「予測」と「予想」の違い

2018.5.18
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

ここのところ体重が増えてしまい、
近日中に4日間断食をしようと思います。

前回は2週間の断食を行いましたが、
今回は無理をせずやろうと思います。

さて、日経先物は
連休後も調整でもみ合っていましたが、
先週末からようやく動き出しましたね。

まだまだ今後の様子を見る余地はありますが、
上げ方向に行くのではないでしょうか。

エントリーチャンスもここのところ前場は
ほとんど動かずで、デイトレ泣かせの相場が続いています。

買いたいのに買いに行けない、
売りたいのに売りに行けない
という足踏み状態が続いても、

調整が終ったらきっと
上がる「だろう」、下がる「だろう」
という感情で注文してはいけません。

場合にもよりますが、

私は今回のような調整局面であれば
値が動き出してから入っても
遅くないと考えていますので、

それまでは良い時期に入るための
準備や勉強に励めば良いと思います。

「予測」と「予想」が
混同してしまっている方は
特に注意していただきたいと思います。

「予測」は
トレードにおいて必要不可欠ですが、

あくまで今後のトレードの
計画を立てる物差しであり、

決して売買判断に
直結させることはありません。

これを行ってしまうと、
「予測」ではなく「予想」、
つまり感情的になるとともに、

トレードではなく
ギャンブルとなってしまいます。

また、5月は相場が芳しくないなどと
言われることもありますが、
私はそのようには考えていません。

日々チャートを観察するなかで
入るべきか、入らぬべきかを
判断しているからです。

「5月は相場が芳しくない」定説を前提にして
トレードを控えたりするのも
感情に頼るのと同じだと思います。

そういったものはなるべく取っ払い、
チャートの流れとルールに沿った
シンプルなトレードを心がけましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
時間がないビジネスマン、主婦の方にも
役立つ投資の正しい情報を学べ、
利益を出せるWEB番組。

それを今回3日間限定で配信します。

この機会にあなたのあやふやな知識を正して
今後一生の利益を伸ばしませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/ifl_180606/

The following two tabs change content below.
りゅうじじ
りゅうじじ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・りゅうじじ手法開発者 ・専門分野:日経225先物・株式 昭和35年、19歳で石川県加賀市から上京。 24歳で独立し、とんかつ屋、ラーメン屋、健康器具製造販売など様々なビジネスで数十億円の資産を築く。しかし、32歳の時、株式投資で2億円の損失を出し、その後株を勉強し直すもバブル崩壊で全てを失い、経営の世界に戻る。その傍ら、38年間毎日朝から晩までトレードの検証を続け、莫大な資金を投入して投資の研究に没頭する。その結果、3年前についに独自のチャート手法が完成する。現在は仲間とともに手法の普及をライフワークとしている。
りゅうじじ
最新記事 by りゅうじじ (全て見る)

関連記事

Pic Up!