損切りの本当の意味

2018.9.25
Share:

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

9月にコミュニティ授業の
懇親会をしていて、

生徒さんからの質問に答える中で
あることに気づきました。

「損切りという言葉
すべての原因がある」

ということに。

衝撃でした。

言葉の使い方が
トレードを難しくしている
諸悪の根源だったわけです。

損切りって、
損切りじゃないですからね。

どういうことかと言いますと・・・

====

「損切り」というのは、
何をすることですか?

 

あなたは「損切り」という
言葉にどんなイメージを
持っていますか?

 

含み損を確定損にする、
それが損切りですよね。

 

でも、
それってとっても
おかしな話なんです。

なぜなら、

まるで、損切りしなければ
損が確定しないかのような
言い回しじゃないですか。

 

でも、実際のところ損切りって、

損切りしてもしなくても
損って確定していますよね。

いや、むしろ、
確定するもなにも、

すでに損している
じゃないですか。

 

それから、

含み損っていう言い回しも
ひどく滑稽(こっけい)です。

まるで、まだ損していない
と言わんばかりの言い方ですね。

でも、事実はどうでしょうか。

含み損って、
まだ損していないのでしょうか?

 

・・・

 

いえいえ、
含み損っていうのは、
すでに損しちゃっていますね。

 

投資っていうのは、
現在の自分の資産を
何に配分するのか?
というゲーム

と言い換えられます。

 

とするならば、

口座の資金100万円で
含み損が20万円だったら、

あなたのコントロールできる
資金っていくらですか?

 

言い換えると、
あなたの「自分の資産」って
いくらですか?

何に配分するかを考える権利
あなたにあるのは、
いくら分ですか?

 

100万円?

 

いいえ、80万円ですね。

つまり、含み損20万円分については
コントロールする権利を
すでにあなたは持っていません(!)

 

「含み損」と表示されていますが、
すでに証券会社のお金であって
あなたのお金ではなくなっています。

そのことに気づいていない
人が多いと思います。

自分のお金ではない20万円を
一生懸命、考慮に入れようとします。

 

が、もはや、
それはあなたのお金ではないですよ。

 

「塩漬け」の損切りタイミング
悩んでいる人が結構いますが、
とってもおかしなことをしています。

「含み損が100万円あって
塩漬けなんです。」

っていう言い方は、
まるで、その含み損をどうするか
あなたが決められるかのようです。

 

しかし、残念ながら

含み損として
表示されている金額は、

証券会社があたかも
あなたの権利のように
表示しているだけです。

それは言わば麻薬みたいなもの
本来もっていない力を
持っているかに錯覚させます。

含み損のマイナス金額は、
すでにあなたのお金ではありません。

 

では、本当のあなたのお金は?

 

そう、証拠金ですね。

口座資金 ー 含み損

これが本来のあなたの資金です。

 

含み損というのは、
あなたの資産ではないのに、
あなたの資産のように感じられます。

それによって、

人は、自分の持ち物を
奪われたくない生き物ですから、
含み損を手放したくなくなります。
(自分のものじゃないとは知らず)

それが、その銘柄(ポジション)を
長く持たせることにつながることは
疑いがありません。

 

例えを変えると、

含み損とは、
心が離れた恋人(配偶者)の
ようなもの
です。

最早、どうしたって
自分の元には戻ってこないのに、

形式上、まだ彼氏(彼女)だったり
旦那(妻)だったりするので、

自分次第でなんとかなると
勘違いして悩みます。

(注意と謝罪)
この例は、あまり適切では
なかったかもしれません・・・

 

目的は、資産を増やすことです。

目的は、相思相愛の関係を手にいれることです。

であれば、
目の前の銘柄(相手)に
固執している場合ではありません。

どうにもならない相手が
どうにかなると、
逃げている場合ではありません。

 

一回一回のトレードは、
目的ではなく手段だということを
忘れてはなりません。

常に、ノーポジションの境地から
最適な戦略を立てる。

それが私たち人間トレーダーの
最大の試練かもしれません。

 

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
私と同じペンネームの「Mr.K」という
投資家がいることをネットで知りました。

大変ややこしくて申し訳ないのですが、
私とはまったく関係ない別人です。
私は銘柄配信もしていませんし、
JISさん以外でのメルマガ発行も一切しておりません。

P.S 2
損切りの考え方を正しく改めると
負ける要素はほぼ無くなります。

実際に、私のFXトレードセミナーでは
初心者が300連勝以上している
秘密を公開します。

あなたも損切りの悩みから解放される
思考をここでマスターしてください。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180927_02/

関連記事

Pick Up!

損切りの本当の意味へのコメント

    1. AKI2さん

      コメントありがとうございます。
      せっかく読んでいただいたのにお時間が無駄になってしまったようですね。
      申し訳ありません。

      ただ、AKI2さんのような方はどちらかといえば稀で、
      多くの人がこの損切り概念がわからずに困っています。
      ですから、今回はご容赦ください。

      それから、このブログは、掲示板ではないので
      他にも数千人の読者の皆さんがいるということを
      念頭に、配慮あるコメントにご協力ください。

      よろしくお願いいたします。

  1. 含み損と損
    1月末日経平均が下がり始め、2月の頭にダウも日経平均も暴落しました。
    含み益があったものは利確して備えをしていました。
    空売りをかけて往復で利益を上げている一方でこんな言葉を耳にしました。
    手仕舞いして確定していないものはあくまて含み損であって実際には損をしていない。
    しかし、含み損を放置しているとやがて追い証が発生して破滅に追い込まれる人もいます。
    自分の想定外の対策として逆指値を入れて資産を守ることは大事だと思います。

    1. 角田芳明さん

      コメントありがとうございます。
      往復での利益素晴らしいですね。

      今回のブログの内容はかなり深い内容です。
      どういうことか、長期的に吟味されると何か発見があると思います。

      逆指値をいれることもとても大切なことですね。

  2. いつも参考になるお話ありがとうございます^_^
    私は勘違い派でした。改めます。
    有難うございました^_^

    1. まったけさん

      自分の気づきをシェアすることはとても勇気がいることと思います。
      まったけさんのコメントで、自分も改善しようと行動が変化した人が
      少なからずいると思います。
      ありがとうございます。

  3. Mr.Kよ あんたほんとに株を教えられるのか?
    なんで平田和夫の平田塾の勧誘やってんだ?? 不信感極まりないし詐欺じゃねえのか??

    1. ややこしくて申し訳ないのですが、その「Mr.K」は、私とは何の関係もない完全なる別人です。
      理論も手法もまったく違うことが、詳しくみていただければわかると思います。

      偶然、ペンネームが同じなだけです。

      銘柄配信もしていませんし、CLEAR TRADE理論はファンダメンタルズとは無縁です。
      たまに勘違いされて連絡が来るので、皆さんに連絡する場をいただけてよかったです。

      コメントありがとうございます。

    1. 調べた限りでは、Mr.K(ミスターK)という名前で投資について発信している人は私以外に3人おりました。大変紛らわしい状況ですが、ご理解お願いいたします。

      それから、私の手法については、挑戦していただいたことにまず感謝いたします。お名前はわかりませんが、短期間で勝てるまでの簡潔さに欠けていたということでしょうから、より高みへの手法のブラッシュアップに努めます。ご意見ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です