作成者別アーカイブ: JIS

[Video]上と下どっちに行くのか日経平均

2017.07.27
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

7月もパッとしないまま
あっという間に最終週を迎え、
今の段階で利益が乗っていなくてイライラしても
仕方ないかなという感じですが、

日経平均も随分久しぶりに長く持ち合い
絶好の仕込み時ですが
買いか空売りかどちらを選択するか
そのポイントを動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

<編集部より>

もし、今のどちらにッ転ぶか分からない状況で
「本物のチャート分析を知りたい!
 そして、実践してみたい!」
と思われたなら、

その極意をプロから直接学べる
このセミナーがおすすめです。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170730/


相場の格言、信じていますか?

2017.07.26
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

日本証券業協会のHPに、格言集が掲載されています。

この中に、
もうはまだなり、まだはもうなり
という名言があります。

まだ下がるのではないかと思っても、もうこれが底ではないか、
(1)だからよーく考えよ

とも解釈できますし、

まだ下がると思ってトレードを控えていても、
もう底である事も多く、結局乗り遅れて
うまく立ち回ることができない、
(2)まぁ相場はそんなものだよ、

とも解釈できます。

(1)を意識できたとして、よーく考えてもわからないので、
下がると怖いのでとりあえず相場を控えてみて、
乗り遅れて結局(2)になる、という解釈もできますね。

常に相場は下がったり上がったりの連続なので、
誰だって下げは怖い。

今の日本の相場は、今後上げるのか?下げるのか?

それが問題なわけですから、考えてみましょう。

まず、今上げる要素は日本企業の決算。

それは、今週末くらいから、かなり明確になってきます。

1Q(第一四半期)の成績が明らかになるからです。

また、円安期待も挙げられます。
これは、具体的に数値で(どの程度の円安までいく期待があるか)
示すことができます。

そして、今下げる要素はセンチメントでしょう。

政局の行き詰まり感(日米共にですね)、円高への嫌気、
アジアの地理的リスクなどでしょう。
これは、数値化しづらいものです。

いくらでも要素はありますが、
こんなところが代表的なものです。

上げ下げを要素ごとに考え、
その要素の重要性を読むことで、
この先の相場をなんとなく方向づけることができるでしょう。

まず、上げる要素としての円安と下げる要素としての円高は、
ネッティングすることができます。

どちらが支配的であるかを、差し引きけば決着です。

この先半年で考えるならば、円安方向に進む力が強い事は明白です。
日米金利差が拡大するからです。

他の要素はどうでしょう?

決算は、おそらく、良い方向でしょう。

ということは、上げる要素は少なくとも
結構なポジティブさをもっていることが、
わかってきます。

では、あとは、センチメントとの綱引きですね?

みなさんはどちらが強いとお考えでしょう?
センチメントは、気持ちの問題ですから、
アッという間に切り替わって転換する可能性もありますし、
そもそも、数値化しづらいですね。

僕は、上げる要素が強いと見ます。

このように、なんとなく上がるか下がるかを考えずに、
要素に分ける事で、少しだけですが具体的に分解できると思います。

僕なら、全ての要素を数値化して自分を納得させます。

まだまだ、と思っても、もうそろそろ、、
という事もありますし、

もうそろそろと思っていてもまだまだ、ととも思えます。

しかし、それを、要素に分解してみて、
それぞれの要素を数値化してみると案外すっきりします。

では、次回をお楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
FXにも興味はあるけど、
リスクが高くて難しそう…

そんなあなたの考えを覆す、
着実かつ高利益率を狙える確かなノウハウを
知りたくはありませんか?

このセミナーで、あなたの期待に応えます。
FXに食わず嫌いしている人は是非お越しください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170730/


今回は例外かもしれない・・・

2017.07.25
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内の自宅より、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
さて、日経平均株価がきわどい展開になってきました。
 
こんなとき、あなたはどう考え、どう投資しますか?
 
「普通に考えれば、、、」
 
「でも、今回だけ例外かもしれない、、、」
 
そういう思考でループしている方、多いと思います。
 
この答えの出ない自問自答から逃れない限り
 
損小利大の投資はできません。
 
今日はその考え方(マインドセット)をお伝えします。
 
思考過程をざーっと文字にしますので、
 
難しい話が苦手な方はキツイかもしれません。
 
ですが、「片手間で簡単に利益~」という話は大嘘ですから、
 
このくらいの話を読む気がないようでしたら、
 
今すぐトレードをやめたほうがいいです。
 
ということを申し上げて(笑)、それでは行きます。
 
・・・
 
トレードでの判断は、トレード以外の例で考えると非常にわかりやすいです。
 
・勝率50%の宝くじがあります
・価格は、あなたの資産の2%
・当たれば、あなたの資産はプラス10%
・ハズれれば、価格分がなくなります

 
さて、あなたはこの宝くじを買いますか?
 
いかがですか?
 
買いますか?
 
買いませんか?
 
買いますね。
 
買うでしょう、多くの人が買うと思います。
 
なぜかというと、
 
勝率50%なのだったら、4回買えば、少なくとも1回くらいは当たるはず。
 
だったら、3回負けてマイナス6%でも、1回勝ってプラス10%になればいいじゃん。
 
よし、買おう。
 
こんなところでしょうか。
 
では、今の日経平均株価に話を戻しましょう。
 
買いでも売りでもどちらでもOKです。
 
大きく動き出す前ということだけは、ほぼ確かでしょう。
 
ならば、今投資すれば、ロスカットを近くに置きさえすれば、損小利大の投資ですね。
 
 
ところで、未来を100%予測しようとする人、漫画の読みすぎです。
 
未来は不確定で、わからないものです。
 
対抗する手段は、唯一、確率論です。

 
ならば、損小利大で期待値がプラスなら、とりあえず、うじうじ考えていないで投資せよ、です。
 
調べればわかるわけはなくて、本当に未確定で、世界中だれも知らないのだから、考えても仕方なくないですか?
 
重要なことは、如何にロスカットを近く設定できるポイントで勇気をもって早めにエントリーするかです。
 
待てば待つほど、ロスカットラインは離れていきます。
 
文字だと伝わりづらいかもしれませんが、質問はコメントで受け付けられるのでこのまま書き続けます。
 

トレード戦略は、大きく2つが存在します。
 
よく動くときを狙う戦略と、
 
あまり動かない(いわゆるレンジ)ときを狙う戦略です。
 
あなたは、どちらの戦略でトレードをしていますか?
 
両方に共通するのが、エントリーの位置の重要性です。
 
エグジットももちろん大事ですが、論理的に考えて、エントリーの方が重要です。
 
それで、エントリーは、早すぎるか遅すぎるかではなく、
 
ロスカットが近いかどうか。
 
これがこれが一番重要です。
 
このブログを書き始めて、もっとも重要なことを書いています。
 
あなたのエントリーは、確率論を意識していますか?
 
考えても結論の出ないことをうじうじ考えていませんか?
 
方向感がわかってから遅めのエントリー、というのは、

聞こえはいいですが、ロスカットが遠くなったら期待値が下がります。
 
動く前、損小なら、投資する価値があると思います。
 
今回負けても、同じようなタイミングで投資をすれば、

同じようなタイミングだけをまとめて考えれば、確実に損小利大になっているはずです。
 
あなたの経験的に、下がるのか?、上がるのか?
 
どちらでもいいでしょう。
 
ただし、次も同じ判断ができるほうに賭けないと、確率論がブレますね。
 
確率が多い方に、一定回数かけつづける。
 
これが最終帰着です。
 
 
 
決めたことをやる
最後までやる
勇気をもってやる
 
この三拍子が揃えば、夢は叶います。
 
ご武運を!
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


じゃあ勉強したら株は勝てるのかって話しだよね

2017.07.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋駅西口の教室にて、、、

最近、思うんですが…

株ってやっぱり勉強しただけでは勝てないんですよね…

かといってね…

じゃあ最終的にはカブックスに入れなんて
低レベルの話ではないので安心してくださいね(^^;

たまに時間を作っては近所のスーパー銭湯に行くんですね。

この時期にぬるめの露天風呂にあおむけで寝っ転がって
夜空を眺めているとふと、普段は考えないことを
考えたりします。

なんで株をやってるんだろう…?

この質問、私に限らず私と同じく株をやってる方に
聞いても、

うーーーん、・・・。

って方が多いですね。

金をもうけるため

家族のため

老後のため

借金のため

などなどありますが、それは始めたきっかけであって
続けている理由ではありませんね。

かという私自身もほんとはよくわかっていないんです。

ただただ思うのは、

株をやっている方を見ていると、勝っていても負けていても

なんだか楽しそう、ってことです。

勝っているのは当然楽しいでしょうが
不思議と負けていても楽しそうに見えるのです。

株を始めた理由、今も続けている理由。

はっきりと言えない、わからないにしろ

根底には「お金」というキーワードがあるように思えます。

では「お金」って何でしょう…?

これもはっきりとシンプルに答えられる人は少ないと思います。

生活を支えるもの

将来のために必要なもの

世の中はマネーゲーム

なんて言い方もありますが、

それはお金自体ではなくて、お金の概要みたいなものです。

はっきりとお金とは何だと言える人は少ないように思えます。

つまり、株の根底にあるお金自体も
実体のよくわからないものなんですね。

ただ、なんだか株をやっていると
その実体のよくわからないお金に一番近い存在だから
株をやっていると安心するような気がします。

働いて、働いて、やっともらう不満足な給料ではなく

やった分、頑張った分がダイレクトにもらえる株。

株をやってることで得体のしれないお金の実体が
ぼんやりと見えて、お金より上に立てるようになり
思い思いの人生が送れている。

だから株をやっているのかな…

なんて最近思うんです。

ついでに思うところは、株で勝てるようになるために

株を長く続けるようになれるためには

こういったテーマに少し向き合う時間も必要なのかなと

思って、メルマガに書かせてもらいました。

あなたのお考えを聞かせてもらえるとうれしいです。

コメントお待ちしています(^^♪

藤井百七郎


狙い目IPO銘柄の結果はいかに?

2017.07.23
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

先週のブログで報告したソウルドアウト

週明けで上髭の長いローソク足ができたので、
19日の寄り付きで決済しました。

セオリー通りでやったので利益率は24%ほどでした。

毎日毎日するようなトレードでは無いですが、
タイミングさえ外さなければ利益率の高いものとなっています。

さてその後19日に上場したユニフォームネクストは
ぱっとしない結果となりました

20日は2銘柄が同時上場と言うことで、
クロスフォーだけがトレードの対象だったので
金曜より月曜に買いました。

値段も手頃で女性の好きな
ジュエリー関係の会社と言う事ですから
このまましばらく伸びてて20%ぐらい取れれば
いいなと思っています。

今月の上場はこれで終わりなので
8月3日のシアリングを楽しみにして
待ちたいと思っています。

まだまだ暑い日が続いて
これから夏本番なのにどうしようかと
戸惑うばかりの谷口でした。

谷口洋章


お祭り会場はどこ?

2017.07.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今日は少し上級者向けで、
漠然としますが大切な話をしたと思います。

私は短期トレードをとにかく極めて
「その時最も強い銘柄」を選ぶように
トレードをしていますが、

それができるのは、
二十歳から28年も株を経験しているからではなく、
「あること」をいつも気を付けてきたからです。

それは何かというと、、、

まわり(市場)の「雰囲気」を感じ取ることです。

言い換えると、
空気を読んでってことです。笑

そもそも、株価が動く基本的な要因は、
資金が入るか・抜けるかです。

なので、

誰が、資金を入れているか?
お祭り会場のごとく、
どこが盛り上がっているか?

この「雰囲気」を感じ取れると、
大きく上昇する銘柄を見つけ出すことが出来ます。

例えば、大きく値が上がる
「国策」や「テーマ」株だって
本当に利益があるか?よりも

「これ、なんかよく分からないけど良さそう!」

といった妄想みたいに盛り上がって、
資金が入るという事がよくあります。

たとえば、
医療情報サービスの6034 MRT。

昨年の2月から4月にかけて
大相場を作った銘柄ですが、

医療情報が本当に勢いがあって、
これからも伸びていくか?
という実体よりも国策としての
「それらしさ」が影響しています。

今回の上昇も
「今こそ医療!国策はMRTしかない!」
といった形で資金が流入し、

それを見た多くのトレーダーが
ビッグウェーブに乗るかのごとく注文を入れ、
一気に株価が上昇しました。

実際は「MRTしかない!」
なんてことないのですが(^-^;

国策やテーマは実体以上に
「それらしい」のが重要で、

上手なトレーダーほど、
その雰囲気と資金の流れを
掴むのに長けているんですね。

なので、
ちょっと人間関係にも似ていて、
上級者向けのテクニックだと思うのですが、

「雰囲気をつかむ」、
「空気を読む」ことを意識しながら
トレードに取り組むのも良いと思います。

元をたどれば、
株式市場を動かしているのも
人間の心ですからね(^^

それでは、今日はこのへんで♪
 
 
 
ウルフ村田