カテゴリー別アーカイブ: 藤井百七郎

本当にまた上がってくる?

2017.01.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

昨年末に故郷の石川県に帰りました。
小学校の同窓会です。

石川県加賀市の少し山のほうの小学校です。

三谷小学校といって名前の通り三つの谷(集落)の
合間にある小さな小学校です。

前年に続いて2回目で、年末は当時の同級生
たったの17人でしたが、集まれるメンバーだけで
簡単な同窓会をやっています。

そんな中、
ある同級生の奥さんが株をやっているとのこと!

こんな田舎ですから、まわりに株をやっている人はなく
私の仕事も知ってるので、日ごろ話せない株の話を
いっぱい話してくれました(聞かされした(^^;)

金利が上がれば株価も上がるということで
みずほFGを買ったとか。

なぜかバーコードのサトーHD。

トランプ大統領なら資源関連なのでトーヨーカネツ!
(すごく上がっていましたがこれは買えなくて残念がってました)

お仕事も普段されていて、時間も取れないとのことでした
すごく目のつけどころがいいですね!

年末の上昇相場も手伝って、利が乗っていたとのこと!

すごい!すごい!!

まずは賞賛とおめでとう。

ところが問題は…

少し前はもっと利が乗っていた。

売ろうかどうしようか迷ってるうちに下がってしまったことです。

(もったいない…

 ひところはすごく利が乗っていたのに…(汗)

それで本人はなんて言ってるかというと…

「そのうちまた上がってくるやろうしね~」

・・・。(汗)(汗)

株はそんなに甘くはありません(^^;

なんで売らなかったのと聞いたら、

「まだまだ上がるかと思ったから」とのこと。

株は買うのは簡単、売るのは100倍難しい。。。

株は「もっと上がれ」と期待するものではなく

「いつ売ろう」と考えるものです。

もう一つ言うと、”買う前から”こうなったら売ると
計画しておかないといけないのです。

チャートを見れば売りのサインはしっかりとありました。

彼女に簡単なチャートの見方と、買ったらほったらかしに
しないでねと最後に伝えました。

彼女はこう言いました。

「株はほんとうに難しいね。
 思った通りいかんし、すごいプレッシャーやしね。」

続けて彼女が最後にすごくいいことを言ってくれました。

「株ってハラハラドキドキの心のゲームやね」

 
 
藤井百七郎
 
 
<大好評!>
視聴者900名超!
こちらの特別企画が好評です。

プロが実際に使っている、
「勝率8割超のトレードルール」を
知りたい方はいませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/op2/
※いまなら無料でご覧いただけます。


[Video]生徒さんのすごいトレードとそのルール

2017.01.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

今年もはじまって一週間がたちました。
なんだか、ぱーっとしない相場ですね…

どうも大発会で上げすぎてしまって
そのあと、どうしようって感じですね。

さてさて、相場は理論通りには動かないもの。
思ったのと反対に動くのも常。

それらに振り回されていては勝てません。

本業でお仕事を持ちながらも、しっかりとルールをもって
利が乗ってきて、ほんとうは売ってしまいたいのだけど
歯を食いしばって引っ張って、
見事にグレートトレードをされた生徒さんの

チャートの解説とルールについて動画で説明します。
  ↓↓↓


 
 
藤井百七郎
 
 
<編集部のオススメ>
いくら手法を勉強しても、
なぜあなたはトレードで失敗してしまうのか。

あなたが知るべき真実と
本当の相場の仕組みについて
たったの2時間で教わることができます。
⇒ http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170119/


これがあなたの投資判断を狂わせる

2017.01.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

先日のセミナー終了後のことです。
ひとりの方が私のほうにやってこられました。

お歳は30代中頃くらいの男性ですが
その方が言われました。

「これから日経平均は下がりますよね?」

なぜですか?と聞き返してみると
いろいろな理由を出されました。

25日移動平均線とずいぶんかい離しているとか、

15000円の安値から高値を何度も更新してるとか、

節目の20000円は抜けないだろうとか、

エトセトラ、エトセトラ…

どれも「テクニカル的に」まとを得ています。

しかし、テクニカル分析でどんなに
下がる可能性が大きくても、
上がるときは上がるのが相場というもの。

私は「下がってもおかしくないけど、
下がるという確証はできないでしょうね」
と答えました。

それでも彼は、「絶対に下がりますよね!」と
しつこく聞いてくるのです。

・・・(汗)。

何かご事情でもあるのかなと、聞いてみると

どうやら彼は、空売りをしてふみあげられていたのです。

本来ならロスカットで逃げなきゃいけないのに
相場が下がるとふんで持ち越しているとのこと。

その表情からは、けっこうな含み損があるのが
見て取れます。

ロスカットしないと
こうなっちゃうんですよね・・・

彼が言われている「絶対に下がる」の判断は

投資判断ではなくて、”願望”なのです。

保有しているポジションがすごい含み損なので
早く戻ってきてほしいという気持ちが湧きたちます。

となると、あれこれと理由を付けて
戻ってくる要因を”こじつけ始めます”。

”こじつけ”は正しい投資判断ではありません。

トレーダーは自分のポジションに肩入れするのではなく
いつも第三者的な目線で、冷静公平な判断が要されます。

ロスカットは大事な資金を減らしますし、
大事な資金を凍結もさせますが、

それ以上に投資判断をするあなたの
トレードコンピューターさえも狂わせてしまいます。

決めたロスカットポイントでは、
サクっとロスカットするよう
改めて心がけていきましょう(^^♪

藤井百七郎
 
 
<編集部のおすすめ>
何事もそうですが、上手く行く人ほど
「実際に結果を出している人」から学んでいます。
 
この相談会では、
相場歴38年・生徒さんは負け無しの講師が
あなたのトレードの悩みをじっくりお聞きし、
その解決方法を提示させていただきます。
↓ ↓ ↓
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170115/


[Video]2017年初頭は乱高下する理由

2017.01.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
2017年の相場も昨日あけまして、

多くのメディアで様々な側面から
相場展望についての分析がありますが、

皆さんは鵜呑みにせず、自分なりの考えを
持っていただければと思います。

ただ、相場の格言で猿年・酉年は荒れる
というものがありますが、

私から見てもチャートに「荒れサイン」が出ていますので、
それについて動画で解説します

↓ ↓ ↓ ↓

皆さんも様々な手法を駆使しているかと思いますが、
特に順張り派の方については、逆にいくと
大きく吹っ飛ぶ可能性がありますので、

年始はまず大きく損をしないところに
フォーカスしていただければと思います。

それでは、2017年もどうぞよろしくお願い致します。

藤井百七郎

P.S.
ところで、
乱高下が予想される1・2月の相場状況において、
空売りがリスクコントロールとして大変有効です。

買いと売りのポジションを
調整する中で大きな損失を防げ、
逆に言うと、買いのみの選択肢で投資をすることは
昨年の相場から考えても大変危険です。

「空売りって何か怖い」という方ほど、
この機会に必ず空売りをマスターしてください。

参加はこちら


ロスカットルールの盲点

2017.01.02
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、
 
 
新年あけましておめでとうございます。

昨年はお陰様で
沢山のセミナーを開催させていただいたのですが、

その中で、参加された方のお話を聞いていて
「あれ?」と多々思うことがありました。

何かというと、、
ロスカットのルールについてです。

色々なお話を聞きましたが、
一番多いのが
「マイナス10%になったらロスカット」など、
ご自分が買われた値段が基準になっている点です。

実際にマイナス10%まで来たら、
しっかりとロスカットされているのは
見事なことです。

ルールが守れれば相場に生き残れますし、
生き残れば経験値が積み重なって
いいトレーダーになれます。
 
 
しかし、
トレーダーの姿勢としては素晴らしいのですが、
問題はその、ロスカットのルールです。

よく一般的に言われる数字での
ロスカット設定。
マイナス10%は正しいのでしょうか?
 
 
仮にもしあなたが、
イングランド銀行をつぶした
ジョージ・ソロスくらいの資金があれば
ロスカットなんてする必要がありません。

その膨大な資金で
相場を動かしてしまえばいいからです。
 
 
ちなみにジョージ・ソロスの
資産、資金は277億ドル
日本円で3兆3240億円です。

もし彼ほど資金がないのであれば、
彼らのような大きな資金を持った人たちが
どう動くのか…もしくはどう動いているのかの
波にのっていく必要があります。

彼らたちはどこに
売りのポイントを考えているのか…

彼らたちは何を基準に
売り買いを想定しているのか…

投資、トレードの基本の話しになりますが、
自分ばかりの銘柄にこだわっていてもダメです。
 
『木を見て森を見ず』
 
自分以外の投資家たち、トレーダーたちが
何を見ているのかを考えなければいけません。

マイナス10%などロスカットルールを
設定されて守られているのは
素晴らしいトレーダーの姿勢です。
 
ですが…
 
そのポイントで、
あなた以外の投資家たち、
トレーダーたちが逃げるのかどうかを

客観的な第三者目線でもう一度、
見直してみる必要が合うように思います。

改めて見てると、
そこは大きな資金が再度
買いで入ってくるポイントだとしたら、
それはもったいないことですよね。。。
 
 
今あなたが守っているルール、
ほかの投資家たち、トレーダーたちは
気にしていますかね?
 
あなたが買った値段を
基準にしていませんかね?
 
相場を動かしているのは
誰でしょうかね?
 
年始にお時間がある今こそぜひ
時間を作って考えてみて下さい(^^♪
 
 
藤井百七郎
 
 
【新春キャンペーン】

ファンダメンタルズ分析を
ほとんど学ばなくても…

たとえ、1銘柄のみの
投資だとしても利益は倍増…

2016年も
数々の急騰株の初動を見抜いてきた
ウルフ村田の効果実証済みの投資法

そのメソッドを
こちらのプログラムで解説しています。

新春キャンペーンを見る
※公開は1月3日まで


年内あと2日の注意点!

2016.12.29
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、
 
 
お疲れ様です。
藤井です。

日経平均は少し長い
クリスマス休みといった感じですが、
トレードの調子はいかがでしょうか?

残り2日となった今年の相場の
短期的な注意点について
動画で解説したいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓

あと2日もすると
新年の相場になるのですが、
アメリカのダウと営業日が違います。

ポジションを持つ場合は
ダウがどちらかに大きく傾くかも
注視して見て下さい。

今年もありがとうございました。
 
 
藤井百七郎
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お詫び】本日の動画の誤り訂正

本日配信いたしました私藤井の動画の内容に
一部誤りがありましたのでお詫びと訂正をいたします。

動画では、NYダウの休日を元旦1日のみと言っておりましたが
正確には2日が振替休日となっており、1月2日まで休場となります。

都合、日本とNYダウのギャップは4日ではなく3日となります。

通常の概念で不正確な情報をお届けしたことをお詫びいたします。
私の確認不足で申し訳ありませんでした。

どちらにしても日本が休場中にNYダウは3日営業します。
年明けには大きく値を空けて始まる可能性があります。
年越しの持ち越しには十分にお気をつけてください。

藤井百七郎

  
<待望の開催決定!>
なぜ、株式トレードは
株価が上がるか下がるかの二択なのに、
9割の人が負け続けるのか?

負ける原因は手法にはありませんでした。

分かってしまえば
勝つよりも負けることの方が難しくなる
トレード理論をお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170118/