新時代の投資スタイルを公開します

2017.1.24
Share:

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
先週、実に3ヶ月ぶりにCLEAR TRADEセミナーを開催しました。
 
セミナーをしていて気づいたことですが、
多くの人が時代の変化に乗り遅れ、
旧時代(一昔前)の投資神話を今でも信じています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
空売りは怖いものだと思っていました
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
そう聞いて、私は「?」がたくさん浮かびました。
 
なんでそう思っているのだろうか?
 
「なぜ、空売りは怖いと思っているのですか?」
 
そう尋ねても、明快な答えが返って来なかったのでなおさら疑問が大きくなりました。
 
しかし、セミナーが終わって、家に帰る途中で気づいたのです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
30年前の投資状況を引きずっている!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
30年前というのは、私からすればトレード経験のない時代です。
 
だからわからなかったのです。
 
30年前と現在の違いはなんでしょうか?
一度しっかりと整理してみましょう。
 
 
1989年12月、日経平均株価は3万8,915円の過去最高値をつけました。
今から約28年前の話です。
 
その後、バブルの終焉により暴落が始まり、10年近く下がり続け、
1999年から2001年までのITバブルが一時的にあるも、
その後、リーマンショックなどもあり、アベノミクスの開始までずっと下げてきました。
 
こちらもぜひご覧ください。
 
■日経平均株価の過去50年間推移

スクリーンショット 2017-01-23 17.45.29
引用元:
楽天証券ホームページ
 
  
で、私はその当時トレードはしていないので想像になりますが、
バブル時代は、当然、どんどん上昇していくわけですから、下落を狙うのは相当に危険ですね。
 
しかし、どうでしょうか。
 
その後の30年は、コツコツと大きく勝つためには下落が有利ということがわかります。
 
なにせ、エスカレーターが下っているのです。
駆け上がるより、駆け下りた方が簡単に決まっています。
 
株式トレードに限らず、私は最近FXのデイトレも積極的にやっているのですが、
はっきり言って、両者ほとんど何も変わりません。
 
 
ーーーーーーーーーーーーー
勝つための秘訣はただ一つ。
ーーーーーーーーーーーーー

 
「大きな流れに従って、同じ方向の値動きを狙う」
 
ということです。
 
まあ、問題は、銘柄や時期によって、大きな流れが上昇なのか下落なのかが一概に見抜けないことなわけですが、
いずれにせよ、28年前までは上昇、それ以降はほとんどの時期は下落を狙う方が賢明だったわけです。
 
もちろん、小型株の急騰を狙うような投資手法の場合はこの限りではありません。
 
では、今現在はどうか?というと、
 
どう思いますか?
 
上昇、下落、どっちに組みしたほうが良さそうですか?
 
28年前まで、空売りが怖いと言われていたのは、
(空想ですが)上値がどんどん更新されていって、なかなか落ちてこなかったからでしょう。
 
今はどうですか?
 
上がりきって一向に落ちてこないことってありますか?
 
もちろんそういう銘柄もあるでしょうが、
 
落ちてしまった銘柄が上昇して元の株価まで回復する可能性と、
急騰した銘柄が下落して元の株価まで戻ってくる可能性は、いったいどちらが高いのでしょうか?
 
もちろん、一概には言えませんね。
 
しかし、冷静に考えれば、皆さんの中でも比較的明確な答えが出るのではないでしょうか?
 

    トレードは、手法に頼っては勝ち続けることはできません。

 
投資とは何なのか?
 
トレードとは、そもそも何なのか?
 
損小利大はどうすれば現実的になるのか?
 
9割の人が損大利小になってしまう原因はいったい何なのか?
 
こうしたことをしっかりと、人に説明できるレベルで理解していなければ、いけません。
 
 
何事も、本質は非常にシンプルです。
 
複雑になって頭がこんがらがっている方、トレードも断捨離です。
 
それは例外ではありません。
 
では、今週はここまで。
 
皆さんが本質を掴んで勝てるようになることを今週も祈っています。
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
<編集部のおすすめ>

公開期限まであと残りわずか!

トレードのプロが
実際に日々使っている手法を無料で公開!

今からでもすぐに使えるような
実戦的な動画講座を、
こちらからご覧いただけます。

http://japan-i-school.jp/parity/day/opt-3/

関連記事

Pick Up!

新時代の投資スタイルを公開しますへのコメント

  1. 抽象的な言い回しがきになりますが、言葉をうまく濁らせて自身のセミナーに勧誘して高い受講料を取ろうとしてませんか?
    本当に負けなしなら人に教えませんよね?

    1. 貴重なコメントをいただきありがとうございます。

      勇気がいたことと思いますが、同じように感じている方も多くいるのではと思いますので、回答いたしますね。

      「なぜ自分でトレードができるのに、わざわざ人に教えようとするのか?」
       
      これは私も最初、生徒だったときに感じていました。

      なぜだと思いますか?

      なぜ、こんなにも素晴らしい先生方がメルマガを毎週のように書いているのでしょうか?

      みなさんのため?

      いいえ、それは全く違います。自分のためです。

      人は、自分の利益になることしか行動できません。

      では、授業料でしょうか?それももちろんあります。しかし、それ以上に、渇望しているものがあって、私の場合はメルマガを毎週書いています。

      それは、承認欲求と自己実現欲求です。マズローの5段階欲求(http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html)というものをご存知でしょうか。

      人間はお金では幸せにはなりません。お金は、自由を与えますが、幸福感は与えてくれないのです。

      トレードで勝てるようになればわかりますが、本当に、勝てても全然幸せにはなりません。もちろん達成感はあります。

      では、幸福感を満たすためには何が必要か。それは、人から認められ、尊敬され、感謝されることが1つ。

      そしてもう一つは、世の中に自分の実力を示すつまり、自己実現をするということです。

      私は、この2つのためにメルマガを毎週書いています。

      役に立つメルマガを書いて、感動してもらったり、感謝の言葉をいただいたり、尊敬の言葉をいただくことが、とても幸せです。

      そして、もう一つは、興味を持っていただいて、セミナーに足を運んでいただき、実際に直接私の投資技術をお伝えし、勝てるようになると、誰かを勝てるように引き上げることができた、という自己実現欲求が満たされ、大きな達成感と充実感を感じることができます。

      なので、メルマガを書く目的は、「感謝されたいから」「尊敬されたいから」「セミナーに来てほしから」「セミナーを聞いて、実際に勝てるようになり、さらなる感謝をもらいたいから」です。

      ちょっと長くなりましたが、このことはしっかり理解いただきたいことですので、お伝えする機会をいただけてよかったです。

      コメントありがとうございました。

  2.  匿名性さん
     世間には、色んな授業があり、とても高い授業料もあります。本で学んでも、実践だとうまくいかず、安い講座で幾つか受けてみた事がありますが、今は、先生の授業を受けて良かったと思います。
     授業料は、確かに高かったです。
     でも、チャートが意味する理由が分かってくるようになりました。テクニカル分析・情報収集を教える他の先生の手法も良いし、結果も出ます。ただ、チャートの意味が結局、よく分からないので、動き出してから先を読むのに時間がかかるし、損失も出やすいです。
     なので、先生の授業料は高いですが、お勧めだと思っています。

    1. 嬉しいコメントをいただきありがとうございます。
      こういうメッセージをいただけることが嬉しくて少しでもわかりやすい教え方を研究しています。

      私と同じチャートの見方とトレード判断ができるようになるようにお伝えしていきますので、これからもアウトプットを頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です