絶対にやってはいけないナンピンのやり方

2018.11.21
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

FXには含み損が発生したとき、
そのポジションをさらに
買い増し(もしくは売り増し)して、

平均コストを下げる「ナンピン」と呼ばれる
トレードのやり方があります。

具体的に言うと、例えば、
1ポンド=150円の時に1ロットで
買いのエントリーをしたとします。

その後、残念ながら値段が下がっていき、
1ポンド=146円まで下がってしまいました。

この時、1ポンド=146円で
さらにもう1ロット買い増すことを、
ナンピンと言います。

と言うことは、1ポンドが150円の時に1ロット、
146円の時に1ロットの買っていますので、

平均すると148円で2ロット
買っているのと同じ状況になります。

そのため、価格がこの後上昇し、
1ポンド=148円までレートが戻れば、
収支がプラスマイナス0です。

ナンピンはこのようにポジションを追加して、
エントリー価格を平均化することにより、

少しレートが戻るだけで損失を解消できる、
という利点があります。

ナンピンはレートが戻ると判断できる
材料がそろっている場合や、

もしくはスワップポイントを目的として、
長期保有をする際に取引価格を平均化させたい場合など、
きちんとした計画性があるのであれば、役に立つ手法です。

ただ、注意していただきたいのは、
損切りしたくないと言う恐怖に負けて、
なんの計画性もなく、

感情的にナンピンをしてしまうことです。

含み損が発生した時、怖くなってナンピンをした場合、
価格が戻って損失が解消できれば良いですが、
最悪なのはそのままさらに損失が拡大した場合です。

損失が増える
→ナンピン
→さらに損失が増える
→ナンピン

と言う負のループを繰り返し、

ここまで来たら「もう引き返せない」と考えて
損切りもせず、最終的に強制ロスカットで
大損してFX取引をやめてしまう。

という話はよく聞きます。

また、ナンピンは追加でポジションを持つことで、
エントリー価格を平均化する方法ですので、

証拠金を変えずにナンピンをすると、
強制ロスカット位置が近づいてきてしまうことも
忘れてはいけません。

上記のように、ナンピンは使い方を誤ると、
非常に危険なものですので、

もし、ナンピンをするのであれば、
その行為は予め計画していたものかどうか、

今自分が冷静かどうか(損切りの恐怖に駆られていないか)
確認したうえで実行してください。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
今回お話したように、
損切りの恐怖に負けてしまう
FX初心者は非常に多くいらっしゃいます。

そんな初心者でも損切りを覚えて
リスクの低い安全なトレードを実現したいなら、
秋田式がベストです。

あと5席しか空いておりませんが、
あなたも今すぐ正しい知識を学んで
初心者を卒業しましょう。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_nagoya_h/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!