作成者別アーカイブ: JIS

トレードを楽しめてる?

2017.02.27
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

この間珍しく風邪をひいて寝込んでしまいました。

風邪なんてめったに引かないんですが、
たまに引くと強いのか、2日ほど寝込みました。

こんなにひどいのは何十年ぶりです。
風邪をひくと何もやる気が起こりません…

咳はでるし、全身がだるくて悪寒まで走ります。
やらなきゃいけない仕事もあるんですが、
やる気が起こらずボーっとしてしまいました。

何気なくテレビを観ていたらあるプロゴルファーの
インタビューをやってました。

そしたら、

えっ?って思ってしまいました。

彼はインタビューでこう言ったのです。

「明日ゴルフがあると思うと楽しくで眠れない」
と言ったのです。

私はえーっ!ウソだろうど私は思いました。

だってプロだから勝てば賞金がもらえるけど
負けたらなしですよね。
きっと試合の前日は緊張して
眠れないはずではないかと思っていたからです。

ところが彼は楽しみで眠れないと言ったのです。

すごいなぁ〜と感心しました。

そういえばあるプロ棋士もこう言ったいました。

「対局が楽しくで待ち遠しくて仕方ない。」

人は自分が好きなことを仕事にすると
普通は楽しくなくなることも多いです。

ファッションが好きでブティックを
始めたけど、全然儲からないから
嫌いになったっていう人もいます。

好きなことを仕事にして、それでもずっと
好きでいられるのはすごく難しいことなのです。

でもこの辺りがプロでも一流になっていく
人の違うところなんでしょうね。

好きなことを仕事にして、何十年もたつのに
それでも今でもその仕事が大好き。

胸がおどっておどって仕方ないんでしょうね。

株を好きでやってきているのに
残念なことに

必要以上に緊張してしまったり、

負けがこんできて段々と嫌になってきたり、

恐くて次に仕込めない人もいたりします。

そんなこんだで気が付いてみると、
トレードが嫌いになったり、
何のためにやってるのかわけがわからなく
なったりしていませんか…?

実は私も昔はそんな時期がありました。

「トレードなんてちっとも楽しくない。
 金のためにやってるんだ!」

そんなこと言ってるやつに、トレードの女神は
微笑みかけてはくれませんね。。。

当然のごとく負けがこんでおりました(^^;

勝つか負けるかは結果でしかありません。

銘柄を仕込むときのドキドキと期待感、
期待通りに行った時のあの満足感、
それから、逆に反対にいったときの悔しさや
利益をもっと取り逃したときの焦燥感…

これら全部を含めてトレードを楽しめるような
トレーダーであり続けたいものです(^^♪
 
 
藤井百七郎


ゲームはトレードに有効?!共通の特性について

2017.02.26
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

最近ゲームにはまっています。

とは言え、最新のゲームでは
ありません。

すっごくシンプルなカードゲームです。

その名も「ソルティア」

かなり昔からあるゲームですので、
知っている方も多いでしょうし
昔やったことがある人も多いでしょう。

それに、はっきり言いまして。

「今更それですか?」と言われても
おかしくはないぐらいの
古いゲームでしょうね(笑)

しかし、こういった古くからある
シンプルなゲームには、
ある特徴があります。

まず、「一度の間違い」が
「決定的な間違い」になり
ゲーム続行が不可能な点です。

一度の見間違い、凡ミスが
最終的な結果に左右します。

かなり複雑化したゲームでは
一度の間違いでも、後半からの
頑張り次第でゲームを盛り返し
勝つことも可能でしょう。

しかし、ゲームがシンプルで
あればあるほど、一度のミスを
見過ごしただけで、続行不可能。
自分の負けとなります。

見過ごした場合、なぜ負けたのか
分からない事もしょっちゅうです。

ですから、かなりの集中力を
使うゲームです。

私は普段のトレードはデイトレードを
していますが、このトレード法には
集中力と最短での決断力が求められます。

この決断を一度間違うだけで、
取れる利益は大きく違ってきますし、
最悪の場合、同値撤退やマイナスに
になってしまう。

そんな事態もあるんですね。

ですから、自分の中で

「集中力」

「決断力」

は、鈍っていないか?

を推し量る時に、このシンプルな
カードゲームをしています。

体調が思わしくなかったり。

集中が途切れるような不安な
材料が自分の中にある場合。

分かりやすくゲーム結果に現れます。

そうです。

あっさり負けるのです。

だからこそ、ちょっと集中力が
とれそうにない場所や、
集中力が途切れるような
事態の際に、あえてこのゲームをし、
集中力の強化をしています。

いつ、どのような状態にあっても。
たった一度の失敗を無くし、
こちら主導で勝っていく。

これが、トレードでの絶対的な
スキルです。

たかがゲームです。

しかし、短時間でのトレードで結果を出す。

という状況とかなり似ています。

集中力と決断力の強化にちょうど
良いんですね。

えらそうにゲームの有効性を
書いていますが。

案外、ゲームってあなどれないんですよ。

トレードも所詮、対戦相手がいるゲームです。

その対戦相手との心理戦があります。

今、どういう思いで株を買っているのか?
保有している人は現在損失を出しているのか?
それとも利益を出し、そろそろ利益確定と考えているのか?

チャートや板で分析し、その対戦相手の
思いをめぐらせながらトレードを
自分に優位にもっていく。

これがシンプルな法則であり、全てです。

あまり、ゲームにのめりこんでは
いけませんけれど。

特に、デイトレードの強化には
有効でしょう。

時間を決めて。
どんな不安定な状況でも。
単純なゲームを攻略する。

これを繰り返して、本来のトレードに生かす。

最近、私がやっている方法で
トレードにかなり有効ですので、
是非皆さんにシェアしたいと思い
書きました。

ゲームが嫌い。

という方もいるかもしれません。

しかし、トレードもゲームです。

ですから好き嫌いをせずに
攻略法を探して欲しいんです。

全ては株で勝つためなんですね。

攻略方法を探し、勝つ。

これに特化するためにも、
生活の中に、ゲームを取り入れて
そして、トレードで常に勝てる
そんな人になってくださいね(^^♪

高橋陽子


小資金で損をしない投資法はある?

2017.02.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

前回は、
「朝、絶対にやってはいけないこと」として
含み損の計算を挙げましたが、

株式投資の講師をしていると
スクール、セミナー、メールなど
多くの場面で含み損のご相談をいただきます。

特に相談にいらっしゃるのは
少資金の方ですね。

この調子なら、ずっと持っていれば
まだまだ上がるかも!と思う銘柄でも、

やはりすぐに資金を回収できないことで
不安になってしまうようです。

これから上がっていくと自信のある株でも
上昇のペースはそれぞれ違うので、

少資金の方は、まず、
1つの銘柄にすべて突っ込むのではなく
他でもしっかりトレードできるように
資金配分を気をつけたいところです。

とは言え、
せっかくずっと持っていれば
上がる銘柄を買ったのに
直ぐに損切りしてしまうのは
あまりにももったいないので、

どうしても不安があれば、

資金の半分を売って回収、
もう半分は寝かせておく

という手を使うのもアリだと思います。

また、含み損になってしまった方は
「上がると買いたくなる病」を
お持ちではないでしょうか?

上がる!と思っても、
上がっている途中で買えば買うほど
資金はかさみますし、
値幅は取りにくくなってしまうので、

安いところで拾うことがベスト!
という値幅意識を持って
どんどん押し目を狙っていきたいですね。

そして、
きちんと押し目で入ることができ、
ぐっと上昇したときは、
また下がらないうちに
一旦の利益確定もお忘れなく。

一度上昇した銘柄については
値幅調整が起こりうるので
一旦利益確定した後で
再び押し目のチャンスを待って
インすることもできますよ(^^♪

少資金トレードについては
以前よりお伝えしているので
内容が繰り返しの部分もありますが、
とても大切なことなので
改めてお話させていただきました。

株を始めたばかりの方は
是非参考にしていただき、

トレードに慣れてきた方も
ここでご自分のトレードを
再確認していただけると幸いです(^^♪

ウルフ村田


私の究極の株の教師とは?

2017.02.24
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のスタバにて、、、

同じ会社で同じ仕事をしていても。
同じように感じて仕事をしているか?
と言うと、違いますよね。

一人は、この仕事に大変満足している。

でも、一方は
「もう辞めようか」と
感じているかもしれない。

人それぞれ、今までの経験や、
考え方、感じ方が違います。

また将来に対する考え方も
人それぞれですから、

同じ仕事でもまったく
異なる印象を受けながら
毎日を送ることになるでしょう。

仕事の結果も考え方が違えば、

結果がついてくる人。
結果が出ない人。

に分かれます。

トレードも同じです。

生徒さんでも、
同じ銘柄を同じタイミングで入る。
その銘柄はしっかり上昇しているにも
関わらず。

一方は利益を取り。
一方は利益を取りそこなってしまい
逆にマイナスに。

なんて事もしょっちゅうです。

仕事の考え方ならまだしも。
同じトレードをしてもこんなに
結果が違うのは何故なんだろう?

教える立場としては、
永遠の課題になります。

どうしたら、皆、勝ち組に
持っていけるか?

生徒全員を勝ち組投資家に
したいのは山々ですが、
現実はそんなに簡単ではありません。

では、どうしたら?

ずっと教えている内に、この
課題のヒントをくれたのも、
やっぱり生徒さんでした。

同じトレードをして、
勝っている人の共通事項は。

寸暇を惜しんで、
しっかりチャートを検証しています。
分析もしています。

負けも織り込んで、
強い心を持って臨んでいます。

「結果は日頃の行動にあって、
 結果にはかならず原因がある」

原因を探ると、
負けてばかりの人の特徴も
分かってきました。

頑張っているのに。
大体の人はそういう事を言っています。

でも、負ける人は
「仕事が忙しくて」と、
1日10分ぐらいしか分析に時間を
割いていません。

3ヶ月以上教えているのに、まだ
株の取引は数回どまりです。

結局、分析も出来ないので、
トレードもおぼつかない。
となります。

勝っている人は、
1日のスキマ時間をうまく利用し、
合計して数時間の分析や検証などの
勉強時間に充てているんですね。

株に対する姿勢の素晴らしさに
感動しました。

1ヶ月に1回、
もしくは2週間に1回という
限られた時間で私と会う訳ですが、

その間に、
しっかりと成長しているんです。

その姿を見ると、
この仕事をやっていてよかった。
と、思うと同時に、

その前向きな姿勢に
「私ももっと進化しなければ」
と、後押ししてもらえます。

生徒さんは結局、
私の鏡なのですね。

なぜ、株で儲かっているのに
わざわざ人に教えているんですか?

よく聞かれる質問です。

その際に、必ず答えているのが。

「生徒さんに教えることによって、
 結局、私も教えられ、
 進化できるんですよ。」

人間の進化に終わりはありません。

トレードもそうです。
常に相場も変化しています。

その変化に対応するには、
自分も常に進化しなければなりません。

自分のトレードにも生きてくる。
株の講師の仕事って。

ありがたい仕事だなぁと
つくづく感じる毎日です(^^♪

高橋陽子


[Video]日経平均が持合ならこの手があります!

2017.02.23
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

おはようございます。

今日は画面だけの説明になりますが、
2週間くらい持ち合ってやりにくい相場が続いていますが、

利益の出やすい銘柄
買いが2つ、売りが2つという目線で
動画でしていきたいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓

そろそろ日経平均が19500円を抜いてきたら
溜まった力が一気加勢の上昇圧力になるかと思いますので、

それまでは今日紹介したような銘柄で
頑張っていきましょう。

藤井百七郎
 
 
<本日のおすすめ>

株式トレードで
「本気で」成功したいのならば、

「本気で」勝ち抜いた人の
話を聞きたくありませんか?

http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


見逃し厳禁!相場のルール変更を意識する

2017.02.22
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

ここ数日、暖かい日があり寒い日があり、
おだやかな日があり、強風大雨の日もありました。

なんだか市況の話をしているみたいです。

ということで、今回は市況の読みについてお話します。
久しぶり、もしかするとブログでは初めてかもしれませんね。

相場のメカニズムに関して、
まずはおさらいしておく必要があるでしょう。

日本は、日本の事情と理由があって、相場は動きます。

同様に、欧州には欧州の、米国には米国の、
それぞれ事情と理由があって相場は動きます。

そして、それぞれの地域での理由は、
為替、債券、株式市場を介して他の地域に影響を与えます。

全ての事情は
世界同時にニュースで伝わるので、
そこから解釈される心理要素も
市場に大きく影響を与えます。

確実に言える事は、全ての金融市場は、
市場参加者(=売買オークション参加者)「だけ」による
需要と供給で価格がきまります。

相場は需要供給によって
上がるか下がるかの単純な瞬間瞬間の動きです。

けれども、いろいろな情報が関与しているため、
簡単に読み当てる事は出来ないですね。

ある瞬間読みが当たっても、
次の瞬間には、当てた時と違うルールで相場が動いていると、
同じ方法では当てる事はできません。

これが相場の難しさであり、面白さでもあります。

前置きが長くなりました。

まずは大きな流れを読んでみましょう。
為替と日経平均をグラフにしてみました。
明確に動きが変わった日に縦線をいれてあります(2月21日前場まで)。

この縦線がルールの変更日になると考えながらグラフをご覧ください。
ルールが変わる以上、それまでと同じ考えや読みは通用しません。

最初の縦線は、ブレクジットです。
英国のEU離脱は特に心理的な震撼を与えましたね。

次は参議院選挙です。
自公の安定政権に市場は安心感を覚えました。

その次は、トランプ新大統領の決定です。
その後にトランプラリーと呼ばれた
上昇相場がやってきたのは誰もが知るところです。

最後の縦線は、1月24日です。
この日までは為替だけに反応して相場が動いていましたが、
この日を境にそれまでほど反応しなくなってきました。

ブレクジットとか参議院選挙、
新大統領のような明確な大きなニュースはありませんが、
明らかに動きが変わった日です。

日程的には、第3四半期の企業決算が理由と考えられます。

かつ依然として為替は支配的でもありますね。

とすると、今は業績と為替の双方
主要なルールとして相場を動かしていることになります。

第3四半期の企業業績を終えた段階で
上方修正は東証1部500社の集計では約100社、
下方修正は約30社でした。

今年度の為替レートは、
今期(4月1日から2月21日まで)の平均が108円です。

現時点ではこの平均より5円ほど円安なので、
当期決算には良い影響があるでしょう。

他にも理由を探せば
相場を動かす理由はたくさんありますが、
大きなルール変更を意識すること
まず大切だと思います。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のおすすめ>

株式トレードで、あえて
”負けに行って”いませんか?

どんなに良い手法を使っても
あなたが「負けるマインド」を
持ち続けている限り、
利益は生み出せないでしょう。

「勝てる自分に変わりたい」
そんなあなたのために、
特別な1日が待っています。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/