相場で勝つための時間割

2016.7.18
Share:

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

9日は、都内で株式投資家の
集まりに出席しました。

その集まりには有名な個人投資家の他、
私のセミナーに出ていた人、
私の動画コンテンツを見てくれた方が
何人か参加していました。

私は会場でセミナーの感想、
相場についての質問を聴くことができたので、
大いに今後のセミナー、講演の参考になりました。

私の経験から言って、
セミナーの会場ではお金についての
質問をするのが恥ずかしく思う人が多いせいか、

お酒の入る懇親会で
沢山の質問を頂くことが多いのです。

そういう場所では、チャート、テクニカルに
ついて手元に資料が無いので、
詳しい説明をするのはなかなか大変です。

さて、セミナー講師として最も大切なのはセミナーに
参加してくれている方々が求めている
「情報」を提供することに尽きます。

よく「お客様の為」とか
「お客様最優先」という
掛け声を聴きますが、、、

自分視点ではなく、
講師たる者はまずはお客様が何を求めているのかを知り、
それを提供することが大切です。

「情報」は知識と考え方に分けられます。
今は投資に必要な知識の多くは、簡単に手に入ります。
それらの知識を組み立てて、投資判断を下すのが、「考え方」です。

情報は、ネット検索をすると
無料に近い形で沢山出てきますね。

株式ならば、多くの投資家が注目している
テーマ、各企業の業績等の情報は
ネット検索で手に入ります。

ですが、
今時点で発表されている業績が良い企業の株価は
既に高くなってしまっていることが多いので、

それらの株を不用意に買うと高値掴みとなる
ことがあるので、すぐに値下がりするリスクが高いです。

なので、投資についての情報は
より多く持つ方が望ましいのですが、
自分自身で判断する「考え方」
「判断する道筋」も重要です。

億トレーダー、評論家の先生方から
推奨銘柄を聴きたい投資家は多いのですし、
私が株式セミナーで求められるのは、
そういう情報です。

そこからもう一歩踏み込んで、
その銘柄がなぜ推奨されているのか、
いつが買うチャンスになるのかは
一口で言い切るのが難しいです。

だからこそ、私はそれらの情報を
お伝えしたいです。

株はバブル全盛期のように殆どの
銘柄が上がるケースが有り得ます。

一方で為替はある通貨が下がると別の通貨が
上がり、シーソーのように動きます。

為替は各通貨のバランス、
強さによりレートが決まりますね。

リーマンショック直後は日本も
不況になりましたが、それでも日本円は
買われ、円高になりました。

ですから日本の景気が悪くても
他の国の景気がさらに悪い、あるいは
相場に不安感が漂っていると日本円が
買われ、円高に動くことが多いのです。

このように為替でのファンダメンタルの
捉え方は国際的な視点から世界の経済バランス、
相場の雰囲気を知らなくはならないので、
おしなべて株の業績分析、ファンダメンタルよりも複雑です。

とはいってもFXを
恐れすぎることはありません。

海外お有名な投資家でも
国際経済のニュースを全て
素早く読み切ることは出来ません。

しかしながら、
世界のニュース、相場の地合いは
為替のチャートに現れます。

ですから特にFXではテクニカルと
チャートの読み方が大切なのです。

投資、特に為替ではチャートを読むことに
多くの時間を割くことをお勧めします。

不動修太郎

PS.
私の投資入門書には書いていない勝つ技術を
お伝えするセミナーですが、、、

特別価格でお申込みいただけるのは、
明日までです。

この日を過ぎると値上げをし、
現在の価格ではご参加できなくなりますので、

もしあなたがこのセミナーに興味があるなら
このチャンスを逃さず早めに
お申し込みされることをおすすめします。

https://j-i-s.info/j-i-s/minor0718m/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。