大損失を避けるためには?

2018.11.7
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

FXでは取引をする際の単位として
LOT(ロット)という単位があります。

証券会社によって、この単位は
1LOT=1000通貨だったり、
1LOT=10000通貨だったりと異なります
ので、

自分の使っている証券会社のLOTの単位は
必ず確認する必要があります。

私が使っている証券会社では、ほとんど
1LOT=10000通貨ですが、

これは、例えばポンド円を1LOT取引をする場合、
10000ポンドの取引をするという意味になります。

FXでの損益というのはLOT数に比例して
大きくなりますので、
同じ10pipsの利益が出たとしても、

1LOTで取引している人と、
50LOTで取引をしている人とでは、
損益額に50倍の差が生まれます。

さて、ここで一つ質問です。

例えば今自分が、1LOTで取引をしていたとして、
30pipsの損失が出てしまいました。

この時、次のどちらの対応を取りますか?

1.同じく1LOTで取引をし、30pips取り戻す。
2.取引数量を3倍の3LOTに変更し、
 10pipsで損失分を取り戻す。

………………………………
………………………
………………

さて、あなたはどちらを選びましたか?

この質問の正解は1になります。

2は非常に危険な考え方で、
確かにLOT数をあげれば少ないpipsで
大きな利益を得ることも可能ですので、

1LOTで負けた分を取り戻すのに
3LOTで取引した際「利益が出れば」
すぐに負け分を取り戻すことが出来ますが、

ただ、3LOTに変えたとき、そこでも
損失になってしまった場合、
さらに傷口を大きく広げる結果になります。

FXで大きな損失を出して取引を
止めてしまう人の中には、

このように、負けたら取引量を増やして
一気に取り戻そうと考え、そこでも負けてしまい、
さらに取引量を増やして……..

ということを繰り返し、いつの間にか
取り返しのつかない状態になってしまう方もいるのです。

LOT数を上げれば利益が出たときは
もちろん利益額が大きくなりますが、

当然損失が出たときは、LOT数に比例して
損失額も増えてしまいます。

取引をする際はいきなりLOTを大幅に
変えたりするのではなく、

自分の資金に合わせて少しずつ
取引量を増やしていくとよいでしょう。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
FXをこれから始めたいとお考えの初心者の方に

短時間・少資金で、リスクを最小限に抑えつつ
結果を出すトレード手法をお教えします。

シンプルな手法で資産を増やしたい人は
是非ご参加ください。

11月11日(日)までのお申し込みで受講料が無料!
残席あとわずかの為、お早めにお申し込みください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181202/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!