【6/08-相場まとめ】米CPIを控え様子見ムード

2021.6.8
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

火曜日の株式相場が終わりました。

今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2021年6月8日(火)

2万8963円56銭(-55円68銭)

本日の日経平均は反発。

朝方は、買いが先行しました。

その後は、米ナスダック総合指数高を受け、
上げ幅を拡大する動きとなりました。

買い一巡後は、利益確定売りに押され、
じりじりと値を下げマイナス圏入りしました。

後場に入ってからは、中国・上海総合指数や
香港ハンセン指数が重しとして意識され一時は
2万8897円64銭(前日比121円60銭安)まで下落。

その後は、底値を拾う動きも見られ、
下げ幅をやや縮小する展開となりました。

大引けにかけては、手掛かり材料に乏しく
売り買いが交錯した状態で取引を終えました。

日経平均株価は、前営業日比55円68銭安の
2万8963円56銭で取引を終了。

値上がり銘柄数1398
値下がり銘柄数692
変わらずは102でした。

掛かり材料に乏しい中、値がさ株の一角に
利益確定売りが出たことが重しとなりました。

ワクチン接種による期待から、
医薬品株が急伸し相場を下支えしました。

市場では、「米5月CPIや来週のFOMCが気になり
動きづらい」(欧州系証券)との声が上がりました。

新しい手掛かり材料がないため、
様子見ムードが続きそうです。

★6/8(火)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□6/8(火)値上がり率

1位<6993>大黒屋ホールディングス(株)(+25.53%)
2位<8040>(株)東京ソワール(+25.06%)
3位<6573>アジャイルメディア・ネットワーク(株)(+19.72%)
4位<4523>エーザイ(株)(+19.35%)
5位<6391>(株)加地テック(+18.80%)

□6/8(火)値下がり率

1位<6920>レーザーテック(株)(-9.09%)
2位<9733>(株)ナガセ(-6.70%)
3位<6656>インスペック(株)(-6.67%)
4位<4327>日本エス・エイチ・エル(株)(-6.57%)
5位<9450>(株)ファイバーゲート(-6.48%)

□6/8(火)寄与度上位

1位<4523>エーザイ(+19.35%)
2位<4568>第一三共(+4.92%)
3位<4543>テルモ(+1.24%)
4位<4704>トレンド(+3.11%)
5位<6098>リクルート(+0.95%)

□6/8(火)寄与度下位

1位<9983>ファストリ(-1.02%)
2位<9984>SBG(-1.64%)
3位<6367>ダイキン(-3.12%)
4位<6954>ファナック(-1.79%)
5位<4063>信越化(-1.93%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□6/9(水)重要経済指標

<日本>

(日) 5月 マネーストックM2 [前年同月比](8:50)

<海外>

(NZ) 1-3月期 四半期製造業売上高 [前期比](7:45)
(豪) 6月 ウエストパック消費者信頼感指数(9:30)
(NZ) 6月 NBNZ企業信頼感(10:00)
(中) 5月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比](10:30)
(中) 5月 生産者物価指数(PPI) [前年同月比](10:30)
(独) 4月 貿易収支(15:00)
(独) 4月 経常収支(15:00)
(南ア) 4-6月期 四半期 南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数(19:00)
(メキシコ) 5月 消費者物価指数(CPI) [前月比](20:00)
(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比](20:00)
(加) カナダ銀行 政策金利(23:00)
(米) 4月 卸売在庫 [前月比](23:00)
(米) 4月 卸売売上高 [前月比](23:00)

□6/9(水)の決算発表企業

<1433>ベステラ
<1844>大盛工業
<2695>くら寿司
<2910>ロック・フィールド
<3475>グッドコムアセット
<3565>アセンテック
<3988>SYSホールディングス
<6309>巴工業
<6696>ピースリー
<7064>ハウテレビジョン
<7460>ヤギ
<7804>ビーアンドピー
<7901>マツモト
<8186>大塚家具
<9636>きんえい
<他1件>

<編集部のオススメ>
コロナ相場で激しく動く値幅を、
即日からごっそり利益にしませんか?

チャートの原理原則さえ分かれば、
トレンド転換の波に乗って
値幅を根こそぎ狙うことができます。

では、どのようなトレードなのか、
以下をクリックしてご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/mill_newsem06/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です