動かないドル円相場のゆく先は?

2020.6.3
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

コロナ相場で3月は、一日で何円も
激しく動いた円相場ですが、

4月に入ると一変、
パタッと動きが止まりました。

一日の高値、安値の差を
一日のスプレッド(円)とすると、
前日の終値で割って、

一日の変化率 = スプレッド(%)

と変換できますので
その推移を、ドル円レートと合わせてみてください。

5月に入るとさらに動かなくなりました。

月間平均をみると、一日のスプレッドは、

2020年2月 0.61% 0.38%
2020年3月 1.86% 1.07%
2020年4月 0.66% 0.283%
2020年5月 0.53% 0.278%
2020年6月 0.27%

でした。

同じことを日経平均で行うと、

2020年2月 1.24% 0.66%
2020年3月 4.06% 1.75%
2020年4月 2.08% 1.24%
2020年5月 1.35% 0.38%
2020年6月 1.02%

となっています。

株式市場も動きがなくなってきていますが、
ドル円市場よりはずっと良い、と言えます。

さらに分析を進めると、今のドル円市場は
参入する意味がないくらいリターンがなく、
リスクだけが残る
こともわかりました。

為替市場で、ドル円トレードを
してはいけない日々が続いている
ということです。

ドルが動いていないわけではないのです。

ドルとユーロ、あるいは、
ドルと(どこか新興国)の
レートは結構動いています。

CTFC(米商品先物取引委員会)が、
米国の先物市場におけるドル円などの
投機筋のポジションを公開しています。

上が買い、下が売りのポジションですが、
3月10日を境に、若干ですが
円の買い越しが続いています。

しかし、相場にはインパクトを与えないほど
ポジションがあまりに小さいのです。

理由は、これでしょう。

ドルインデックスと
ドル円の推移をみてください。

同じ動きをしていますね。

ドルと同じ動きをするので、
ドル円をトレードする意味が無い

ということでしょう。

理由はわかりません。

ただ、先週から変化がありました。

ドルインデックスは弱含みです。

USDJPYも少し下がる(円高)に
向かう可能性がありそうです。

奥村尚

追伸:
『スクリーニング機能』という言葉を
聞いたことがありますか?

銘柄を厳選する時に便利な機能ですが
ほとんどの人が気付いていない法則がありました。

時間をかけず確度の高い銘柄選定法は
こちらで公開します。

エッジスクリーニング選定法:
http://japan-i-school.jp/jim/ok_edge200606/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です