日経平均はいくらが最低ライン?

2019.8.21
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

8月に入り、日経平均は
2万1000円を割り込んで継続しています。

でも、この価格以下にはならない
という値段が存在します。

まずはチャートをご覧ください。
(8月19日 前場10:00時点までのチャート)

ここから、上記チャートの説明をします。

昔から信じられている、
“最低限の価値の尺度”というものがあります。

これ以下には理論的になるはずがない株価
と解釈されています。

最低でも、この株価を割ることはないだろう、
という指標ですね。

株価純資産倍率PBRです。

純資産とは、資産から負債を引いたものです。

人に例えると、全財産を
貨幣価値に置き換えて資産とし、

全借金=負債を引いたもの

これが人が持つ純資産となります。

今、その人が死んだときに残るお金、
ですね。

企業の場合も同様です。

純資産は、今倒産した時に残るお金です。

これが企業の純資産の総額ですが、
発行済み株式数で割って
一株当たりの価値であらわすと、

株式価格になります。

この企業が、今後なにもせずに、
今倒産した時の価値ですから、
解散価値ともいいます。

あくまでも、会計の机上の計算ではありますが、
株価をみるときに重要な指標、尺度になります。

2019年8月16日の段階で、
日経平均採用銘柄、
全225社を一つの会社とみたてて純資産を合計し、

計算上の発行済み株式数で除して
解散価値を試算すると、

一株あたり2万0216円でした。

日経平均は、これ以下にはならないという事になります。

ここを最低ラインとしてみた場合、
日経平均がこの8月にどういった推移をしているか?

と、みたものが冒頭に提示したチャートです。

市場はどんなに下げても、
このラインを死守するように動いている
事がわかります。

ただし、ザラバの中では、
瞬間の勢いがあるので、
このラインを割ったことが2度ありました。

この瞬間に惑わされてはいけません。

青い矢印で描いたように、
下に下がっては跳ね返されている
ラインなのです。

引け値ベースでは、ここを割って
株価が付くことはまずない、

と考えてよい、市場が死守しているラインなのですね。

相場を見るとき、
気を付けて目に見えないバリアがあって
跳ね返されると考えて、チャートをみておくと良いと思います。

奥村尚

関連記事

Pick Up!

日経平均はいくらが最低ライン?へのコメント

  1. おはようございます。
    いつも興味深く拝見しております。

    今回の最低ラインのお話ですが 日々ラインは変わっていくものと考えられます。
    自身でどのように計算したら良いのか モヤモヤするばかりです。
    もっと勉強して理解力を高めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。