急に株が売買できなくなったら…?

2018.12.24
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

 
こんにちは、堀北晃生です。

2018年10月9日の午前7時半過ぎに
東京証券取引所のシステムに障害が発生し、
約40社もの証券会社経由で
株の発注ができなくなりました。

この日の混乱を覚えていらっしゃいますか?

実際に経験した、
という方もいると思います。

よく知らないという方は、
・もし、あなたが持っている株が
売れなくなってしまったら…
・もし、あなたが買おうと持っている株が
買えなかったら…

とイメージしてみてください。

経済的なダメージは大きいですよね。

この10月のシステム障害は、
証券会社の発注システムと
東証の取引サーバーをつなぐ回線に
障害があったようですが、

このようなシステム障害は、
予期せぬ原因やトラブルによって
いつどこで引き起こされてもおかしくありません。

 
 
■ 発注障害になった場合の対処方法

先に紹介した例では、
東証のシステムエラーによって
売買発注ができない障害が発生しましたが、
実はこういった事例は多くあります。

東証以外にも、
証券会社のシステムのエラーによって
売り買いが出来なくなる場合もありますし、

その他細かいエラーによって、
通常できる取引が
できなくなってしまうこともあります。
 
万が一、自分が持っている株が
売り買いできなくなったら
どうすればいいのか?

 
証券会社に問い合わせたところ、
以下の回答でした。

「ネット注文に障害が発生した場合は、
必ずコールセンターに電話で対応を求めてください」

通常、ネット上で株を売り買いすると、
安いコストで売買が可能となります。

しかし、何かしらの障害によって、
オンラインでの売買が
できなくなってしまった場合は、

必ずその証券会社の
コールセンターに連絡しましょう。

ネット注文ではできないが、
電話注文なら可能ということも
場合によってはあるようです。

 
人間は誰しも、
通常できるものができなくなると、
異常事態という焦りを感じます。

そして、冷静な判断が
できなくなることがあります。

特に大きな含み損を抱えているなら、なおさらです。

しかし、たとえ「異常事態」であっても、
資産が重要な価値を持つということには
全く変わりがありません。

大切な資産に影響を及ぼさないために、
万が一のトラブルに備えて
対応策を立てておくことを
おすすめします。

 
今後はよりいっそうのIT化によって
ますますシステムに
依存するような社会となることが予想されます。

しかし、世の中に完璧はないということは
必ず想定しておくようにしましょう。

事前の心構えが、
いざというときの冷静な判断につながります。

 
 
掘北晃生
 
 
追伸:

本日はクリスマスイブですね。
みなさんはどんなことを願いましたか?

朝目覚めるとサンタクロースが枕元に
プレゼントを置いてくれることを信じ、
心踊る思いで眠りについた幼少期を思い出します。

メリークリスマス。
素晴らしい聖夜をお過ごしください。

 
追伸2:
チャートを見ずに、
80%の勝率で取引できる手法があるのですが…

実はこれをまとめた書籍を
販売しています。

そんなうまい手法なんてない、うそだと思った方も、
騙されたと思って
まずはコチラのリンクをクリックしてください↓
http://japan-i-school.jp/jim/hkt_bookn/

関連記事

Pick Up!

One thought on “急に株が売買できなくなったら…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。