冬季休暇のトレーダー的過ごし方

2018.11.27
Share:

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近本当に寒くなって
きましたね。

例年、私はこの時期になってくると、
トレードはそこそこにして
新手法の研究や検証に
多くの時間に割くようにしています。

この時期は、
サンクスギビングやクリスマス等、
大型連休が多く、市場の値動きが
小さくなりがちなので、

むやみやたらとトレードばかりに時間を割いても
成果が上がりにくくなります。

ですから、ここぞという時以外は
相場の研究に時間を割くというかたちが
長い目で見れば効率的な「投資」と言えるのです。

研究といっても、
難しいことばかりではありません。

例えば、普段ドル円とユーロドルしか
トレードしていないとすれば、

ポンド円やユーロ円等、
いつもはトレードしない通貨ペアで
これまでの手法を検証
してみて、

直近の相場でパフォーマンスが
良い場合は、トレード対象の
通貨ペアに加えるということもできますよね。

スキルアップや新手法など、
これまで以上の成果を出すために
必要な努力というのは並大抵ではないですが、

これまでやっていることを
他に生かせることができれば、
チャンスを広げることもできますし、
またそこから新たな発見もしやすくなります。

トレードするだけがトレーダーでは
ありませんので、

成績を安定させるためにも、
動かない相場も味方につけて
効率的に目標を達成していきましょう。

パリティ

PS.
トレード初心者の方には、
研究やトレードノウハウの確立以前に
抑えていただきたいポイントがあります。

私自身ももちろん最初は初心者だったので、
そのころに知っておきたかった内容を
書籍として出版しています。

相場が動かない期間に
是非、こちらも読んでみてくださいね。
【書籍】プロが教える為替トレーディング入門

The following two tabs change content below.
パリティ
パリティ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:FX 高校卒業後、携帯電話販売会社に勤務し、1ヶ月で400件以上の契約を獲得しトップセールスとなる。サラリーマンの傍ら始めたFXでは何度も破産を経験するものの、必死の思いで相場を研究し、2009年独自の手法を開発する。その後は安定した利益を出し続け、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たす。高校時代の同級生と共にFXトレーディング用の法人を設立し、以来6年間専業トレーダーとして生活を送っている。講師としても5年以上の経験があり、日本全国で多数の教え子を輩出している。生徒が相場の原理を理解し、自力で利益を出せるようになるまで教え続けるといった徹底した指導スタイルに定評がある。教え子とは、講師と生徒の関係を超えて、飲み仲間や釣り仲間になることも多い。現在も現役トレーダーとして、徹底的に生活リズムを為替相場に合わせる生活を送っており、「相場にボラティリティがある間は徹夜でもトレードし続ける」ことで貪欲に利益を追求している。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。