危険な企業の共通点とは

2021.4.6
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

「毎日新聞が苦しい経営を続けている」
報道がされました。

1979年には426万部あったものの、
2019年には243万部と43%も減少しました。

そこで大規模のリストラを行い、
大阪本社ビルを信託会社に譲渡し、
210億円を借り入れると報道がありました。

(参考:ダイヤモンド編集部より)

さらに、毎日新聞の情報元である
時事通信社との契約も3月末で解除するとのこと。

通信社とは情報元であり、新聞社などのメディアは、
その情報をわかりやすく解説しています。

ここまで来ると、情報のクオリティは
さらに下がるかもしれません。

部数を伸ばして売上を伸ばすという、
シンプルなビジネスモデルが、
今の時代では通用しなくなってきたという現実です。

長期的な成長戦略を描けるかどうか?

これができなければ、厳しい現実が
待っているかもしれません。

日経平均株価が3万円近くまで上昇しているため、
あたかも景気が良いのではないかと
錯覚される方もいるかも知れません。

しかし、現実の社会とは
かなり乖離しているのでは
ないでしょうか?

オリンピック前に経済へのダメージを
極力少なくしたいために、
相場を腕力であげて仮の好景気を演出するのも
そろそろ終わりかもしれません。

上昇しすぎたものは、必ず元の姿に戻る。

これは株式市場の歴史から見れば明らかです。

もう少しすれば、実体経済と株価が
ちょうどいいバランスに戻る日も
来るかもしれません。

現在、「買い戦略」だけで
投資をされている方は要注意ですね。

これからもネガティブな情報が入るかもしれませんが、
独自の調査を進めていきますので、
良いものがあればシェアさせていただきます。

堀北晃生

追伸:
2196エスクリの空売りで成功された
会員様からご報告を頂きました。

80,247円の利益

おめでとうございます。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■堀北晃生(ほりきたあきお)プロフィール

大暴落相場で大損・・・と悔しい思いをしてきた投資家を、最短6ヶ月で「勝率8割・平均10%以上のスキルをマスター」させる投資コンサルタント堀北晃生です。「割安株を見つけるためにいろんな情報を集めたが、思ったように利益を出せなかった」・・・と悩んでいる投資家に、3年間毎月のように成功実績が上がっている実績を元に、「4つのチャートテンプレート」を見るだけで、面白いように利益を出せるようになる「魔法の投資戦略」をお伝えしています。「株式投資で利益を出したいが結果が出ない」や、「塩漬け株から脱却したい」などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料WEBセミナーに参加してください。

▼掘北式株価デトックス理論 無料WEBセミナー(空売りが学べます)
http://japan-i-school.jp/jim/hkd_form/

▼ブレイクスルー銘柄コンプリートWEBセミナー
http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です