思い切って本音を言います

2019.1.1
Share:

From:Mr.K
ハワイのビーチカフェより、、、

新年明けましておめでとうございます。
Mr.Kです。

1107

ハワイのダイヤモンドヘッドからの日の出です。

2019年になりました。

毎年、私は
新年最初のブログで
【本音】をお話ししています。

いつも本音ではありますが、
新年には反発されることも覚悟する
…そういうレベルの本音を書くようにしています。

今日、お話ししたいのは、

常識を疑った先に、真実がある

という話です。

気合いを入れて話していますので、
ぜひ音声でご確認ください。
↓ ↓ ↓
Mr.Kラジオ#8
http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_8/

(注)業界について
あまり都合のいい内容ではないので、
数日で削除するかもしれません。
三が日の間にお聴きください。

ポイントだけを
文章で知りたいという方は、
続きをお読みください。

よく、

「Mr.Kが参考にしているトレーダーは?」

と聞かれるのですが、、、

=====

それは、

トレーダーではありません。

あえて言うなら、
アインシュタインです。

もちろん、
トレーダーとして
偉業を達成した
世界的な著名人の考えは
参考にしていますが、

正直、私は過去の偉人を超える
投資パフォーマンスを実現することを
本気で目標にしているので、

誰かが知っている答えを
知りたいとは思っていません。

まだ誰も明らかにしていない
真理・真実を突き止めよう

というのが、

CLEAR TRADE理論の挑戦です。

さて、

私が尊敬している
天才物理学者の
アルバートアインシュタインは、

次のような言葉を残しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
権威に盲目に従うことは、
真実に達するための最大の敵である。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

アインシュタインと言えば、

20世紀最大の天才とも
言われている人物です。

今、あなたが使っている
パソコンやスマートフォンは
彼が発見した相対性理論がなくては
正確に動きません。

いわば、時代を変えてしまった
発明をした人です。

その彼が言っているのは、

常識を疑わなければ、
真実にはたどり着けない

ということでしょう。

「権威に盲目に従うことは、
真実に達するための最大の敵」

権力のある人たちは、
真実を発見する人たちではなく、
真実を「作る」側の人たちです。

何をすべきか?
何を信じるべきか?

というものを、
大衆に信じ込ませるために
存在しているということ。

この言葉の意味を
トレードに置き換えて
わかりやすく言い換えると、

「投資の一般常識を信じることは、
資産を増やすための最大の敵」

ということですね。

投資の一般常識を列挙すると、

・勝率は高い方がいい
・損切りなしの手法が理想
・毎月安定した利益がよい

こういった常識がありますね。

これらすべて、
間違っているということに
あなたは気づいていますか?

「え、勝率は高いほうがいいんじゃないの・・・?」

と思ったあなたは、
すでに、洗脳されています。

どこで洗脳されてしまったのでしょうか?

・・・

・・・

・・・

それは、
インターネット広告です。

2019年現在、
インターネットを検索すれば

“利益が出そうな”情報は、
数えきれないほど出てきます。

そこで示される「実績」を見ると、

この手法の通りに
機械的に投資をすれば、
年金のように安定した利益が
チャリンチャリンと得られそうだ・・・

なんて、
思ってしまいますよね。

でも、

その「実績」にこそ、
間違った方向へあなたを
誘導する要素が含まれています。

2018年の年末に起きた
大暴落を体験した人なら
わかると思いますが、

状況というのは、
変化するものなんです。
しかも、ダイナミックに。

例えば、

買いポジションで
2017年にうまくいった人は、
2018年に資産を飛ばしたと思います。

でも、

2018年末の大暴落で
大きな利益を得た手法は、
2017年の上昇では
うまく利益が取れなかったはずなんです。

そう、
ネットに載っている「実績」は、
どれも一年以内の短期間のものばかりです。

そして、勝率が高い手法が
さも存在し、理想とすべきというような
錯覚に陥れてきます。

しかし、実際は、
短期間で勝率が高い手法は
コツコツドカンの戦略になるので、
長期間で見れば資産は大きく目減りします。

短期間の勝率の高さは、
宣伝文句としては好都合ですが、
プロトレーダーの勝率は
そこまで高くないということを
知っておいてください。

ーーーーーーーーーーーーーー
では、長期的に通用する手法は
存在しないのでしょうか?
いいえ、存在はします。
ーーーーーーーーーーーーーー

ただし、

語弊を恐れずに言えば、
その手法は、無知な人が
興味を持てない手法なのです。

ブートキャンプ3の
特典動画2で、

10年間以上勝ち続ける手法の
収益グラフとその条件の
数学的証拠を示しましたが、

長期的に爆発的に勝つ手法は、
あなたの想像するものではないのです。

何も知らない人が見れば、
勝率9割を謳う詐欺手法のほうが
どうしたって魅力的に見えてしまいます。

・・・困ったことです。

短期的に見たら
ちょっと見劣りする手法が、
長期的には最強
だなんて
言われなければ気づけないことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、月によっては、
大したプラス額にならない月もあります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でも、本物の手法というのは
そういうものです。

投資すべきでない月に
無理に投資をしなかったり、
損切りをすべき月に損切りするからこそ、

利益が伸びる月には
ぐぐっと利益を伸ばせます。

それが結果的に、
一年単位で見れば、
労働では不可能な資産に繋がるのです。

投資(トレード)というのは、
短期的な利益額に波があることを
許容するからこそ、

局所的に大きなリターンが望める
というものだということを知ってください。

ですから、
大切なことは、
パフォーマンスが良くない月に
資産をなるべく防衛できることです。

あなたの現在の投資手法は、
2018年の最悪の月に
どれほど資産を防衛できましたか?

ーーーーーーーーーーーーーー
CLEAR TRADEコミュニティの
12月の実績報告を少し。
ーーーーーーーーーーーーーー

2018年末の日経平均暴落は、
一年の集大成と呼べる結果を
私にくれました。

というのも、

しっかりと
CLEAR TRADE理論を実践している人で
そもそも負けた人がいなかったのです。

それどころか、

・今のところ12連勝です
・この相場状況でも今月もプラスです
・とはいえ、利益を伸ばしきれなかった

というような声が投稿されました。

もちろん、私個人は、
株式投資の空売りのみならず、
FXでのドル円の売りによって
最高パフォーマンスとなりましたが、

理論をお伝えした人たちが
結果を残すということが
心から嬉しかったです。

ただ、残念ながら
CLEAR TRADEを知っていても
推奨している手法で投資しなかった人も
0ではありませんでした。

2019年は、
よりわかりやすい手法の進化と
実践の100%徹底に
取り組もうと決意しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢物語ではなく、真実を知りたい人へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

新年は、習慣を変えるチャンスです。

投資には夢があります。
そして、努力次第で実現可能です。

本音でお伝えしていますので、
ブートキャンプにぜひお越しください。

これは、宣伝ではなく、
トレーダーとしての私から、
過去の自分への本音のメッセージです。

新年一発目から
長文をお読みいただき
ありがとうございました。

今年も、有用な情報を配信することに
全力を注いでいきます。

謹賀新年。

GOOD TRADE!!

Mr.K

追伸:
新しい年が始まりました。
今年も多くの人の資産形成のため
より一層努力していく所存です。

まずは、その第一歩として、
オンラインでの無料講座を
スタートさせることにしました。

期間限定の公開ですので、
お早めにご確認ください↓
http://japan-i-school.jp/jim/bcvl3_op1/

The following two tabs change content below.
Mr.K
Mr.K
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専業トレーダー 2016年10月までは某大手企業に勤め、平日は朝8時から夜の22時まで働く現役バリバリのサラリーマンでありながら、1日わずか10分の作業時間で月利20%以上を安定的に稼ぎ出していた。 サラリーマンとして、大企業ならではの組織の力を使って世の中を変えることを目指しつつ、自らの資産形成のために2013年から株式トレードを始める。スタート当初は、様々な投資本や教材に手を出し、1000時間以上勉強するものの、全く結果が出ず、トレードを諦めそうになるまでに。最後に一大決心で本気を出し、9日間の夏休みを丸々使い朝9時から夜12時まで過去の株価チャートを見続けた結果、人間心理そのものが勝つトレードと逆行していることに気づき、それを逆手にとれば、株価は確率的に予測することができるということを発見する。 それ以降は、ローソク足と単純移動平均線だけを使った投資理論を確立する。株式トレードの勝敗を決めるのは、手法ではないという考えをもとに、勝つために必要な考え方を独自のトレード理論として言語化に成功。現在は、かつての自分と同じように株式トレードでなかなか結果を出すことができない人の役に立つべく、スクールでの指導や個別コンサルなども行っている。これまでに300名を超える指導実績と自身のコミュニティに100名近い参加者を抱える。サラリーマンから独立した現在は、世界規模でのビジネスに携わる他、研究機関と人工知能を用いたトレードシステムの開発を行うなど、その活動は多岐に渡る。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。