どんどん勝てなくなる典型例

2020.7.27
Share:

From:Mr.K
新しい書斎より、、、

 
株式投資って、とっても不思議。
 
最初はそこそこ勝てるのに、
やればやるほど、
研究すればするほど勝率が落ち
トータルマイナスが確定的になる
 
そんな経験をしているのは
私も、誰でも同じです。
 
今回はその、
不可解な負けサイクルの
カラクリについて
 
論理的に解説していきます。
 
知らないと損する内容です、、
 
株式投資は、最初から大負けする人はあまりいないと思います。
 
それもそのはずで、買うか売るかの2択なわけですから、投資する方向を間違える確率も50%であり、ということはラッキーで勝ちながらアンラッキーで負ける、ということが普通に起きるからです。
 
ところが、「たまたま」アンラッキーが続くと、とても不安になり「勉強」をし始めます。
 
「こんなに負けるのは何かがおかしい」と感じるからですね。
 
私も例に漏れず、そうしました。
 
死ぬほど本を読み、セミナーを受講。
 
しかし、さらに不思議な、というかもはや不可解なことが起きます。
 
やればやるほど、さらに負けていく。。
 
もうここで、激怒、、、したいけれども怒りをぶつける相手もいないので、泣きそうになるわけです。
 
はい、私もなりました。
 
結論から言うと、ここが本当のスタート地点。
 
私はたくさんの天才トレーダーを研究してきていますが、ほぼ全員が最初はめちゃくちゃに負けています。
 
しかし、天才と言われる人は、みな、完膚なきまでに負けたあとに「考え」「気づく」のです。
 
「どうして負けやすくなっていくのか?」ということに。
 
そして、それを明らかにした人は、徐々にパフォーマンスを上げていきます。
 
ただ、気付ける人は1%もいないかなと思うのが肌感覚です。
 
、、、
 
というわけで、これから100%皆さん全員がその気づきを得られるように3回にわたって書いていきます。
 
負けが込んでいく理由は、大きく3つ。
 
・ポジションを大きくしていくこと
・○○○になっていくこと
・○○○○ように手法を変えようとすること
 
です。
 
これは人間であれば普通で自然な行動ですが、そのすべてが、株式投資では不利に働くために、ほぼ全員が確実に資産を飛ばす結果になります。
 
あまりに長くなっても読むのが大変だと思いますので、今日は最初の1つ目を書きますね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
【負けやすくなるポイント1】
ポジションを大きくしていくこと
ーーーーーーーーーーーーーーー

 
株式投資を始めたばかりのときを思い出してみてください。
 
最初はおっかなびっくりですよね。
 
「と、、とりあえず、100株買ってみよう。うわ、100株でも20万円くらいか、、けっこう大きいな。。」
 
こんな感じのスタートではなかったでしょうか?
 
私はそうでした。
 
とりあえず30万円を証券口座に振り込み、買える株を買ってみた。
 
そう、最初からレバレッジをフルにかけて「この1回で勝負だ!」などとフルスイングする人は稀でしょう。
 
ポジションが小さいのですから、勝っても少しの利益、負けても少しの損失です。
 
ですから、勝ったり負けたりしますが、証拠金全体にはそれほど影響はありません。
 
・・・しかし、、
 
そうこうしているうちに、ラッキーで連勝したり、アンラッキーで連敗するときがきます。
 
結論、どちらもが落とし穴です。
 
ラッキーで連勝した場合、人はどう考えるかというと、
 
「お、、意外と勝てるようになってきたな。私ってもしかして投資、得意かも、、?-^^-」
 
と思うので、
 
「じゃ、じゃあ、、、少し大きめにポジションを持ってみようかしら」
 
と考えてポジションが大きくなります。
 
一方で、アンラッキーで連敗した場合、人はどう考えるかというと、
 
「くっそー、、、取り返したいぞ!損切りしたくないぞ!」
 
と思うので、
 
「じゃあ、ちょっと怖いけど、次の投資で勝負をかけてみるか、、」
 
と考えてポジションを大きくします。(ナンピンもポジションを大きくする行為)
 
、、、
 
はい、というわけで、ラッキーが来てもアンラッキーが来ても、つまりあなたの運がどちらに転んでも、あなたはポジションを大きくしたはずです。
 
で、どうなるかというと、もう、おわかりですよね、、え?まだわからない、、?
 
ポジションが大きくなると、勝ったら大きな利益ですが、負けたら大きな損失になります。
 
つまり、証拠金の変動が大きくなります。
 
そうこうしているうちにポジションが大きい状態でアンラッキーがやってくるのです。
 
30万円の証拠金で信用取引で85万円くらいのポジションを買い持っているときに、決算発表が最悪だったり、日経平均が急落した瞬間、、、
 
持っている株が20%下げると、85万円の20%=17万円ですから、30万円のうち17万円を失います。
 
ということは、残りは13万円しかありませんから、39万円までしかポジションが持てなくなり、はい、「追証」の通達が来ます。
 
これでやむなく損切りをすると、30万円が13万円になり、「大損した、、」となるわけです。
 
ちなみにこれ、30万円が運良く100万円になっていても同じです。
 
100万円で280万円くらいを持っているときに20%急落すれば56万円のマイナスですから、残りの証拠金は44万円になります。
 
せっかく100万円まで増やしたのに、、、となって44万円でまたフルスイング投資をして、もう一回同じ目に遭うと、、132万円の20%=26.4万円のマイナスになり、あら不思議、ついこの間まで100万円になっていた証拠金がなんと18万円を割り込んでいるではありませんか。
 
株、得意!と思っていた自信は吹き飛び、元本割れです。
 
はい、というわけなんです。
 
馬鹿にしているわけではありませんよ、なぜって私も昔、これと同じことを何度も何度もなんどもなんども繰り返し、何回も追証の通達をいただき、何度も証拠金に追加送金をして、、、気づいたわけですから。
 
というわけで1つ目の負けやすくなる理由でした。
 
次回は、2つ目の理由を解説しますね。
 
株式投資は、ちゃんとやればギャンブルでありません。
 
お役に立てたなら幸いです。
 
それではまた次回!
 
GOOD TRADE!!
 
Mr.K

関連記事

Pick Up!

どんどん勝てなくなる典型例へのコメント

  1. すべてのコメントが私にぴったりとあてはまります。今後来るであろうコロナ第2波が恐ろしいです。かと言って損切りできずに悩んでいます。

    1. 安田さん、コメントありがとうございます!脱却するには、少なくともまず半分を損切りすることです。持っているポジション量を少しずつ減らしていき、別の銘柄に移していくようにするといいですよ。「損切りをしても資金は減らない」ということに気付けると損切りができるようになります。

  2. 当てはまらないですね。
    そもそも信用口座を作れないからレバレッジを掛けることができないし。
    で、現物取引で一度も利益にならないまま資金がなくなりました。
    今は、デモトレードのみです。
    まぁそれでも勝てませんけどね。

    1. 翠玉さん、コメントありがとうございます!当てはまらないのですね!ということは、残りの2つにポイントに当てはまっているはずです。おそらく、来週のポイントに嵌っていると予想しますので、ぜひ来週を楽しみにしてください^^ 応援しています。

  3. この文章を見た時、まさに自分の事だ、、
    と思いました。
    株を始めて2年。最初はおっかなびっくりで少し買って少し利益が出て、、
    でもこの一ヶ月半、ある銘柄(ゲーム株)で面白いように勝ち、いつか暴落がくる銘柄と分かっていても、「たった一ヶ月半でこんなに利益が取れたから勝てるようになって来た。もう少し資産を増やしたい。」と欲がでて大きく張り、ドーンと落ちて一ヶ月半の利益以上のマイナスになってしまいました。
    もう泣くに泣けず、「所詮素人が勝てるわけない、辞めようかな」と落ち込んでいた所にこのメールを拝見しました。
    今はやればやる程、面白いように勝てません。資産が減るばかりです。
    ここからが本当のスタート、、
    と思うには傷が大きすぎます。
    ここからパフォーマンスを上げていけるのか、、辞めた方がいいのか、悩んでます。

    1. Rママさん、深い共感のお言葉、書いて良かったと思いました。続けるか辞めるかの判断は、ご自身の心の声にしたがっていただくのがいいと思いますが、参考までに、私が大負けしていたときからどう復活したかをお伝えすると、、

      1、いったん実践トレードを休みデモトレードにした
      2、検証を重ねて、これならいけるかもと自信を持ってから再スタート
      3、まずは少量のポジションで自分の勝ちパターンをつくる
      4、大きく損せずにチャンスを狙い続けることを意識して銘柄選定
      5、たまにドーンと当てることで資産が増加

      という経緯です。ポイントは、第一フェーズとして、自分の中に資産をつくる(実力)ことに集中したあとで、第二フェーズとして、金融資産をつくることに再挑戦したということです。

      株式投資は、しっかりやればかなり面白いですよ!人生にも様々な学びのある最高のゲームです。私たちは数百人の仲間とともに最強の株式投資コミュニティをつくって切磋琢磨しています。

  4. 最高です
    何時も有益なご指導ありがとうございます。
    正に今がご記述の通りです。

    自分の生活や資金、情報を把握しながら、今は負ける時のパターンを見つけて1つづつルールを作っています。

    1. ななさん、最高評価ありがとうございます!投資教育者、冥利に尽きます。
      負けるパターンを1つずつつぶしていけば、自動的に勝てる投資になっていきます。次回のブログと次次回のブログも超絶大切な永久保存版の内容ですので、お役に立てると思います。

      またコメントお待ちしています!コメントだけが励みです!

  5. 自分のことのように読みました。
    この一年、株なんてちょろいと勝ち越してきましたが3月の暴落で資金を半分溶かし不勉強さに迷走していました。
    株式投資はちゃんとやればギャンブルではないと言う言葉に力づけられました。
    猛勉強を致します。

    1. ヒコさん、共感いただけて嬉しいです。株式投資は複雑だと思われがちですが、負けパターンも勝ちパターンも、実はかなり限られたパターンに収束するということがわかっていますので、論理的に戦略を立てることでギャンブルから脱却ができます。一緒にがんばっていきましょう!

  6. まさしくっと言った内容ありがとうございます。私も株式デイトレを7月からはじめました。最初は運だけとノリで結構利益が出ていました。しかし8月初旬から入ったら負けてしまいすぐちょっとマイナスが出たら逃げてしまい!結果マイナスばかりの毎日です。また悪戦苦闘して今はほぼ毎日チャートの動きを一日中パソコンの前で見ています。一日の値動きの下がる部分だけインしている部分があり!これならスイングにしたほうが良いのではっと思い悩む日々です!
    次回も楽しみにしています!
    ありがとうございます!

    1. えなりさん、7月から始めたのですね!挑戦おめでとうございます。
      株式投資の世界はかなり深淵で面白いですよ!

      ひとつ、投資のいち先輩としてアドバイスをさせていただけるのであれば、

      「絶対に大負けを許さないことです。予め決めた損失金額に達したら必ず損切りして休むこと。最初は最小単元の投資で経験を積むことが優先です。いきなり利益を出すことを狙いにいかないように」

      です。一緒に高みを目指して参りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です