カテゴリー別アーカイブ: 藤井百七郎

[Video]NYダウのチャートもチェックしましょう!

2017.06.22
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日経平均も2万円を回復して
今度は2万1000円も目指すのか、
何だかはっきりしない状況が続きますが、

今日は、NYダウの話に触れたいと思います。

よく「ダウがくしゃみをすると、日経が風邪をひく」なんて
言葉がありますが、今後の動向はどう日本株に影響するのか?

動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
ギャンブルトレード脱却のために
必要なことは実はとてもシンプルです。

「負ける原因」と「時間帯別の傾向」に
フォーカスした独自の手法を開発を
今すぐチェックしてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170629/


超マイナスから挽回したOさんのサクセスストーリー

2017.06.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京日本橋のセミナー会場より、、、

私がほんとにすごいなと思ってる
投資家さんをご紹介します。

私と同じ名古屋にお住まいのOさんです。

知り合ってもう6年くらいです。

Oさんも投資だけで食べています。

いろんな投資家がいますが、
Oさんは不動産やほかの案件には乗らず
株式投資一本で生計を立てています。

これは彼のポリシーだそうです。

短期的ではなく、世界的な動向を

大局的に見通して、じっくりと構えて、

しっかりと利益を出してすごくリッチな生活ぶりで

ほんとにカッコいいです。

株式投資で出した利益で、奥様と海外旅行に行ったり

おいしそうなお店に通ったり、お金と時間がないと

できないハイリッチな生活を送られています。

その暮らしぶりはFacebookに

定期的にアップされていて、その生活の質の

高さが写真からもうかがえます。

ライフスタイルの質が高いとは彼のようなことを

いうのだろうなと思わされます。

そのOさんですが、昨年2016年の相場を

読み違えてしまいました…

2016年は上昇すると読んで

2015年末あたりから買いを増していたのです。

ところが…

ご存知の通り、2016年の相場は年始から下降一辺倒。

日経平均は20000円あたりからいっきに15000円くらいまで

下げていきました。

読みが外れたOさんの含み損は2016年6月あたりで

マイナス1億円となってしまいました。

Oさんの総投資資金はどれくらか知りませんが、

Oさん曰く、投資家生命が終わるかと思ったそうです。

マイナス1億円…(汗)

恐らく、証券口座を開くだけでも嫌でしたでしょうね。

落ち込みはひどかったでしょうし、

自信も失いかけたのではないでしょうか…

でもOさんがすごかったのはここからです。

日経平均が暴落したブレグジットや

16000円あたりで株を買い集め

年末にかけての上昇で、なんとマイナス1億円を

取り返して、プラスで終了したのです。

ほんとすごくないですか?

今現在、投資でうまくいってる投資家でも

一度や二度は大敗を経験するものですし、

やめてしまおうと考えたことは絶対にあるはずです。

それでも今現在、残っているはなぜでしょう…?

Oさんにどうしてマイナスを挽回できたんですかと

聞いたところ、次のように答えてくれました。

・このままで終わらないぞと思ったこと

・再度、大局的に世界を見通したこと

だそうです。

このままでは終わらないというホットさと

正しく判断できるクールさということになるでしょうか。

うまくいかないとき、想定外の出来事は

必ずやってきます。

そんなときは、くそーってただ頑張るのもダメ、

大局的に相場が見れるだけでもダメ、

ホットさとクールさの両方を持ち合わせていないと

いけないのでしょうね。

ホットとクール。

哲学では二項対立とかスキゾフレニア

とも言ったりします。

全く正反対の性格、目線、考え方なのですが

その両方を兼ね備えていないといけないのでしょうね。

うまくいかないとき、不測の事態はこれからも絶対おきます。

そんなときはこの話を思い出してみてください(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
結局、株であっても為替であっても、
相場は出来レースであることは事実です。

厳しいことを言うようです、
まずその事実を確かめてください。
http://japan-i-school.jp/jim/top_secret170625/


[Video]日経平均のターニングポイントは?

2017.06.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

6月に入っても日経平均は
2万円を抜くのか・下がるのか、
相変わらずはっきりしない状態が続きますね。

今日はその手がかりとして
ここにきて急に増えてきた「信用買い残」について
動画で解説していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<残席あとわずか>

毎日積みあげてきた利益が
予期せぬ急落で一瞬のうちにマイナスに…
なるはずが、株価が下がっても
プラスを継続できるような投資を知ってみませんか?

5年,10年と株で継続的に利益を出したいのなら
ぜひチェックしてみてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170617/


どうしてもそれじゃなきゃいけませんか?

2017.06.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京日本橋のカフェより、、、

株をやってるといろんなことが起きます。

とくに決算発表時期なんてのはいろんなドラマがあります。

幸いにしてサプライズ発表でボーンと
株価が上がった人もいれば…

ドスーンとロスカットもできないくらいに
下げられてしまった人もいます。

さてさて、ラッキーにして上がった人はいいのですが
下げてしまった場合は悩んでしまいますね。

「今ロスカットするとまた戻ってきて悔しい思いをするかも…」

「こんなに下がったから少しくらい戻ってくるだろう…」

「できればプラマイゼロで終わらせたい…」

こうなってしまうと予測ではなくて、願望に変わっています。

そして、悲しいかなマイナスから願望はなかなか叶いません…

ルールを順守するなら切ってしまった方がいいのですが、

なかなかできるものではありませんね。

だいたいですが、次のような行動をとります。

・戻ってくるのを願って持ち続ける

・ナンピンをしてプラマイゼロを狙う

・(中には忘れるって方もいらっしゃるようですが…(^^;)

どうしても損がでたその銘柄にこだわりたいようです。

気持ちはじゅうぶんにわかりますし、

人間だからしょうがないと言ってしまえばそれまでですが

冷静に考えてみましょう。

株をやっている目的は何だったのでしょう…?

そうですよね、利益を上げることでしたよね。

銘柄に関係なく、最後に利益を上げることでしたよね。

でしたら、残念ながらマイナスになったその銘柄に

こだわる必要も理由もないのではないでしょうか。

ドスーンと下げた銘柄も、チャートによっては

底値の形をしていたりする場合などもありますが、

だいたいがチャートの形が崩れて、上がってくる

気配がなくなっています。

捨てる神あれば拾う神あり、なんて思ったりもしますが

それは残念ながら冷静さを欠いた妄想にすぎません。

戻ってくるのを願ってそのままにしておいたり

ナンピンでさらに買い増すことは、

大事な資金をしばらく寝かせることにもなります。

不幸にしてロスカットできないくらいにドスーンと下げられたら

冷静になって、目的を思い出してください。

利益を上げることが最終目的なら、すっぱりと切ってしまいましょう。

すっぱりと切って、新しい銘柄に乗り換えましょう!

上がりそうもない銘柄に願いをかけるより、

上がりそうな銘柄に乗り換えて、利益を楽しみましょう!

切ってしまったら大きな損失がでますが、

それは一時的なものです。

乗り換えた新しい銘柄が、その大きな損を取り返してくれます。

我々は資金も時間も限られています。

どうにもならない銘柄にこだわるより、

期待できる新しい銘柄に乗り換えましょう。

利益を上げたいなら、
別にその銘柄じゃなくてもいいわけですから(^^♪

藤井百七郎


[Video]生徒さんがストップ高4つ取りました!

2017.06.08
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

6月に入ってから日経平均は上昇の勢いが速かったのか、
調整の色合いが見えてきていますね。

下げていくのか、21000円台の勝負になるのか、
空売りフルアクセルはお勧めしませんが、
先日、生徒さんでストップ高を4つも取れたというので、
動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<本日のおすすめ>
IPOラッシュの6月に備えて、
今から準備しませんか?

コツさえわかれば、
話題の新規銘柄で
リスクを抑えた投資が可能になります。
http://j-i-s.info/j-i-s/ipo/


打った瞬間にホームラン?

2017.06.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京八重洲のセミナールームより、、、

私の大好きなプロ野球も開幕して2か月。

セパ交流戦も始まって大盛り上がりです。

小中高とずっと野球をやっていたので

今でも時間が合えば野球放送を観るのが楽しみです。

最近は地上波では放送しなくなりましたが

BSやネットでリアルタイムで簡単に観れます。

ビールを飲みながら、ナッツなんかつまんで

観るのが私の至福の時間でもあります。

さて、プロ野球ファンの方なら

バッターが撃った瞬間にホームランか、

レフトフライかってすぐにわかりますよね。

カーンって打った瞬間に

「おーーーーーっ!」とか

「あ〜〜〜〜〜〜」って声をあげますよね。

これってね、プロ野球ファンだからわかるんですよね。

野球に興味ない人が観ても、打った瞬間に

ホームランかレフトフライかって全然わかりません。

同じ画面から同じ情報を得ているのに不思議ですね。

野球初心者にはわからないことがなぜ

プロ野球の観戦歴の長い人がすぐにわかるかというと

それはずっと観てきたからです。

プロ野球が好きで、また応援している球団があって

ずっとずっとプロ野球を見てきたから

打った瞬間にわかるんですよね。

これって、チャート分析も同じことなんです。

同じチャートを見ても、

「これはいくぞ!」とわかる人と

「・・・ピンとこない(汗)」という人に分かれます。

同じテクニカル分析を学んでいてもです。

その差は何かというと、

どれだけたくさんのチャートを見てきたか

この違いです。

株はテクニカル分析を学んだからといって

ホイホイと利益がでるものではありません。

テクニカル分析の土台の上に

よい経験を積み重ねていってはじめて

”チャート力(りょく)”がついてきます。

よい経験とはチャートをたくさん見ることです。

バッターが打った瞬間に打球の勢いがこうで

上がる角度がどうだったらホームランだと

説明しても野球に興味がない人にはわからないように

移動平均線を抜けたからとか

前の高値を抜けたから上がるとか

そんな単純なものではないですね。

やっぱりチャート力をつけていくには

打った瞬間にホームランとわかるまでなるように

毎日、興味をもってチャートや相場に接することです。

うまくいっていないからとか、

相場が持ち合っているからと言って

途切れさせてはいけません。

毎日、毎日、関心をもって見ていきましょう。

株はパチンコのような単発のギャンブルとは違って

今日はひまだからやってみるかでは勝てません。

相場の流れを感じ取ってやっていくものです。

流れを感じ取るためには、日々の動きや

ローソク足の形などにも深い興味をもって

接していなくてはいけません。

うまくいってもいかなくても

玉を持っていてもいなくても

日々相場の動きには興味をもって見ておいてください。

相場やチャートを見る習慣をつけておいてください。

そうしたらあなたもきっとチャートの達人になれます。

P・S:
先日セミナーで野球のたとえ話をしたら
こんなことをおっしゃる方がいました。

「先生、私はバッターが打つ前にピッチャーが
投げた瞬間にホームランかどうかわかりますよ!」

おーーすごい!

これですよ!
我々がめざしたいのは(^^!

<編集部より>

あなたのトレード
確信を持ってできていますか?

「なんとなくだけど、
 まあまあ上手くいっている。」

「利益と損がトントンだけど、
 根拠は特にない。」

もし、その状態を脱したいのであれば、
ぜひ一度このセミナーに参加してください。

相場の原理原則と人間心理を
逆手に取った明確なトレード理論を
” 1日 “でお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/