2019年の相場展開を予想します【前編】

2018.12.19
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

一ヶ月以上海外に
出張していましたが、

日本に帰ってみると、
ひどく寒くなっていました。

帰ってきてさっそく
食べたいと思ったのは、寿司です。

普段は、出張から帰ると
シャンパンを飲みながら
チーズでもつまんで、

郵便物を整理しますから、
少し長い出張だったかな、
と思いました。

さて、もう、いくつ寝ると、
クリスマス。
そして、お正月ですね。

世の中はすっかり
年末モードになっています。

今年はいろいろな
イベントがありました。

来年も、すでにわかっている
イベントがあります。

グローバルにはブレグジットや、
米中などが継続中というところですね。

ですが、今回は日本に限定して
取り上げます。

何といっても、
第一は新天皇即位です。

その他、来年の5月まで
さまざまなニュースやイベントで
盛り上がることでしょう。

改元による特需もあると思います。

昭和天皇から平成に移行する時は、
いつか決まっていませんでした。

この時は、証券業界では
昭和天皇が崩御する日をXデーと称して、

結果として決まった
1989年1月7日を、
ただただ待っていたのです。

そのため、新しい元号への
移行シミュレーションを
水面下で進め、

いつXデーが来ても良いように、
いざ鎌倉、ばりに準備していたわけですが、

今回は当時と異なり、
スムーズなインヘリタンスが
予定されているので、

なんだかんだで、
気運も良くなるでしょう。

連休も特別に長くなるので、
海外旅行をはじめとして、
個人消費にも貢献することでしょう。

相場的には5-6月は
良くなっている可能性が
高いと思います。

その頃には、
既に2018年度は終わり、
2019年度に入っています。

ちなみに、2018年度は、
戦後最高の利益を上げた2017年度を、
さらに上回る事が確実です。

つまり、戦後最高の利益を、
さらに更新するであろう、

ということです。

うまくいくと、
10%程度の増益まで
届くかもしれません。

そして、
大手シンクタンクの予想では、

2019年度は、その2018年度の
利益に対して、プラス成長を
見込んでいます。

要するに、来年度も
成長率は鈍るものの、増益であり、
景気が良い状態が続くことになります。

言い方を変えると、
景気上昇に陰りが
見えるという事になりますが、
上昇には違いありません。

今日の株価水準は、
決算内容に対する評価が厳しく、
マーケットは警戒しているわけですが、

これは、今後の業績下方修正を
織り込み始めているとも言えます。

しかし、現段階では、
来年の見込みは明るく、

悲観的なリスク織り込みは、
過度に過ぎる、ということにも
なるでしょう。

もうひとつ、2019年で
絶対に外せない別の要素がありますが、
来週に掘り下げる事にします。

では、また次回。

奥村尚

<編集部のオススメ>
乱高下激しい相場に
多くの個人投資家が退場する中、、、

月収100万円以上の利益を
叩き出す人が続手中の
トレード理論を限定公開。

あなたの相場勘が崩壊しても
いいなら、残席も残り少ないため
今すぐお席の確保をお願いいたします。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1812/

関連記事

Pick Up!

2019年の相場展開を予想します【前編】へのコメント

  1. 年末には、株価は2万3千円~2万4,5千円に行くようなノンキな事言ってましたが、本当に適当、いい加減ですね。
    ガッカリだ。

    1. ご連絡ありがとうございます。
      訂正させていただきました。

      ジャパンインベストメントスクール運営事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。