作成者別アーカイブ: Mr.K

投資で大切なのは勝つことより◯◯◯こと

2018.01.16
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

多くのプロトレーダーが日経平均株価の高騰からの注意喚起をしていると思います。

しかし、そう言われてもこれだけ上昇してきて、
まして、それを取り逃してきた人は
思わず買いたくなってしまうことでしょう。

その気持ちはわかります。

わかりますが、それだとかなり危険だと思いますので
リスクを減らすための概念について解説します。

すぐに使える概念なので、しっかりと読むことをおすすめします。

あなたは、投資する資金をしっかりと分散させていますか?

エントリーするときに、いきなり資産の半分とか投下したりしていませんか?

「いや、、資金が少ないので仕方なく、、、」

「ここから大きく動いたら機会損失になると思って、、、」

と色々な声が聞こえてきますね。

最近、私は行動心理学を以前よりさらに力を入れて勉強しているのですが、

人というのは、

・一発逆転
・起死回生
・V字回復

といったものに予想以上に価値を感じるということがわかりました。

プラスがさらにプラスより、
マイナスからの逆転でのプラスの方に感動する。

様々な事例を見て、あるいは、自分自身の経験を思い返して、

深くそう納得しました。

面白いことに、本質的に人間は、プラスよりもマイナスのほうが好きなのですね。

マイナスがあってはじめてドラマがある。

きっとあなたもそう感じてしまうことと思います。

しかし、トレードにおいては、それでは困りますね。

そこで、本心や欲望と逆行することは承知のうえで、

分散投資をオススメします。

今日は、その方法について、少しだけ紹介します。

・・・

まず、分散投資というのは、

あなたの投資資金をいくつかの投資対象、投資機会に分けて投資する

ということを言っています。

投資をする以上、誰だって、自分が投資する対象に8~9割の確信を持って投資します。

そうなると、本当は300万円投資できるのに、30万円しか投資するな!

と言われると、

「なんでだ!もしもこの投資が当たったら、俺の利益が10分の1になっちゃうんだぞ!」

と怒りたくなると思います。

人間は、機会損失を嫌う生き物ですから、

8~9割確信している機会をみすみす逃すということが耐えられれないのです。

さらには、大きな投資に踏み切ってリスクを取ることそのものが快感になります。

 

しかし、、、

8~9割当たるという確信そのものがそもそも間違いだとしたらどうでしょうか?

ここで、ランダムウォーク理論という理論を紹介します。

あなたは、ファンダメンタルズ分析にせよ、テクニカル分析にせよ、

しっかりと綿密に分析すれば、それなりに確度の高い予測が可能である

と信じていませんか?

日本人は特に、学校教育において「正解のある問題」を解く習慣がありますから、

・時間さえあれば
・知識さえあれば
・経験さえ積めば

かなり高い精度での未来予測ができると思っている人が多いです。

しかし、、、

ここからは意見が分かれるのですが、

実際のチャートというのは、

【ランダムな動き】と【意味のある動き】が混じっているものなのです。

例えば、ここ数日下落トレンドだな~と思っていたとして、

それはランダムな動きが重なった結果である可能性が結構あります。

つまり、下落「トレンド」というのは見かけ上のトレンドに「見える」だけ

であって、実はトレンドなどないフェーズである、

という可能性が結構ある、ということです。

 

他の側面から見ると、例えば、

あなたが過去2週間の合計約5回のスイングトレードで

勝率80%だったとしましょう。

5回の80%なので4回買って1回負けたということです。

一見、すごい実力が身についたように感じますね。

しかし、勝率が50%の実力だったとして、

5回中4回勝つ確率は、15.6%です。

決して大きくないですが、十分にあり得る数字です。

つまり、勝率が8割になったというのは、単なる思い込みにすぎないかもしれず、

実際は勝率50%で偶然が重なって5回中4回も勝ったかもしれないということです。

もしも単なる偶然だったとしたら、、、

この実績に自信を持って投資金額を増やしたら、、、悲惨な結果になりそうでうね。

同じように、

10回中8回勝つ確率は、4.4%
20回中16回勝つ確率は、0.5%

となります。

20回投資して16回勝ったとなると、さすがに偶然ではない可能性が高くなってきますね。

しかし、それでも、勝率が8割である保証にはなりません。

実際は勝率が65%程度である可能性が十分にあるのです。

このように、トレードの難しくかつ奥深いところは、

多少の実績は保証にならないという点です。

 

少し脱線しました。

話を戻すと、チャートの動きでトレンドがあるように見えても気のせいかもしれないし、

自分の理論が当てはまっていると感じはじめても、気のせいかもしれない、、、

ということです。

であれば、短期間の実績や過去チャートを元に大きなリスクを取ることは危険です。

そこで、より確実かつ着実に利益を積み重ねる方法として、
分散投資という概念を理解し利用すべきとオススメいたします。

 

目の前の投資機会に自信があって、全財産を一気に突っ込みたくなる気持ちはわかります。

ですが、もしもあなたの実力が本物なのだとしたら、

焦らなくても5回に分散してエントリーをしたとしても、

投資回数は増えて、その分時間はかかるかもしれませんが、

あなたの資産は着実に増えていきます。

それだけではありません。

もしも、あなたの実力があなたの妄想であった場合には、

資産が減る速度を大幅に削減してくれます。

多少、不運が重なったくらいでは資産は大きく減りません。

5回に分散投資しているということは、一極集中投資をしている場合に比べて、

5倍の不運が重ならない限り、あなたの資産は防衛されるのです。

 

私たちの生きている世界は、確率という摂理に支配されています。

あなたの勝敗は、常に、実力の要素と運の要素が含まれているのです。

ですから、

勝ったからといって100%自分の実力のお陰と思うのは思い上がりで、

偶然に感謝するくらいの謙虚さがあって妥当だし、

負けたからといって100%自分の実力のなさと憂(うれ)うのは、

落ち込み過ぎというもので、運が悪かったということもあるわけです。

このことを深く深く理解し、

資産を分散投資するということを真に譜に落とした人だけが、

超長期にわかって勝ち続けることができると思っています。

 

収集がつかなくなってきたので結論としますが、

確率論としては、5~7回にあなたの資産を分けて投資すると、

あなたの実力どおりの結果が得られます。

ぜひ、この資産分散、資産管理ということに興味をもってください。

急騰が続いた後、こういうときが人生の分かれ道です。

こういうときほど、分散投資です。

ボラティリティが大きくなりますから、ロットを減らして長く持つ。

投資で大切なのは、勝つことよりも負けないことです。

これは、長く投資をやってきた方なら全会一致の概念です。

投資は長期戦なのです。

直近でうまく勝てている人も、
相場の状況が変われば、直近の勝率は当てになりません。

休むも相場。
アクセルを踏むべきときとブレーキを踏むべきときの
見極めが非常に重要です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

PS.
本日お話しした内容にも通じる事ですが、
値動きに一喜一憂して、
手法や知識を追いかけてばかりでは、

3年先も勝ち続ける事は難しいです。

自信をもって相場で利益を上げれるようになる
ヒントを、こちらのセミナーでお伝えします。

本気で勝ちたい方はコチラ


これから手法を確立するあなたへ

2017.08.15
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

トレードというのは、奥が深いものです。

同時に、とても面白い世界です。

何が正しくて、何が間違っていて、

誰が本当に勝っていて、誰が本当は勝てていないのか?

何を信じ、何を疑えばよいのか?

そもそも、トレードをやるべきか?

この方法は長く通用するのか、今うまく行っているだけなのか?

・・・

先の読めない未来を常に相手にして、

大切なお金をかけて勝負し続けるので

疑心暗鬼になったり、不安と希望が交互に押し寄せたり

そんな経験をしている方も多いと思います。

・・・

でも、大丈夫です。

私も本当に悩み、苦しみ、夢にまでチャートが出てきて

チャートが気になりすぎて仕事が手に負えないので

会社でもトイレでちょこちょこ確認したり

平日が休みの日に一日中デイトレをやってマイナスになって

徒労感に押しつぶされそうになったり、

何やってんだか・・・

みたいなことも、嫌というほど経験しました。

それでも、2年前に突き抜けられたのは、

絶対に勝てるようになるという強い決意を持っていたから

だと思います。

考えてもみてください。

別にトレードに限った話ではありません。

トレードとは、【技術の習得】なのです。

これは勘違いしている人がもしかしたら多いのかもしれませんが、

義務教育でのデスク学習とは違います。

覚えたり、理解したりすることが目的ではなく、

実際に手を動かして実践できることが目的なのです。

それを、学校や資格取得のための勉強と混同すると大変なことが起きます。

まず、大きな違いは、正解が1つではないということです。

それから、人や本から学ぶことが100%正しいとは限らないということも重要です。

スポーツや料理に例えるとわかりやすいと思います。

同じスポーツでも、色々なプロ選手がいて、色々な教え方がありますね。

どんなに優れたコーチにも、選手との相性もあります。

そんなイメージを持ってください。

トレードで勝つためには、知識を100%にする必要はありません

なんでもいいから、自分にあった方法を確立することです。

もうひとつ、とても大切なことは、

ころころとコーチを変えて成功することはありえないということです。

なんせ技術ですから、

一定期間言われた通りにやり続けてみなくては、

そもそも、頭でわかったことを実際に行動できるまでに時間がかかります。

あとは、言われた通りにやるだけでいいという性格のものでもありません

試行錯誤が必要なのです。

もちろん、言われた通りやることは大切です。
 
でも、それだけで十分のはずがありません。

大前提として、できている人が自分の技術をすべて言語化できているわけではないのです。

背中を見ながら学ぶ、やってみてアドバイスをもらう、

その過程も含めて、徐々に伝えていけるもの、と思った方がいいです。

ですから、

・情報収集ばかりで自分でやってみない人
・うまくいかなかったことを報告&相談しない人
・自分で試行錯誤をしない人
・自分の頭で考えて研究できない人

こういうタイプの人は、絶対に大成しません。

もちろん、教える側の責任として、可能な限り言語化を極め、

常により良い教え方を模索し続けますが、

完全に言語化し尽くすことは難しいと思います。

それは、あいまいなルールや手法でやっているということではなく、

やらないとわからないことをすべて言語化していたら、

情報量が膨大になって、学ぶ方としても非効率だし、

そもそもやったらわかることを言語化する必要がないと思います。

・・・

つらつらと書いて参りましたが、

とにかくできるようになるまで継続すること

技術習得には一定の時間がかかることを想定しておくこと

そのため、大きなリスクを取りすぎないこと

やると決めたら、月1練習とかではなく、集中して取り組むこと

こういったことを意識して練習に励むことが大切だと思います。

自分の可能性は、自分が信じなければ誰も信じてくれません。

通る道は誰しも同じです。

不確実な未来を信じて行動を起こす積み重ねがトレードです。

とても奥が深く、興味深く、得るものが多い世界です。

応援しています。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<本日のおすすめ>

ここでお伝えすることは決して
小手先の投資手法ではありません。

ほとんどの個人投資家が知らない

相場のプロとともいえる存在が
残酷すぎる現実を暴露します。

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170825/


あなたの投資行動を支配するもの

2017.06.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

トレードを始めて少し期間が経つと、

多くの人が自分自身の投資行動にイライラし始めます。

「なぜ私は、ロスカットを遅らせてしまったんだ・・・」
「どうして、利益を伸ばさずに利益確定をしてしまったんだ・・・」

誰に指示をされたわけでもなく、

自分自身で“自由に”売買を判断しているはずなのに

売買が“自由にできない”もどかしさを感じ始めるのです。

そして、“自由に”決められるはずだという思い込みが、

「次回こそは正しい行動をするぞ」という意気込みを生むのですが

実際は見えない圧力になかなか勝てずに、

情けない売買行動を繰り返す負のループにハマっていきます。

諸悪の根源は、何でしょうか?

そう、あなた自身の投資行動が“自由である”と勘違いしていることですね。

実は、あなたの行動は、あるものに支配されているのです。

あなたの投資行動を支配するもの、それは、、、

・・・

【マインドセット】です。

別の言葉で言うと、

【常識】とか
【基準値】とか
【これが正しいというイメージ】とも表現できます。

例えば、

トレードと同じように

「思った通りに行動できない」

感じやすいものとしては、

・早起き
・英会話
・ダイエット

これらに挑戦して何度も同じような“敗退”を味わっている人は少なくないはずです。

思い通りに行動できないのはなぜでしょうか。

できている人とできない人の違いはなんでしょうか。

テクニックの問題でしょうか?

手法の問題でしょうか?

教え方の問題でしょうか?

いいえ、もっと根本的なことが課題だと、うすうす気づいているはずです。

「やる気の問題」

そう、やる気の問題、覚悟の問題、意識の問題です。

どうしても早く起きなければならない状況になれば、どんな人も早く起きるし、

どうしても話せるようにならなければ生きていけない状況になれば、英語は話せるようになるし、

どうしても痩せなければならない状況になれば、有無を言わさず痩せるのです

もはや、テクニックや手法の問題ではありません。

いや、ちょっと語弊がありますね。

・早く起きるためのコツ
・英語を話せるようになるための学習のコツ
・うまく痩せるコツ

は存在しますし、必要ですが、

意識が変わるのが先で、手法を使うのは後ということです。

覚悟が決まっていれば、

ある程度どんな方法でも目的を達成できますが、

覚悟が決まっていなければ、

どんなに素晴らしいテクニックを知ったところで宝の持ち腐れです。

こんなことを言うと、

「いいえ、そんなことはありません。」

「私は本気で早起きがしたいと思って、
 短眠の方法や、眠りの質を高める方法や、目覚ましの種類など、
 毎回真剣に探してきました。」

という人がいるかもしれません。

しかし、はっきり言ってナメているのです。

◯◯を実行すれば、
・時間通りに自然と目が覚める
・一切の眠気を感じずにパッチリ目が覚める
・早く起きるのがラクラク楽しくなる

そんな方法を探し求めているのではないでしょうか?

そんなもの、ないと思いますよ。

早起きを続けている人に直接聞いてみましょう。

毎日、どんな思いで起きているか
どんな感覚で毎日起きるのか
なぜ、早く起きるようになったのか

その現実を、本当にあなたは知っていますか?

◯◯すれば、ラクラク楽しく起きれちゃう!

そんなものを探して色々な方法を実行していたら、

思い通りにいかない、という風になって当然です。

それは、【思い】が間違っています

だから思い通りいかなくて当然。

では、現実にできている人は、どんな【思い】で行動しているのか?

それが大事。

それを知ることこそが大事。

そう思いませんか?

それを、【マインドセット】と呼びます。

トレードも同じです。

勝てない人、手法探しを永遠に繰り返す人というのは、

追い求めるべき方向性が(おそらく)誤っています。

ぜひ、本当に勝っている人から、現実を聞いてください

あなたの意識が変わり、一気に成功に近づきます。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
先週からお届けしてきた
期間限定公開のマインドセット音声が
聴けるのは今週までです。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success5/

さらに私からの特別な案内もあります。
いますぐご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success5/


【警告】大衆は、つねに間違っている

2017.06.13
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

突然ですが、

あなたは、真実に気づいたとき、人と違う行動を取ることができますか?

「大衆は、常に間違っている」

これは、アール・ナイチンゲール(Earl Nightingale)の名言です。

ちなみに、イギリスの看護師で社会起業家のフローレンス・ナイチンゲールとは別の人です。

ーーーーーーーーーーーー
大衆は、常に間違っている
ーーーーーーーーーーーー

世の中一般に成り立つこの真理は、トレードにおいても真実です。

例えば、株価が上がるには、買う人が売る人よりも多い状態が続く必要があります。
(※厳密な議論は今はしません)

しかし、大半の人が買うと、その後はもう、買う人がいなくなってしまいます。

だって、大半の人が買った後なのだから。

よって、大衆と同じタイミングで買っても、買った後に株価はあまり上がりません。

ですから、大衆より一歩先んじなければならない。

その秘訣は、

「長期的な逆張り視点を持ちつつ、
短期的には順張りでエントリーする」

ということです。

「長期的な逆張り視点をもっている」

というのは、つまり、

チャートが上昇しているときに次の下落を考え、
チャートが下落しているときに次の上昇を考えている

ということです。

これは、下手な逆張りエントリーとは全く違います。

早すぎる仕掛けは、失敗するということも、また真理です。

チャートが上昇しているとき、
”そろそろ下がるだろう”
という勝手な予想をして空売りでエントリーするのが
逆張りエントリーですが、

上昇しているときに空売り(FXならショート)
のエントリーはしません。

しないのですが、
次に空売りでエントリーする機会を伺っているのです。

そして、いざチャートが天井に達し、
伸びずにとうとう下落を始めたのを確認して
はじめて空売りで”順張り”エントリーをします。

「結局は順張りでエントリーするのなら、
別に逆張りで観察している必要はないじゃないか!」

と思う人は、どちらかと言うと
人生行き当たりばったりを楽しむタイプ
だと思います。

ですが、トレードはそれではいけません。

下がり始めたときにすぐに空売りでエントリーの
判断ができるためには、
下がり始める前から予想している必要があるのです。

準備しているから、即断即決で行動できます。

また、狙う方向とは逆にチャートが動いているときに
順張りでのエントリーをイメージしているので、

「こうなったら、こうする!」

という先の展開の戦略を
複数パターン想像することになります。

「こうなったら、ここでエントリーする」

という具体的な戦略が複数あれば、

あとは、予想通りの展開になればエントリーするし、
予想通りにならなければエントリーせずに待てます。

自分の予想が当っているときのみエントリーするので、
その後の値動きも予想に近くなる可能性が高くなります。

自分がイメージしたことが実際に起きていれば、
自信をもってエントリーすることもできます。

「先の展開を予測する必要はありません」

という先生がいるかと思えば、

「先の展開を予測することから目をそむけてはいけません」

という先生がいます。

これは一見すると矛盾しているように見えて
混乱している人がいるかもしれませんが、

「先の展開を予測せよ」というのは、
”事前の逆張り予想をして、来るべきときに備えよ”
ということを意味し、

「先の展開を予測する必要はありません」というのは、
”流れが発生してから順張りで乗れ”
ということを意味しています。

そう考えると両方必要ということがわかるのではないでしょうか。

”来るべきときが来る前に準備を整える”

というのは、トレードでなくても成功の秘訣でしょう。

来るべきときに備えておく人だけが、
そのときが来ても来なくても対応できるのです

いつも、エントリーした瞬間にチャートが逆に動く人は、
逆張りの展開予想をしてみましょう。

予め備えておけば、動きが逆になったときに
初動でスムーズにエントリーすることができます。

みんなが観ていないものを探す、
みんなが集まってきたら自分は離れる

最初は仮想トレードでもいいので、
この戦略でエントリータイミングを決めてみてください。

きっと、今まで見えなかったものが
スッと見えてくるはずです。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
あともう数名残り枠があるようです。

世間一般に知れ渡る手法とは一線を画し、
全てのトレードにおける共通原理を知りたいなら、
こちらに参加してください。

http://j-i-s.info/j-i-s/170615_seminar/


資産が増える人のメカニズム

2017.06.06
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

前回、少し難しい記事を書きすぎたと思いましたので、

今日はどなたにもお役に立てる考え方を書きます。

テーマは、資産が増えるメカニズムです。

世の中には、同じ人間なのに、

どんどん豊かになっていく人と平凡な日常が変わらない人がいます。

その違いは、実は資産の「使い方」にあると考えています。

稼ぎ方ではなく、使い方が違うと資産が増えていくのです。

独自の考え方ですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
消費は資産を減らし、投資は資産を増やす
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トレードは投資のひとつの形態だと思いますが、

投資というのはそもそも、

今持っている資産を何かに投下するということなので、

投下する元資産が必要ですね。

投下した資産をのちのち増やして回収するから資産が増えるわけです。

これは言い換えると、

増やして回収できるものに資産を使うと、資産は増える

ということです。

逆説的ですが、

資産というのは、使うことによって増やすことができる

ということです。

ただ、もちろん、何に使ってもいいわけではありませんよね。

現在の欲求を満たすだけの使用方法もあるわけです。

それを私は「消費」と呼びます。

同じ“資産を使う”のですが、

何に使うかによって、投資になるか消費になるかが決まります。

そして、当然ながら、消費し続ければ資産は一向に増えないどころか減っていきますし、

投資し続ければ、資産は増えていきます。

もちろん、投資というのは100%増えるわけではありません。

投資したつもりが、消費になってしまうこともあります。

それでも、最初からすべてを消費用途で使うよりも、資産が増える可能性はあります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
人生の資産は、お金だけではない
ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここで言う資産とは、なにもお金だけの話ではありません。

お金以外にも、

・人脈
・時間
・体力
・エネルギー(気遣いや勇気など)

など、使うことのできる資産はたくさんあります。

そして、これらすべては総合的に絡み合っています

例えば、体力と時間という資産を使って、新たにお金という資産が得られます。

いわゆる、労働収入はこういうことですね。

問題は、使った前後でトータル資産は増えているのか?ということです。

もちろん、体力や時間の価値は、その人の価値観にもよりますが、

時給換算に対して、もしも等価交換なのだとしたら、いくら労働してもトータルで見ると豊かになっていきません。

働けば働くほど、時間や体力という資産が減って、代わりにお金という資産が増えるだけ。

何年経っても豊かさは感じられないでしょう。

しかし、ものすごく時給が良ければ、これは働くほどにトータル資産が増えていきますね。

つまり、働くことが「投資」になっていると言えます。

このように、「投資対効果」の感覚を持つことは非常に重要です。

・時間を使った分だけ、3年後に自由な時間が増える
・今一生懸命働いたら、10年後に大きな金融資産が築ける
・お金も時間も使うが、それよりも価値の高い貴重な人脈が増える

こういう風に“資産”を使っていけば、時間が経てば経つほど「豊か」になっていきます

数十年もすると、ある人は、お金・時間・人脈・健康・知識・技術・・・などを多く持っている状態になり、

一方で、ある人は、数十年前に比べて、お金は少し増えたけど自由な時間が減り、健康を害し、特にこれといって人脈も知識も技術も増えていない、

ということが起きるわけです。

また、資産を投資的に使うときに、複利を働かせる意識もとても大切です。

使うほどに投資効率が良くるように、

・紹介の連鎖によって人脈の広がりにレバレッジをかけたり、
・トレードのように、毎回の投資で複利になるようにしたり
・集中して学習することで知識習得にレバレッジをかけたり

色々な考え方がありますが、

とにかく、

①今自分持っている資産を把握する
②使える資産が何かを把握する
③資産を何に使うかを決める
④レバレッジや複利を意識して一定以上続ける

と、こんな考え方で毎日を生きていくと、

あっという間に「豊か」に近づいていくと感じています。

5年前に比べて、あなたのトータル資産は増えていますか?

もしも増えていないとしたら、5年後も増えません。

投資効果のあるものに資産を使うこと、

そして、なるべく速い速度で資産を「投資的に」使っていくこと

私はこれを常に意識しています。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
資産を増やすために不可欠なのが
「先の展開を読む力」ですが、
巷に溢れる手法を探る以前に
知ってもらいたい事実があります。

興味がある方だけご覧ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/170615_seminar/


シンプルな成功の法則

2017.05.16
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 

おはようございます。Mr.Kです。

今日は、ちょっと変わった話をします。

人生、うまくいっている人とそうでない人はなぜ現われるんだろう?

ということを一緒に考えていきたいなと思います。

 

ここ最近は、暴落したかと思ったら急騰して、

上値を抜けるのか、やっぱり下落するのか・・・

なんて、すごくハラハラしていると思いますので

トレードで勝てている人にも、
残念ながら勝てていない人にも、

どちらにもお役に立てる話を今日は書きます。

 

私は常に

人間の能力には個人差はあまりない

と思って世の中を見るようにしています。

そう、あなたも、あなたの尊敬するあの人も、

人間としての能力はほとんど同じだと考えます。

 

まあ、よくある話で、世界で一番足が速い人だって

50メートルを助走なしで走ったら5秒台でしょう。

でも、大人の男性が死ぬ気で走れば10秒以内では走れます。

つまり、一般大衆と世界一は、2倍も変わらないんです。

 

では、何が大きな違いを作っているのか?

 

人間の違いで一番わかりやすいのは、持っている資産の大きさですね。

ソフトバンクの孫さんは、時給が2億円だそうです。

あなたの時給はいくらでしょうか?

私が会社員時代で時給2000円~4000円でしたから、

孫さんの10万分の1ですね。

なんで、個人の能力が2倍も違わないのに(ここは前提なので変えません)、

孫さんは私の10万倍の時給なのでしょうか?

 

なぜ?

そんなこと、どうでもいい

目の前の生活が楽しければいい

孫さんと私は違う・・・

そう思うのは簡単なのですが、

まあまあ、ちょっとだけお付き合いください。

 

なぜ、同じ人間で10万倍の差が生まれているのでしょうか?

私は、人間に差をつくる要因は、大きく2つあると思っています。

 

1つ目は、フォーカスです。

フォーカス、つまり集中ですね。

これは、集中力というより「他のことをやらない力」と言ったほうが正確かもしれません。

 

人間の力は、反復と継続によって何倍にもなるということに気づいていますか?

例えば、キャベツの千切りを人生で初めてやってできる人はいないと思います。

ここで、みんなできないというのが、能力が大差ないということの一つの表れですね。

ところが、

逆に、1000回練習したら、今度は、うまくできない人の方がいなくなるでしょう。

料理をよくしている人で、

「私、どうしても千切りができないの」

と悩みに悩んでいる人に会ったことがありますか?

つまり、嫌でもできるようになってしまうということです。

 

これが反復と継続の力。

どんなスーパーマンでもできなかったことを、凡人が反復して継続するとできてしまう。

ロマンがありますね。

問題は、反復や継続をする人が圧倒的に少ないということであって、

それにはコツがあるのですが、今回は割愛します。

 

人間に差をつくる要因の2つめは、他力を使えているかです。

どれだけフォーカスしてみても、自分の時間は1日24時間しかないので、

どうしても、どうあがいても不可能なことがあります。

しかし、自分以外の人の時間を自分の成果に結びつけることができると、

一人でも到底できなかったことが実現したりします。

 

例えば、お店の宣伝をするのに、自分だけでチラシを配るより、

10人に依頼して、その10人が10人に依頼して、合計で100人でチラシを配ると、

自分1人ではぜっったいに不可能な速度で宣伝や集客をすることが簡単にできてしまいます。

これが、OTPと言って、Other People’s Timeの略ですが、

これを使うことができるとレバレッジを効かせて突き抜けた成果を出すことができますね。

 

以上、フォーカスと他力(OTP)

この2つの原理によって人の差は何倍にもついていきます。

両方使っているのが孫さんですね。

あなたは、どちらかを使えていますか?

 

トレードの技術向上も実は同じです。

フォーカスというのは、

トレードを習得したいなら他のことを辞めて時間を開けられるかが重要になるということです。

トレードを頑張ります!という意気込みは、みんなが持っています。

違いが出るのは、トレード「以外」のことをどれだけ辞められるか。

 

そして、トレードでの他力(OTP)というのは、

既にできている人から効率的に学べているか、ということです。

例えば、私の使ってきた数千時間は、私から学べば拝借することができます。

できる人から学ぶということは、時間のショートカットです。

もちろん、お金はかかりますが、時間はショートカットできますね。

ショートカットしなければ、少なくとも数千時間の時間はかかります。

(人間の能力は大して変わらないと考えているので、同じだけかかると思います)

 

フォーカスと他力(OTP)

これをうまく使えれば、

あ、あとは、ビジネスならタイミングも重要ですね。

同じことをするのに、1年タイミングがずれるとまったく成果が変わったりします。

 

最後に増えてしまいましたが笑、

1.フォーカスの力
2.他力(OTP)の利用
3.タイミング

これが揃った人が成果を出しているにすぎません。

 

別に、成果を出している人がすごいわけではなく、

もしも、あなたが成果が出ていなかったとして、あなたが劣っているわけでもなく、

単に、3つのポイントをどれだけ押さえて行動しているか、だけです。

 

シンプルに考える。

要は、能力ではなく、やり方の問題と考えれば、なんだかスッキリしませんか?

自分の可能性を感じられませんか?

自分の可能性を信じている人は、遅かれ早かれ成功していくと思います。

 

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
毎回、全国からご参加いただいておりますが、
 
あともう数名だけ、残り枠があるようです。

手法探しや、毎回ハラハラドキドキする
トレードから本気で卒業したい人だけ、
参加してください。

http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/