンスですね。

私たちはこういった銘柄をすでに候補として
マークしております。

リサーチチームがその動きを調べておりますので、
シェアできる段階になりましたら、
お知らせいたします。

2つ目は、
大幅下落相場について。

今のうちに断言しておきますが、
2021年相場は大幅に下落する相場が
2回以上あると思います。

この下げ幅がどれくらいかまではわかりませんが、
全面安相場で下落し続ける相場が、
2回以上はあると思います。

現在は、国が株を買い支えており、
日経平均株価が上昇しておりますが、
これは異常事態です。

上昇し続けた株価はいずれ元通りに戻るように、
この相場も実体経済に似合った株価に
戻るシーンが必ずあります。

その時にどういった戦略を取るかは、
極めて重要なことです。

まずは、損をしないために、
買いでポジションを持たれている場合は、
すぐに現金化しておくことです。

また空売りで戦略を取られる方は、
利益が取り放題になります。

こういった価格差を見つけて、
空売りを仕掛けるのは、
賢いトレーダーの投資戦略です。

私たちはこの両方をマークしつつ、
チャンスを形に変えていきたいと思います。

今年もあなたにとって有益な情報提供が
できるようにしたいと思いますので、
ぜひ楽しみにしてください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

堀北晃生

追伸:
コロナが増え続けていることが心配ですね。

まずは相場よりも健康第一で行きましょう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■堀北晃生(ほりきたあきお)プロフィール

大暴落相場で大損・・・と悔しい思いをしてきた投資家を、最短6ヶ月で「勝率8割・平均10%以上のスキルをマスター」させる投資コンサルタント堀北晃生です。「割安株を見つけるためにいろんな情報を集めたが、思ったように利益を出せなかった」・・・と悩んでいる投資家に、3年間毎月のように成功実績が上がっている実績を元に、「4つのチャートテンプレート」を見るだけで、面白いように利益を出せるようになる「魔法の投資戦略」をお伝えしています。「株式投資で利益を出したいが結果が出ない」や、「塩漬け株から脱却したい」などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料WEBセミナーに参加してください。

▼掘北式株価デトックス理論 無料WEBセミナー(空売りが学べます)
http://japan-i-school.jp/jim/hkd_form/

▼ブレイクスルー銘柄コンプリートWEBセミナー
http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

One thought on “2021年は2回以上の大幅下落相場か?

  1. WHOのテドロス事務局長等の調査依頼入国を中国は2019年9月に武漢発病死亡並び医師報告をデマとして死亡させて世界中を発病者約1億人死亡者約300〜500万人になるかもしれない前回SARSよりも強力な肺炎ですがこんな事を指導し側近に指示し香港約束を反故にし、今世界を支配し中国を発展させて新型肺炎病の証拠隠滅の為にWHOの調査員の入国を拒否して次の伝染病開発をし世界征服で基軸通貨に元又はビットコインをして共産国化をして核兵器以外を目論み1国2制度を1国1制度に米国から中国に計画を立ているのではないでしょうか、恐怖の人物です先生は投資の為に今後どの様にするべきか指導方お願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です