成果を出す成功哲学

2018.12.18
Share:

From:Mr.K
ハワイのコンドミニアムより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

ーーーーーーーーーーーー
大好評!Mr.Kラジオの
第6話を公開しています!

http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_6/
ーーーーーーーーーーーー

もうすぐ2018年も終わりですね。

今年はどんな一年になりましたか?

私にとっては、
2018年は過去最高の一年に
なりました。

CLEAR TRADEコミュニティは
約100人まで拡大し、

参加者の方たちと
日増しにレベルの高い
対話も実現しています。

本当に素晴らしい方が
全国から集まってくださり、
私は感謝しかありません。

コンテンツとしては、

ブートキャンプという
合宿形式のプログラムも、
生み出すことができました。

FXに特化したプログラムも
現在進行中です。

大阪と福岡でのセミナーも、
何度か実現しました。

人工知能の研究も大幅に進み、
世の中の常識を覆すロジックは
すでにいくつか完成しています。

プライベートでは、
なんと言っても、
先日、ハワイで娘が生まれ
無事にアメリカ国籍を取得しました。

ホノルルトライアスロンにも
参加して完走しましたし、
現在は、3ヶ月ハワイに住むことも
できています。

この他にも、
実は書ききれないほど
大きく前進した一年でした。

少し早いですが、
支えていただいている
すべての皆さんに、
心から感謝を申し上げます。

ということで、

今回のブログは、
趣向を少し変えて、
Mr.Kラジオの特別版を
お送りします。

テーマは、、、

======

「行動を進化させる方法」です。

2018年の前進を
作り出した背景には、
私の成功哲学があります。

その一つをお話します。

Mr.Kラジオ(第6話)
http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_6/

■参考までに:

年末年始のトレードについて、
アドバイスさせていただきます。

年末は、ポジションを
エグジットしていき、
年始に持ち越さないことを
オススメします。

理由は、
年始は前年までの
価格遷移の連続性が低いため、
ギャンブルになってしまうからです。

また、年始も、
しばらくはエントリーせずに
様子見をすることを
オススメします。

過去のチャートを見ると、
1月の最初にポジションをとって
良いことがほとんどないからです。

つまり、年末年始は、
ポジションを抜いていき、
2018年のトレード整理と、

来年の戦略立案に
集中できるということです。

GOOD TRADE!!

Mr.K

PS.
お待たせいたしました。
私のトレード成功方程式を凝縮した、
オンラインセミナーを開催します。

投資において、これほど具体的に
解説したコンテンツは
存在しないかもしれません。

過去に参加いただいた方の
満足度92.8%という驚異の数字から、
納得いただける内容だと自負しております。

期間限定の特別なセミナーなので、
奮ってご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/bcvl3_op1/

The following two tabs change content below.
Mr.K
Mr.K
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専業トレーダー 2016年10月までは某大手企業に勤め、平日は朝8時から夜の22時まで働く現役バリバリのサラリーマンでありながら、1日わずか10分の作業時間で月利20%以上を安定的に稼ぎ出していた。 サラリーマンとして、大企業ならではの組織の力を使って世の中を変えることを目指しつつ、自らの資産形成のために2013年から株式トレードを始める。スタート当初は、様々な投資本や教材に手を出し、1000時間以上勉強するものの、全く結果が出ず、トレードを諦めそうになるまでに。最後に一大決心で本気を出し、9日間の夏休みを丸々使い朝9時から夜12時まで過去の株価チャートを見続けた結果、人間心理そのものが勝つトレードと逆行していることに気づき、それを逆手にとれば、株価は確率的に予測することができるということを発見する。 それ以降は、ローソク足と単純移動平均線だけを使った投資理論を確立する。株式トレードの勝敗を決めるのは、手法ではないという考えをもとに、勝つために必要な考え方を独自のトレード理論として言語化に成功。現在は、かつての自分と同じように株式トレードでなかなか結果を出すことができない人の役に立つべく、スクールでの指導や個別コンサルなども行っている。これまでに300名を超える指導実績と自身のコミュニティに100名近い参加者を抱える。サラリーマンから独立した現在は、世界規模でのビジネスに携わる他、研究機関と人工知能を用いたトレードシステムの開発を行うなど、その活動は多岐に渡る。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。