レバレッジ=危険は本当?

2018.10.24
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

「レバレッジは少ない方が良い」
「安全のためにできる限り低レバで」

と言う考え方はやはり、
広く浸透しているようです。

セミナーでは
「私はレバレッジ1倍で取引したいと
思いますが、いいですか?」

というご質問をよくいただきます。

私はもちろん限界ギリギリの
レバレッジで取引をしたい。

とは思いませんが、

しっかり利益を出していくためには、
ある程度レバレッジをかけることが必要
思っています。

例えば、今現在1ポンド=150円だとします。

この時、レバレッジ1倍で
1ロット(1万通貨)の取引をするために、
証拠金はいくら必要になるでしょうか?

正解は、「150万円」です。

取引の際はレバレッジを
自由に決められるものではなく、

取引量と証拠金額の
比率によって決まります。

最小単位1ロットの取引をするのに、
いきなり150万も必要となったら
敷居があまりにも高いですよね。

ところが、日本では最大25倍まで
レバレッジをかけることができますので、
ここでレバレッジ25倍をかけたとすると、

150万 × 1/25 = 6万円

上記の計算により、最低6万円あれば、
1ロットの取引が可能になります。

流石に6万でギリギリのトレードは
お勧めしませんが、

私は証拠金10万に対して1ロットで
取引をしていますので、レバレッジ15倍程度
で取引をしていることになります。

(その時のレートによってレバレッジは変わります。)

ちなみに、
「レバレッジ15倍で1ロットの取引をする私と、
レバレッジ1倍で1ロットの取引をする人」

という2パターンの2人がいた場合、

もし、2人とも20pipsの利益を得たとすると、
利益額は2人とも2,000円です。

レバレッジはあくまで
取引量と証拠金額との比率なので、

利益や損失が倍増する仕組み
ではないということです。

なので、1回の取引に
どれだけの利益が出るのか、
または損失が出るのか、

予めきちんと把握しておけば、
レバレッジが何倍かどうかは
そこまで重要ではありません。

確かにレバレッジをかけすぎることは
危険なことかもしれません。

しかし、リスクをきちんと管理した上で
レバレッジをかけるのであれば、

レバレッジは資金を
効率よく増やしていくための
大きな助け
となります。

皆さんも単純に「レバレッジ=危険」と
考えるのではなく、

「上手く付き合って
利用すれば便利なものだ」
という考えを持っていただければと思います。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
株式投資で資産形成したい…
という目標がある方へ

最短距離で実現させる「急騰株」の
攻略法をこちらで手に入れることができます。

無料なのでまずはお席の確保を。

http://japan-i-school.jp/jim/181026_27seminar/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!