トレードを辞める日は近い

2018.3.6
Share:

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、トレードを辞める日を決めていますか?

「え?・・・何の話?・・・
いきなり、何言ってるんですか?」

と感じた人は、

現実を見ていない人か、計画性の足りない方だと思います。

少なくとも、

トレードが、勝率100%にならない論理ゲームである
ということを忘れている人です。

アルバイトのように、
安定して勝率100%で永続的に稼ぎ続けるもの

だと思っている人、多すぎます。

そんな意識でいるから、
毎日の勝敗や値動きにいちいち翻弄されるのです。

趣味やボケ防止でトレードをやる人は、
別にいいと思います。

カジノに行く感覚でトレードをしているなら、
大勝ちできれば儲けもので、

負けても「あーあ、やっちゃったぁ!」
で良いわけですから、

そんなに真剣に取り組むと
逆に、しらけますよね。

でも、

たった一回きりの人生、
何か目標があって、そのための資金調達のために
トレードをやっているなら、

今日の話はとても重要です。

・・・

=======

トレードを辞める日を決めることはとても大切です。

トレードを辞める日
=目標資産額に達する日

ということなので、
トレードを資金調達の「手段」と考えていないと
こういう発想にはなりません。

いいや、私は、一生トレードをしていきたいんだ!

という方、
それがいったいどういうことか
わかって言っていますか?

トレードは、
1回1回の勝率が絶対に100%にならない勝負

です。

ということは、

たとえ、勝率が90%だったとしても、

運がものすごく悪ければ、
連戦連敗がありえる

ということです。

そう、

トレードはもともと、
最悪の事態が起こるリスクを孕んでいるからこそ
大きなリターンを狙えるという戦場
なのです。

まさに戦場。

ですから、

私は、一生トレードをしていくんです!

というのは、

私は無敵の戦士になって、
一生、死ぬまで、戦場で戦い続けるんです!

と宣言しているようなものです。

どれだけ天下無双の戦士でも、

死ぬまで戦場に立ち続ければ、
いつか運悪く命を落とす、という気がしませんか・・・?

少なくとも、私は、
トレードをそういうイメージで捉えています。

ですから、一生通用する手法なんて
あるとは思っていません

もちろん、現在の相場状況で
ほぼ確実に資産を増やす戦略や手法はあります。

が、10年後も通用する!と
盲目に信じるほど、楽観的ではとてもいられないのです。

トレードは、投資のひとつですし、
その意味では、ビジネスも投資のひとつです。

ビジネスに置き換えて考えてみてください。

今、大企業だとしても、
50年後に大企業として生き残っていると信じられますか?

もしもそう豪語する大企業があったら、
そう言っている時点で、逆に無理、
と感じるのではないでしょうか?

何が起きるかわからない

と常に緊張感をもって戦場にいて、
不断の努力を続けて初めて
長い間、勝ち続けるという実績が生まれる

と思います。

ですから、究極の勝利というのは、

勝ち逃げに成功したとき

ではないでしょうか。

目標の資金額まで、なんとか漕ぎつけて、
トレードを辞めて目的を達成する

そう考えるのが

本当の意味での堅実な投資家
だと思います。

世界一の投資家と言われている
ウォーレン・バフェットは、
23年間、一年単位で無敗です。

つまり、毎年、資産を着実に増やし続けてきて
23年が経過したという状態です。

注目すべきは、
それが世界一であるということ。

ですから、我々個人トレーダーは、

5年~10年、
自分のトレード戦略が通用するうちに
勢いよく勝ちまくり、
相場のルールが変わらないうちに
勝ち逃げする

というシビアな意識でいるべきだと
私個人的には思っています。

スピード感と緊張感

やるなら、本気で圧倒的な集中力で
やりましょう。

中途半端に投資している人が多すぎです。

やるなら、超非凡を目指しましょう。

あなたは、人生の舵をどこに向けていますか?

何のためにトレードをしていますか?

(追伸)

タイトルの意味は、
私がトレードを辞めるという意味ではありません。

目標額に到達して、
現在のトレードがいったんゴールインする日が
見えてきた、という意味です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸2)
今回のブログを読んで、、、

本気で投資に向き合うと決めた方、
トレードの目的がはっきり定まった方、
集中による圧倒的な結果を手に入れたい方は、

私と一緒に超非凡な成果を目指しませんか?

トレードという戦場で生き残るために
あなたの中の本気を引き出します。

あなたの人生を一変させる特別講座を受講する方はこちらへ

The following two tabs change content below.
Mr.K
Mr.K
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専業トレーダー 2016年10月までは某大手企業に勤め、平日は朝8時から夜の22時まで働く現役バリバリのサラリーマンでありながら、1日わずか10分の作業時間で月利20%以上を安定的に稼ぎ出していた。 サラリーマンとして、大企業ならではの組織の力を使って世の中を変えることを目指しつつ、自らの資産形成のために2013年から株式トレードを始める。スタート当初は、様々な投資本や教材に手を出し、1000時間以上勉強するものの、全く結果が出ず、トレードを諦めそうになるまでに。最後に一大決心で本気を出し、9日間の夏休みを丸々使い朝9時から夜12時まで過去の株価チャートを見続けた結果、人間心理そのものが勝つトレードと逆行していることに気づき、それを逆手にとれば、株価は確率的に予測することができるということを発見する。 それ以降は、ローソク足と単純移動平均線だけを使った投資理論を確立する。株式トレードの勝敗を決めるのは、手法ではないという考えをもとに、勝つために必要な考え方を独自のトレード理論として言語化に成功。現在は、かつての自分と同じように株式トレードでなかなか結果を出すことができない人の役に立つべく、スクールでの指導や個別コンサルなども行っている。これまでに300名を超える指導実績と自身のコミュニティに100名近い参加者を抱える。サラリーマンから独立した現在は、世界規模でのビジネスに携わる他、研究機関と人工知能を用いたトレードシステムの開発を行うなど、その活動は多岐に渡る。

関連記事

Pic Up!

トレードを辞める日は近いへのコメント

    1. 中島妙子さん、コメントありがとうございます!

      トレードはシンプルな投資だと思っていまして、
      人生(の成功哲学)やビジネスも投資のひとつだと思っているので、
      トレードに言えることは人生やビジネスにそのまま当てはまります。

      詳しくは、現在公開中の動画セッションでもお話ししていますので
      ご覧いただけると嬉しいです。

      またコメントお待ちしております。

  1. Mr.Kさん
    今回も大事な気付きをありがとうございます。
    投資における現時点での目標は、ありましたが
    達成期日を決めていませんでした。

    何のためにトレードするのか。
    中途半端になっていないか。

    今回の記事を、
    もう一度よく考えるきっかけにします。

    1. 藤井さん、いつもコメントありがとうございます。

      世の中一般のトレード教育は、取り組み姿勢から骨抜きにされている気がしているのです。
      そもそもの意識、姿勢、本気度、緊張感、そういったものをしっかり持つことができれば、全員の実績底上げになると思って今回の記事を書きました。

      ぜひ、真剣にご自身に問うてみてください。

  2. 先生、いつも喝を入れていただきありがとうございます。
    毎回、とても有り難いです。
    精進してまいります。

  3. 世良 洋昭
    2018.03.07 06:45

    Mr.kさん
    きびしい、的確だと、共鳴しています。
    ホームトレーディングを、開始する前に、まだやらなければ、ならないことが、あったようです。
    先日、投資顧問会社さんから、電話をいただき、お願いすることにしました。
    なんとか、トレーディングを、追い求めて、いけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。