小さな差が数年後大きな資産に変わる

2019.7.8
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

おはようございます、
堀北晃生です。

人は誰でも自分なりの、
当たり前のゾーンというものがあります。

自分はここまでできるが、
これ以上はやらない。

というものです。

つまり、その自分が決めた常識の範囲内で、
意思決定していると気持ちがいいのです。

しかし、この気持ちのいいゾーンを
超えた瞬間に、恐れ・不安・イライラなどの
感情が出てきます。

自分が当たり前だと思っていることを、
「コンフォートゾーン」といいます。

それを超えるまでは、
怖くてしょうがありません。

人間には、自己防衛本能があるため、
危険が察知すると自動的に身を守ろうとします。

こういった経験は誰でもありますよね。

例えば、

1,学校への進学(転職)

2,引っ越し

3,自動車の運転

===============

1,学校への進学(転職)

===============

小学校から中学校へ変わる瞬間。

学生から大人に変わる瞬間。

今まで当たり前だったことが、
一気に常識が変わります。

その時、人間の脳は強烈なストレスを感じ、
自己防衛本能が働きます。

つまり、

「この状態でやっていけるのか?」

「環境の変化に耐えられるのか?」

このように自分の身を守るために、
最悪を想定して身を守るというものです。

これは「怖い」という感情は身を守るために
自然に出るものです。

===============

2,引っ越し

===============

引っ越しも同じです。

今まで当たり前のように生活していた環境から、
一気に環境が変わることで、
これもストレスになります。

新しい環境で生活することが
ワクワクすると同時に、
今までにはない環境変化に耐えられるか
不安になったりします。

これも今までの常識の外側にある、
生活をしなければ行けないというものです。

===============

3,自動車の運転

===============

自動車の運転免許を持っている人は、
誰でも経験することですが、

免許取得したばかりは
かなりのストレスが感じます。

「事故を起こさずに運転できるのか?」

というものです。

これもなれない間は、操作方法ばかりに
意識が行くため、必然的に遅いスピードで
進行することになります。

これもすべて、人間の本能が反応する
自己防衛本能です。

ご存知の通り、

人は新しいことを取り入れる前は、
「怖い」というストレスを発して、
ネガティブな感情になります。

これは、自分の体を守ろうとするもので、
自然なことなのです。

しかし、新しいものを取り入れて、
慣れることで、
それ自体が当たり前の状態になります。

つまり、コンフォートゾーンの上書き保存です。

自動車の運転も、

最初は怖くてしょうがない人でも、
何度も繰り返し運転することで、
慣れてきますよね。

そして、最初の頃にはなかった緊張状態から、
スムーズに乗りこなせるようになります。

1,新しいことを取り入れる
2,過度なストレスを感じる
3,正しい手順で身につける
4,繰り返すこと
5,当たり前(コンフォートゾーン)の書き換え
6,ワクワク、楽しみ

このような流れになっています。

これは、株式投資を始めた時のことを
思い出していただければおわかりかと思います。

「ネットで株の売買?大丈夫?」

と思った方も何度も繰り返すことで、
それが当たり前になってきます。

そして利益が、本当に証券口座から出てくると
それが実感できるはずです。

「空売り」という方法を取り入れるとなると、
ほとんどの方が「怖い」という反応をします。

動画講座でもお伝えしたとおりに、
空売りは危ない、怖いというイメージを
植え付けるようなものがたくさんあります。

しかし、これも同じ法則であり、
空売りを正しく知って、
正しく取り入れることで人は当たり前になります。

株を上昇しても下落しても
利益を出せるためには、
空売りを取り入れてみるべきです。

一度覚えてしまえばカンタン。

まるで、自転車に乗るように、
カンタンにスイスイ
乗りこなせるようになります。

多少デコボコ道があったとしても、
体制を整えられますよね。

それと同じように
空売りも相場の環境に応じて、
利益を出すことができるのです。

空売りが怖いというのは錯覚です。
=================

これから相場は大きく変化します。

急激に上昇する場面もありますが、
全体的に株価が下落する相場もあります。

空売りを取り入れるだけで、
全面安相場は第二のボーナスのようなものです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

短期間で利益を手にして、それを再投資する。

このちょっとした差が、
数年後に持っている資産の差が
出てくるのです。

分度器の角度がたった1度異なるだけで、
将来得られる資産が変わるとなれば、
空売りも取り入れてみるべきだと思いませんか?

・楽しい
・ワクワク
・嬉しい

こんな気持ちがずっと続くとなると
人生の価値観も大きく変わりますね。

もし空売りのことでわからないことが、
あればおっしゃってください。

また証券会社のページには必ず
空売りに関する項目がありますので、
ぜひ確認してみてください。

貴重な時間を使ってメールを読んでくださり、
ありがとうございました。

堀北晃生

追伸1:

私は子供の頃、
イクラが食べられませんでした。

口の中にプチプチしたものが入って、
割れる感じが子供の頃は、
気持ち悪かったのです。

しかし、大人になってから
イクラを食べてみると、

「美味しい」と感じました。

やはりその時には、
「勇気」がいりました。

なんでも「怖い」の先には、
ワクワクするものがたくさんありますね。

追伸2:
空売りを当たり前にできるようになれば、
株式投資がより楽しくなると私は確信しています。

そこで、空売りをよく知らない方に
理解していただくべく、
書籍を
用意させていただきました。

初心者でも実践できる
独自の空売り手法を、
4つの解説動画を交えてお届けします。

ワンコインで購入いただけますので、
これを機にあなたも空売りの魅力を
知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/hktonline_book/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。