EUのアフター組?加盟国の関係性

2017.7.12
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

EUには、インナー6と呼ばれる盟主国があります。

EUの、いわゆるいいだしっぺで、
仏、独、伊とベネルクス3国がその6か国です。

他の22か国は、インナーに対して
アウターとはいいませんが、
アフターには違いありません。

特に英国は、最初から入ろうとしていたにもかかわらず
仏の反対があって参加できなかった経緯があります。

要するに仏英は、仲の悪い国なんです。

その割にはドーバー海峡を
トンネルでくり抜いて地続きにするなど、
大人の付き合いをしているのは
さすがの成熟さも持っています。

EUは28か国で構成されていますが、
いずれ英国が離脱するので1か国少なくなります。
しかし、EUに加盟を希望する国々はたくさんあります。

モロッコは早くからEU加盟の望んでいたし(1987加盟申請)、
トルコもEUの前身のEECと連合協定を締結し

1987年にEU加盟申請をするなど、
かなり前からEUへの加盟を望んでいました。

モロッコはアフリカ大陸であるという理由で却下され、
トルコは宗教上の嫌悪感もあって
アジアだからという表向きの理由をつけられて
加盟できずにいます(トルコはまだ却下はされていない)。

ところでトルコといえば
ギリシアと仲が悪いことで有名です。

食べ物も民族も似たようなものですが、
隣国同士だったこともあり、

歴史的にも宗教という
決定的なものが違うこともあって

御多分に漏れず戦争が多く、
やはり英仏のいがみ合いと似たものがあります。

先週から今週にかけて、トルコに滞在しました。
経済や相場の状況を自分の目で確かめたかったからです。

トルコは広大な国で、東側はISが
支配する地域と接しており
東側中心に国土全体の1/3は
テロが頻発するちょっと怖い地域です。

西側はブルガリア、ギリシアと接していて、
首都イスタンブールを中心に栄えています。

しかしサッカーの試合などは、
テロが怖いのでちょっといきづらい感じがあります。

丁度先週は、本田選手がトルコの
強豪チームに移籍するのではないかと
ニュースされましたが、

現地でもちょっとしたニュースに
なっていました(移籍話は流れたそうです)。

さて、相場の話にもふれましょう。

ギリシアやトルコは、
EU諸国の株式に比べ出遅れており、
案外割安なまま放置されています。

この半年の株式市場のパフォーマンスは上々です。
どちらの国もこの半年で15%以上、上げました。

EUの中でもスペインやイタリアは
総じて経済不安が理由で割安であったため、

その反動に加えEU自身が
盤石に見えてきた理由も手伝い
この半年はパフォーマンスは上々です。

特に5月まで一気に上げたのですが、
この2か月間は調整が続いており、
今から投資して間に合うかどうかは、
分析する価値があります。

こうした国々への投資は、
今後のユーロの強含みを予想する人には、
通貨ヘッジなしでインデックス買をいれることで
通貨と株の2重取りが期待できるでしょう。

それでは、また次回お楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
本気で儲けたい人だけ来てください。

なぜなら、ここでお伝えすることは
「億」を目指す人にだけ
知ってほしい相場の真実だからです。

興味のある方は今すぐチェック!

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170714/

関連記事

Pick Up!

One thought on “EUのアフター組?加盟国の関係性

  1. 勘違いだったとは思いますがトルコの首都はイスタンブールではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。