【衝撃】米国が今世紀最大の危機

2020.12.14
Share:

From:Mr.K
沖縄の自宅より、、、

自分で言うのもなんですが、
私は滅多に怒ることはありません。

しかし、今、私は
マスコミに対して
本気で怒っています。

日本でテレビと新聞からしか
情報を取っていない人は

今、とんでもないことが
米国で起きていることを
知らないかもしれません。

私たちの未来に
甚大な影響を及ぼす事件を
マスコミは必死で隠しています。

渡部建さんの
不倫謝罪会見がこんなおかしな時期に
開催されたのは、国民の目を
逸らすためだと思います。

その、とんでもない事件とは、、、

その前に、今回も一言先に申し上げます。

<注意>
私は別に自分の意見を押し付けたいわけではありませんし、あなたと論争をしたいわけではありません。

あくまで私の意見を書きますので、興味がある人だけ読んでください。

・・・

【もしよければのお願い】

最後まで読んでみて、参考になった!と思った方は、「参考になりました!」とだけでいいのでコメントをしていただけると嬉しいです。

反応がないと役に立っているのかどうなのかがわからないので、求められている内容にするためにぜひご協力お願いします。

「なるほど」だけでもいいですから^^

先週も、たくさんのコメント(23件も!)ありがとうございました!

全然返信できていないのですが、すべて嬉しく読ませていただいて本日のブログ執筆のエネルギーにさせていただきました^^

ーーーー

では、興味がある方だけが読んでいるという前提で、続きを書きますね。

米国が危機に陥っている、とんでもない事件とは、

もちろん、米国大統領選挙の行方です。

これは、日本の私たちの個人の生活に関係大アリなことなので、「政治には興味がない」などと言わずに必ずお読みいただくことをお勧めします。

まともな投資家であれば、今、この話題に注目しないことはできないはずです。

少し長くなりますが、起きていることを書きます。

最後に、株の投資戦略について書きますので、もし飛ばし読みしたければどうぞ。

ーーーーーーーーーーー
■何が起きているのか?(事実を淡々と書きます)
ーーーーーーーーーーー

先週、私のブログではこれまでの経緯を簡単にまとめましたが、もう一度おさらいしますと、

11月3日までの投票で行われた米国大統領選挙は、開票後、選挙人の得票数(予想)で見ると、民主党のバイデン氏が過半数に達しました。

しかし、この結果に対して、トランプ大統領側は、大規模な選挙詐欺があったと主張。

宣誓供述書つきの一万を超える目撃情報や監視カメラの映像などを根拠として、トランプ陣営の弁護団が多数の裁判を起こしています。

しかし、具体的な理由が一切ないままなぜかほぼすべての裁判が「棄却」されています。

そんな中、テキサス州が(厳密には司法長官らが州を代表して)12月8日に、ジョージア、ミシガン、ペンシルヴェニア、ウィスコンシンの4州を相手取って、連邦最高裁判所に提訴しました。

「それは知っている」とあなたは言うかもしれませんが、日本のメディアが伝えていることは、巧妙に内容がすり替えられています。

今回、テキサス州が4つの州を訴えた内容は、4つの州で不正があったことについてではありません(!)

不正の有無には言及していないのです。

■実際の訴状などは連邦最高裁のHPを参照(https://www.supremecourt.gov/Search.aspx?FileName=/docket/docketfiles/html/public/22o155.html

そうではなく、4つの州が郵便投票に関する州の「法律を変更したプロセス」が「憲法違反」であると主張するものでした。

選挙に関する法律を変更する際には、上院・下院の「議会」で2回ずつ承認を得た後に、2つ以上の主要メディアを通じて州民に告知をしなければならないと連邦法に定められているのですが、先の4つの州はそのプロセスを経ずに「州知事」が州法の変更を承認してしまったとのこと。

議会は州民の代表である議員からなるため立法府に属するのに対し、州知事は行政府ですから、法律を変えられるのは立法府たる議会の承認でなければなりません。

それが、三権分立というものです。

ですから、これは明らかに憲法違反であるという訴えをテキサス州は連邦最高裁に訴えました。

そもそも、州が州を訴えるということ自体、過去50年以上にわたって起きていないそうですが、さらに驚くべきことに、12月10日までに、20州がテキサス州に賛同することを表明したのです。

これはとてつもないムーブメントだと驚いたわけですが、さらなる展開がありました。

被告である4州の側に賛同すると表明した州が18州あらわれたのです。

つまり、アメリカ合衆国の50の州のうち、21州が原告側に賛同し、22州が被告側に賛同を表明しました。

アメリカが真っ二つにわれてしまったという構図です。

これに対し、あなたもご存知のとおり、最高裁はこの訴えを受け取りませんでした。

理由は、テキサス州は立場上、原告になることができないというものでした(審議なし)

ーーーーーーーーーーーーーー
■テキサス州が分離独立に言及?
ーーーーーーーーーーーーーー

これに対し、原告のテキサス州のアレンウエスト共和党議長は、最高裁に書簡を提出。

その最後に、「おそらく、法律を遵守する州だけで団結して憲法に従う合州連合を結成するべきだ」と記載したのです。

ちなみに、テキサス州は頭のおかしい州ではないと思います。

というのも、最近になって、HPE(ヒューレットパッカード)やオラクルが本社をテキサス州に移転すると発表していますし、テスラモーターズのCEOであるイーロンマスク氏(世界富豪ランキングで、アマゾンのジェフベゾスCEOに次いでランキング2位)もテキサス州に引っ越すことを公言しているからです。

なぜこれほどまでに、州と州で意見が割れているのか?

それはもちろん、今回の選挙に大規模な不正があった(しかも、その背後に中国共産党がいる)と考えているアメリカ国民が相当数いるからでしょう。自国の大統領選挙に中国共産党が介入して結果を変えたということが本当なのであれば、動かずにはいられない!という気持ちは十分に理解できます。

その数は最低でも米国の約半数いることが今回のテキサスの件で明らかになったわけですので、日本の主要メディアが報じているように「トランプ氏はいい加減諦めれば、、」というようなテンションではないわけです。

さて、本当に不正がなかったのか?

あなたはどう思いますか?

トランプ陣営は本当に「根拠のない」主張を続けているのか、、?

情報については、専門のYouTuberがたくさんいますし、それらの動画の再生回数は軒並み20~60万回再生されていますので、ご自身でお調べください。

ちなみに、大規模な不正があったということが万が一事実とするならば、、、それは、このまま行けば民主主義が崩壊することを意味し、日本が中国に飲み込まれることを意味すると私は思います(すみません、これだけは私の意見です)

判断は、皆さんにお任せします。

投資家たるもの、メディアの言うことをそのまま鵜呑みにしていてはいけません。

ーーーーーーーーーーーー
■株価の動きへの反映は?
ーーーーーーーーーーーー

長くなりました。

さて、こんな激動の中、株式市場はどのように動いているのかを見ていきましょう。

大前提として、先週末の土日に、先のテキサス州の動きがありましたし、

12月13日に、アメリカのFDA(米食品医薬品局)がファイザーの新型コロナワクチンの緊急使用許可を承認などもありましたので、

それを踏まえて週明けの相場が大きく動く可能性はあります。

なので、その影響を考えずに相場を見るという前提つきですが、「普通に上昇中で今後も上昇」と見えます。

米国市場も日本市場も、ニュースなどの知識を抜いて考えれば、順調に上がっているのです。

ただ、銘柄によってかなり違うことは事実ですから、勢いよく上がっている銘柄は引き続き強い、ということが言えそうです。

まあ、それはいつものことなので、銘柄を厳選して投資をすればよいことになります。

一方で、どうしたって世界情勢(特に選挙で揉める米国や、年末にブレグジットが控えるイギリス)が気になることも事実でしょう。

そんなときは、以下のように考えます。

大原則として、不安であれば、ポジションを小さくせよ。チャンスはこれからいくらでも来るので、不要なリスクを取って資産を減らさないことのほうが大切

・その場合、もしもスルスルと株価が上がれば悔しい思いをするだろうが、すべてのチャンスを取ろうとする強欲さは長期間で見ると間違いなく仇(あだ)となるため、チャンスを見送る練習とでも思っておけばよい

・一方、チャートに従って攻めるのであれば、常に急落を想定した逆指値の損切り注文を入れること。万が一翌日急落しても最大いくらの損で済む、と即答できるようにしておこう

最後に、先週公開した動画ですが、もしまだ観ていらっしゃらない方がいればどうぞ^^

ーーーーーーーーーーーー
先週と同じ:未来予測の結果検証
ーーーーーーーーーーーー

【特別公開】未来予測の結果検証
https://youtu.be/vsXanbzcEgs

チャンネル登録ぜひお願いします^^

結果だけ書きますと、

コミュニティメンバーによる投票の得票数上位5位に分散投資した場合、この2週間のパフォーマンスは、

・勝率80%
・平均パフォーマンス+14.6%

となりました。

▶︎Mr.Kのつぶやきコーナー

先人が計り知れない苦労の末に勝ち取った、現代の自由と平和が、どうか保たれますように。

毎日、心から祈ってから寝ています。

それではまた次回!

GOOD TRADE!!

Mr.K

追伸:
(明日マデ)募集を締め切ります。

規律を守れるトレーダーになる方法:
http://japan-i-school.jp/jim/leg_seminar05/

関連記事

Pick Up!

【衝撃】米国が今世紀最大の危機へのコメント

  1. 毎日、色んなニュースを読んでいても大切な事はあまり解っていないことがあるという事を、知りました。
    今後の生活に生かしたいと、思います。

    1. Mr.K 様
      いつもありがとうございます。
      JIS講師陣のなかでもMr.Kさんのお話はいつも読ませてもらい、保存させてもらっています。
      参考になるコメントが必ずあり、なるほどなあと感じること、新鮮な情報が多くあります。
      今後ともよろしくお願いします。  ハンク

  2. いつも楽しく拝聴させて頂いております。
    私も日頃からマスコミ報道には、一定の思想があり偏向があるものと思ってます。真実を伝えず公然と意見を述べ伝える。コメンテーターには、原稿を読ませる。政府要人とか自民党大臣経験者を架空に用いて、もっともらしく心情を流す。国民を愚弄するのもいい加減にして欲しいものです。

  3. マスコミ各社は、マスコミの自主規制ルールがあって、報道したくても報道出来ないとかあるのではないでしょうか?
    Youtubeではそのような規制がないので、生の声が聞けるのだと思います。
    第一次情報は大切ですよね。

  4. なるほど❗大変参考になりました‼️
    年明けどうなるんでしょうか?
    基本的にマスコミの言うことは信用しておりませんが…

  5. ありがとうございます。
    MR.Kの記事は、安心感を持って読めます。

    メディアによる情報操作はよく耳にしますが
    こんな大事なことを報道しない日本のマスコミってなんなんだろう、と驚きます。

    ポジションを小さくしておこうと思いました。ありがとうございました。

  6. アメリカ大統領選挙の行方は気になります。今朝のニュースの報道では、明日にも選挙人による選挙が行われるとのこと。どうなるのでしょうか!

  7. Mr.Kさんの動画やコメント、いつも必ず拝見しております。今回も非常に有益な情報をありがとうございます。当スクールの講師の中で一番信頼しております。今後とも様々な発信を期待しております。

  8. MR.K やはり先生の視点はすごい! メインのマスコミだけが報じている世界情勢だけでないことまで 見ておられるのですね。受け身だけの与えられる情報だけで生活していたら ”なんで?こんなはずじゃ…”と 手遅れですかね… なんでも自分で掴みに行かなくちゃ!先生の指針をこれからも お示しください。ありがとうございます♪

  9. テキサス州は立場上、原告になることができないというものでした
    意味不明です。教えて頂けますか

  10. MR.K様
    いつも楽しみに読ませて頂いております。
    今回のメールの内容も、正確な情報の重要さ、角度を変えて見ることが大切であることを教えて頂きました。

  11. 大変参考に成りました、中国の将来の野望は知っていましたが、アメリカの選挙にまで及んでいるとは、このままでは、世界が中国共産党に間違いなく呑み込まれる、結論は世界の終わりを意味する、今こそ、シナ以外の国が一致団結して中共悪魔を壊滅しなければ地球も終わる、

  12. 毎週楽しみに拝読させていただいています。
    自分は、日経平均株価への連動で運用するETFを2本使っていますので
    非常に参考になります。

  13. テキサス州の提訴棄却は本当にがっかりさせられてしまいました。今のこの状況の最後の砦の連邦高裁が審議しないととなると、一体どこに訴えを起こせばいいのでしょうか。この選挙違反、憲法違反を高裁が審議すらしないなら、法律も何もあったものではないでしょうか。所詮、裁く裁判官も、人間だった。自分を危険に晒したくない。年間数千まんの収入も、名誉を失いたくないと考えたのでしょう。結論を言えば逃げたのです。しかしこれを審議しないことは、民主党政権になっても良いと言うことになります。そして中国共産党の支配が強くななれば、最高裁裁判官すら、相手にしないでしょう。共産党からすれば自由主義の法律なんて邪魔な存在で自分たちが最高裁判官になるでしょうね。本当恐ろしい限りです。これからトランプはどう出るかはわかりませんが、最後の手段に出るか、期待したいところではあります、あとは州議会と選挙人の正義の判断を信じるしかないのでしょうか。ペンスにも最後の権限があると聞きましたが、これをやる勇気があるのかはちょっと疑問です。やればすごい男と思いますが、さてどうなるのか。

  14. いつも見てます。
    株はやったことがありません。 いいオヤジです。しかしいつも見てます。
    共感してます。 これからも見ます。

  15. いつも拝読させて頂いております
    私達のわからない情報がとても心に残ります
    日本の未来も心配いです

  16. 毎回楽しみに拝読させていただいております。

    「チャンスを見送る練習」のコメント、胸に刺さりました。

    11月のゆるゆる相場を疑心暗鬼で見ていたので、結局傍観していただけだった自分を

    思い出しました。

    Kさん同様、どんなことでも糧にできるといいなあ。

  17. へーそーなんだ❗️
    全く知らないことが起こっているのに、マスコミは、ガースーとネットテレビで言ったのは 不謹慎だと 何分間も取上げ騒いでいる。 そんなこんなで報道は 役に立たない。 しかし 何も知らないでは済まないので 見たり聞いたりしなければならない?
    本当に 金儲けには 報道は役に立たないですね。

  18. 米国がまさかの内戦にならねばいいのですが、、。
    日本人も小泉政権からアホになって来ていて、政治経済音痴ですから、米国の危機などわかるはずもないでしょう!?

  19. 米国の政治情勢参考になりました。私もトランプ氏は往生際の悪い男だなあと思っていました。民主主義の先進国と思っていたアメリカも悩める問題を抱えているんですね。

  20. 難しいことを、かみ砕いての説明、すごく参考に
    なります
    朝晩、自由と平和が続くことを祈ってます
    子供、孫がいます

    コロナの早期の終息も祈ってます

  21. こんにちは。
    大変興味深く読ませていただきました。
    大変な事態ですよね。
    国際政治については我々は間接的にしか関われませんが、個人の資産については全力で注意を払います。
    ご警鐘ありがとうございました。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

  22. 現在のアメリカ国内の状況が分かりました。21世紀の南北戦争再来ですかね情報ありがとうございました。

  23. アメリカの現状、大統領選。
    良く理解できます。
    中国共産党の動きは
    大変なことですね。

    有難うございます。❗

  24. 正直、私は今や最終的な大統領選の帰着よりも、今回米国が真っ二つに割れている現状を目の当たりにして、その点を注視しております。メディアの情報も国内外のみならず、右派系左派系等、情報ソースの性質も理解しておかないと、振り回されるだけになってしまいます。結局は、投資家としての自身のリテラシーを高めておかねばならないということかと思います。今回のご指摘、ごもっともであり、同感です。

  25. 中国にあれだけの力をつけたのもアメリカです。アメリカは反省すべきです。中国共産党と戦っていた日本を潰したのもアメリカです。本来、中国は人口が多すぎて、先進国並みの消費生活を始めたら、地球の資源の消費バランスが崩れます。あの国は生かさず、ころさずの付き合いがちょうどいいのです。もう遅いのかもしれないが。枕を高くして眠れないですね!

  26. Mr.K の真贋を見分ける目 には、感服しております。
    今までもマスコミの世論を操るやり方にはあきれておりましたが、今回のアメリカ大統領選についての報道には、あきれるを通り越して、恐怖を感じます。
    ・褒めてその気にさせて、あるとき突然不利なことを報道して、どん底に落とす。
    ・事実のごく一部を流して、前後を切り、自分たちに都合のいいように流す。
    ・自分たちに不利になりそうなことは、無視? いや故意的に流さない。
         視聴率を稼いで、自分達の生き残りをかけるため? 中国共産党の暗躍?
    NHKのニュースでは 中国コロナワクチンを世界中に売り始めるようですね。 NHKのニュース です。
    中国共産党が自分たちで、武漢で作った生物兵器コロナへのワクチンを世界に善意のように配り、広げたあとに  どんなことを考えているのか。
    トランプ大統領がもし落選したら、怖いものがいなくなった金正恩はどんな行動をとるのか?
    TV・新聞では分からない事ですね。
    アメリカ大統領選は本当に今、アメリカだけではなく、日本にとっても世界にとっても重大なときだということを、批判を恐れず、教えてくださり、本当にありがとうございます。
    株においても、フェイク情報に惑わされず、Mr.K のように真実を見る目を養ってトライしていきたいと思います。

  27. いつもお世話になっております。
    日本以外のマスコミの対応はどーなってるか気になるところではありますが…
    何とか悪くならない方でと思うばかりです。

  28. 確かに日本の報道では、トランプまだ諦めないの?
    程度に感じる報道ですね。
    マスコミの情報操作に支配されないようにしなければいけないんだなと思いました。
    今日も勉強になるブログありがとうございました!

  29.  米国もこれほど中共に侵食されているとは知りませんでした!
    振り返って我が国も、N階さんをはじめとする親中派議員とTヨタを始めとする経財界が
    完全に侵食されているので、C国日本自治区になる日も近いのかもしれません。
     貴重な情報をありがとうございます。

  30. Mr. K 様
    貴重な情報ありがとうございます。
    日本のメディアが堕落しているのが悔しいです。

  31. アメリカという国は今でも南北戦争が続いているということだと思います。

  32. 中国がアメリカの選挙を覆したのは色々証拠がでてきても、殆んど報道されていないと言う事です。NHKのビルの中には中国の放送局が入っていて報道前に検閲をうけてOKが出たものしか放送出来ないと何かにかいていました。また、クリントン、オバマは中国から大変な額のお金を貰っているようです。さらにバイデンさんは勿論その息子さんも巨額のお金を貰っているとの事です。これらは報道されません。だからトランプさんは正しいことをしているのです。
     私は幸福の科学の会員です。
     これはアメリカの膿を出す為の闘いだそうです。エル・カンターレのおしえです。いつもは余り読まないのですがきになったのでよませていただきました。

  33. 日本のメディアはCNNによって操作されている………だからどの報道をとってみてもみんな同じ(俗にいう報道規制というものです)これがいわれていることは今に限ってのことではありません、前から言われていることです
    さらにテキサス州はアメリカの中でも他の地域とはちょっと違った歴史を歩んでいるのでアメリカの中にあってアメリカとはちょっと違うという感覚を持った人が多く住んでいる場所のようです
    頭がおかしいどころか知識人、常識人、そして人間としての尊厳などを大切に育んでいる州といっても過言ではないと思っていますので今回のこの出来事がテキサス州から声が上がったということについて非常に納得しています
    日本人は本当に多くの事を知らされていない(いつも!!)ので、この報道規制はなんとかした
    方がいいですね

  34. Mr.K 様
    今週もありがとうございます。先生のコメントを読んで、5年前に読んだ『 日本が中国の「自治区」になる 』を思い出しました。
    お昼休みに、お弁当を食べながら怖ろしいねーでもありえんよねーとか色々話していましたけど・・米国も、ここまで・・なんですか?? 本当に怖いです・・日本のマスコミの、お気楽さに
    呆れます。
    関係ないのですが・・三浦春馬さんの件に関して日本のマスコミにも、情報統制がある事がわかります。

  35. 2連騰すみません
    追伸
    そして日本は本当に対処が遅い!!判断力、決断力が大幅に欠けています(残念ながら私もです………..)

  36. アメリカの状況について私なりに調べておりましたが、知らない情報もあり大変参考になりました!
    私見ですが、中国の介入は確実だと思っています。

    株については、対外的にも決着がつきそうな1月末までトレードせず様子見のスタンスです。

  37.  おっしゃる通りです。 
    自由な世界を選ぶか 独裁体制か 、米国は今、分岐点に立っています。
    戦後の日本に民主主義を導入してくれたアメリカに、私は大変感謝しています。
    異なるイデオロギーが力をつけてきている現状でも、 自由な世界は守らなければ なりません。
     永遠に搾取される世界に、 私は住みたくありません。

  38. ブログありがとうございます。

    全くもって共感いたしました。

    例えば日本におけるニュースメディアは共同通信から分散していき、全ての大手、新聞、テレビは同じ情報を流していると思っています。

    その一方てわ、恣意的に芸能人のスキャンダルなどを大きくん取り上げて、その裏で、大事な国民にとっては不利益な法案を通したりしている事です。

    このインターネットという世界の現出によって、時間と空間、言語、すら超えれるようになりした。

    もつ誤魔化されはしないという事ですね。

    ありがとうございます!

  39. 自分は今でもトランプが勝つと信じて疑いません。
    今後も有益な情報をお願いします。

  40. いつも思慮深いメールをありがとうございます。大変勉強になります。
    大統領選挙の件、私も同じ気持ちです。
    毎日YouTubeやツィッターを通して情報を得ていますが、日本のマスコミではほとんど真実を伝えられていないと思います。ここまで情報操作されているのかと怖くなります。この選挙について話せる人も周りにほとんどいません。YouTubeでもトランプを支持するものは削除が始まりつつありますね。
    MR.kさんの様な発信力のある方が少しでも広めてくれたらと思います
    これからもメール楽しみにしております!

  41. いつもメール読ませて頂いて、勉強してますが、今回は大統領選挙についてのご発言に胸のつかえが、少し取れた気がしました。ありがとうございます。日本もですが、マスコミのひどさが辛いですね。今はとにかくトランプ大統領の再選信じて見守っています。

  42. 今回のアメリカの選挙には中国共産党が関わっている事は確かだと思います。親中派バイデンが当選しトランプ大統領が負けると、今後の日本は どうなるのか、北海道や沖縄の土地が大量に中国人に買われていることに
    国会に於いて審議すらされない、国会議員の方達に怒りすら感じます。
    来日した中国の外相が尖閣は中国の領土だと荒唐無稽な発言をしている
    のも、親中派の大統領が誕生する事と無関係ではないと思います。
    先生の今回の配信には心から感謝いたします。

  43. 色々な情報ありがとうございます。情報があふれる中で、何が本当なのか分かりにくい世の中で大統領選がまだ終わってない、トランプ大統領が最後に勝つと言ってる人が他にもいます。洗脳されないように、いろいろと確かめることが必要だとおもいます。Mr.K、また、情報をお願いします。

  44. 見えない部分を分かりやすく、しかもタイムリーに教えてくださる。離れたくありません。

  45. Mr.k 様
    いつも楽しみに読ませて頂いております
    本当にタメになります
    ありがとう御座います。

  46. 得た知識は外に発信して、認識が深まるといいます。Youtubeで感心を持ってアメリカ大統領選の情報を得ています。得るだけでした。中国共産党のあからさまな世界侵略の方向が益々強まっているという共通認識を持てて幸いです。

  47. いつも貴重な情報をありがとうございます。いつも興味をもって読んでいます。
    あれだけ証拠が出ても、アメリカの多くの報道機関、州政府、はたまた最高裁にまでそれを無視させるだけの影響力をすでに構築して持っているということを知って、改めて共産党の怖さに身震いする思いです。 日本に太刀打ちできるのか? 

  48. おはようございます。あなた様の見立ての通りです。コロナ(アビガンで完治出来る)パンデミック騒ぎでワクチン(遺伝子組み換えて人口削減)強制接種と不在者投票(インチキ)を正当化しました。日本のマスコミはすべて情報統制されており、最近真実を伝えようとするYouTubeも削除されております。5Gによる電子家畜化が着々と進んでおり、デジタル通貨で財産一元管理されます。是非あなた様のような日本の若き最進鋭の方が立ち上がり、将来の子孫の為にご尽力ください。

  49.  有難うございました。
     ご指摘の通り、USの分断は根が深いようで、これこそが危機に繋がりかねませんね。もう一つの問題は共和党の劣化だと思います。落選後1カ月もしたら完全にトランプはオワコンになると思っていたら、共和党支持者の間でまだ圧倒的多数が期待しているとか。共和党がトランプ党になってしまったというコメントもありました。選挙前から、トランプが当選するとしても共和党最後の大統領になるとも言われており、今後同党がトランプやQアノンのようなキワモノにすがるしかないという状態では政治に健全なチェック&バランスが働きません。これは将来的に民主党の劣化腐敗にも繋がるでしょう。
     但し選挙プロセスの不正操作という疑惑に関しては私は笑止と考えております。大手マスコミと司法を完全に操作できるような力があるならば選挙不正より2,3年前にトランプは弾劾罷免されている筈(そちらの方が遥かに容易)だからです。なお中国にとってはトランプ再選の方が都合は良いという見解も選挙前からありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です