うまい損切りのポイント

2019.9.24
Share:

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます、Mr.Kです。

昨日23:59をもって
私の本気のトレードプログラムが
募集終了となりました。

本当にたくさんの方に
ご参加いただき、
感謝と決意を新たにしています。

動画を見ていただいた皆さんに、
この場をお借りして
御礼申し上げます。

さて、今日はシンプルにいきます。

ーーーーーーー
損切りについて
ーーーーーーー

損切りについて
悩まない人は一人もいないでしょう。

損切りが遅すぎて
大きな損失になったり、

損切りした瞬間に
逆に戻って悔しかったり、

ドラマが多いのが
損切りですよね。

で、

損切りの方法については
世の中にものすごいたくさん
諸説あるのですが、

私の損切り基準を
少しだけお話ししようと思います。

=======

損切りの基準で
一番あるあるなのは、

エントリーから
何%かで損切りする
というルールですね。

例えば、

5%とか、
7%とか、
10%とか。

エントリーしたら
逆指値注文で損切りを
入れておいて
待つという戦略。

逆指値注文を入れずとも、
自分で価格を確認して
損切り%まできたら切る

という人もいると思います。

このルールは、
機械的に損切りできるので、
塩漬けになることはありません。

ただ、問題があって、

ルール通り損切りした後、

「もう少し待てばよかった!」

ということを体験することです。

5%で損切りしたけど、
6%まで待てば戻ってきて
利益確定になったはずだった・・・

という感じですね。

それを経験すると、
7%がいいのかな、、、?
という風になって

あげく、

「いったい何%が一番いいんだー?!」
「誰か教えてくれーーー!」

という事態になるわけです。

私も昔に経験があるので
お気持ちはすごくわかります。

しかしですね、

結論から言って、
この問いに答えは存在しないんです。

なぜって、

損切りっていうのは、
エントリーの位置と
密接に関係しているからです。

エントリーが早い人と
エントリーが遅い人で
最適な損切りのルールが
同じわけがありませんね、、、

考えてみると当たり前なのですが、
意外と気づかない盲点です。

ですから、
損切りの最初のポイントは、

エントリールールとセットにする

ということなんです。

このルールのときは何%
こっちのルールでは何%

みたいなイメージですね。

そして、もちろんですが、
あなたのエントリーが
上達していけば、

損切りの最適幅は狭くなっていく

んですね。

ですから、

エントリーがすごくうまい人の
損切りルールを
初心者が採用すれば、

損切りの嵐になるわけです。

損切りするために投資している
という悲惨な感じになります。

さて、ここまではOKですか?

実は、もう一段階、
損切りの秘儀と呼べる考え方が
存在するんです。

これを知ると、
損切りで悩むことが
完全になくなるんです。

だって、

損切り=利益確定

ということがわかるからです。

・・・

この内容は、
ブートキャンプのDAY2で
しっかりとお話ししますので、

ご参加を決意された皆さんは
楽しみにお越しくださいね!

ブログでの公開は
紙面が長くなるので
リクエストが大量に来たら
Mr.Kラジオで
お話しするかもしれません。

では、今日はこの辺で!

GOOD TRADE!!

Mr.K

追伸:
Mr.Kラジオでは、
視聴者の方の悩みを解消するために
様々なテーマでお届けします。

以下の質問フォームから
質問や相談を受け付けていますので、
どんどん投稿してくださいね。

http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_19/

<編集部のオススメ>
今まで不可解だった相場の動きを
もし、前日から知る方法があったとしたら…

秘匿された相場の仕組みを利用して
月収100万円以上のパフォーマンスを
実現させる手法はこちらです。
http://japan-i-school.jp/jim/seminarok_1909/

関連記事

Pick Up!

うまい損切りのポイントへのコメント

  1. ”エントリーが早い人と
     エントリーが遅い人”
    何に対して早い、遅いという意味なのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    ブートキャンプを楽しみにしています。

    1. maloさん、コメントありがとうございます!

      エントリーの早い遅いは、相対的なものですね。
      お伝えしたかったことを補足しますね。

      例えば、いったんの頂点をつけてから10%押し目をつくって再上昇するような値動きになった場合、頂点をつけたところで入ったら(早かったら)押し目は10%耐えないといけませんが、もしも頂点から5%落ちてきたところで入ったら(相対的に遅かったら)押し目は5%耐えれば再上昇するわけです。

      説明の機会を与えていただくありがとうございました。ブートキャンプでもぜひ声をかけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です