【驚愕の事実】トレードは投資ではない

2019.1.29
Share:

From:Mr.K
大阪の帝国ホテルより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

CLEAR TRADEコミュニティの
月例授業のために、大阪に来ています。

よく勘違いされるのですが、
トレードは投資ではないと思います。

資本主義社会において、
おカネの稼ぎ方は
大きく4つあると言われています。

・従業員
・自営業
・ビジネスオーナー
・投資家

「キャッシュフロークワドラント」
とGoogleで検索すれば、
色々な説明が出てきますので、
詳しい説明はそちらに任せますが、

この分け方で言う
「投資家」の条件には、
トレードは当てはまりません。

投資家になりましょう~
なんて言うと聞こえがいいので
よく広告などで使われる
のだと思いますが、

あなたがトレードで
成功したいのであれば、

トレードは投資ではない
ということを理解することが
非常に効果的です。

どういうことかと言いますと、、、

=======

先ほど4つの稼ぎ方を
もう少し分析すると、

・従業員
→時間でお金を稼ぐ人

・自営業
→能力でお金を稼ぐ人

・ビジネスオーナー
→チームでお金を稼ぐ人

・投資家
→お金でお金を稼ぐ人

と言い換えることができるのです。

私はもともと会社勤めの
サラリーマンでしたが、

サラリーマンというのは、
金額の差こそあれ、
何時間働いたかで給料が決まります。

昇進していけば、
時給が高くなりますが、
働く時間を半分にしたら
給料は半分になってしまいます。

これが、時間で稼いでいる
という意味です。

対して、

社長や役員は違いますよね。

働く時間とは関係なく
収入が決まってきます。

どれだけ一生懸命に
長時間働いたとしても、
利益が出せなければ、
収入は0です。

一方で、賢く利益が出せるなら、
極端な話、出勤しなくてよい。

時間ではなく能力によって
収入が決まっているわけです。

では、
会社のオーナーや出資者は
どうでしょうか?

将来有望な会社を
会社ごと買ったり、

優秀な人に出資をして
ビジネスが大きくなったら
利益の一部をもらう、

という構造で稼いでいます。

この種類の人たちは、
その人個人の能力ではなく、
出資した先のチームが
稼ぐ源になっていますよね。

ですから、

出資したチームが優秀なら、
自分は何もする必要がないわけです。

時間で稼いでいるわけでも、
自分の能力で稼いでいるわけでもなく、
チームの力で稼ぎが決まっています。

では最後に、
お待ちかねの「投資家」は
どうでしょうか?

ここで言う投資家というのは、
「お金でお金を稼ぐ」タイプです。

一番簡単なものは、
国債を買うというようなことでしょう。

お金が必要なところに
お金を出してあげて、
利息で自動的に稼ぐことができます。

本人は何もする必要がない
というのがポイントです。

必要なのは、
お金と先見性だけ。

お金を出したら、あとは、
時間が経つのを待つだけです。

そういう意味では、
株式投資の長期投資は
投資家の部類に入りますね。

と、ここまでの説明を振り返って、
いわゆるトレーダーは
4つのうちどれに当てはまるでしょうか?

投資家?

いえいえ。

お金はもちろん必要ですが、
待っているだけではないですよね。

値動きをチェックしたり、
チャートを分析したり、
企業の業績を分析したり、
銘柄を探したり、、、

そして、利益を出すためには、
先見性だけというより、
もはや技術が必要なわけです。

そう、技術です。

技術:スキル・能力

ですから、
技術で稼ぐトレードは
「自営業」に入ると思います。

技術が高ければ高いほど
稼ぎが多くなるタイプです。

このタイプの例として、
先ほどは「社長」を挙げましたが、

・医者
・弁護士
・コンサルタント

といった人たちも
同じタイプです。

医者の収入は、
そのお医者さんの
腕によって決まってくるでしょう。

スーパードクターは
桁違いに稼いでいるはずです。

弁護士もコンサルタントもそうです。

何時間働いたかは関係なく、
成果によって報酬が決まります。

トレーダーも同じですよね?

投資と言うと聞こえはいいですが、
実際にやっていることは
テレビゲームと変わりません。
(語弊があったらすみません)

チャートやその他の情報を見て、
パソコンのキーボードを
叩くことによって利益が出ます。

この話がなぜ重要かというと、

多くの個人トレーダーは
自分が投資家だと勘違いしていて
技術研鑽の必要性を
全然わかっていないからです。

「どの株が上がりますか?」

という質問はそれを良く表しています。

先が読めれば勝てるわけではない、
ということに気づいた方がいいですよ。

上がるかも、、、と思った銘柄が
後から見たら本当に上がっていた

という経験は
誰しも持っていると思います。

じゃあ、その株で利益が
出せたのかといえば、

・途中で売ってしまった
・下がったときに損切りした
・入らず見ているだけだった

みたいなことになっているんです。

値動きの成長性だけを
予測しようとしても、
それだけでは勝てないんです。

だって、投資じゃなくて
トレードしているわけですから。

・売買注文の技術
・資金管理術
・分散投資術

といった技術が別で必要です。

すごく稼いでいるトレーダーは
もはや「職人」です。

トレードで稼ごうとするなら、
楽して稼ごうとせずに、
技術力の向上に取り組みましょう。

そう意識しているだけで
毎日の姿勢が変わり、
売買実績も変わってきます。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のおすすめ>
一部の勝っているトレーダーのみが知る
「相場観」をあなたは知っていますか?

ただ勝つと言っても
その価値はなんと億、、、

そんな秘匿性の高い情報を、
7名にのみお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1902/

関連記事

Pick Up!

【驚愕の事実】トレードは投資ではないへのコメント

  1. 森永卓郎さんの言うとおり、日銀にもっと株を買い支えてもらう。そして、アメリカのヘッジファンドを排除する。いくら日銀が買い支えても、専業のアメリカのヘッジファンドが利益を独占してしまう。兼業の素人はだめだ。

  2. Mr.k様

    この度も、沢山頷きながら、読ませていただきました。

    投資家とトレーダーの違いをしっかり考えたこともない自分が恥ずかしく思いました(>_<)

    チャートを見ながら利益を上げる。。それは「スキル」ですね。

    トレーダーと言えるスキルを身に付けるべく、楽しんでチャートを学びます☆

    チャートには色々なものが表れていて面白いですね(*^_^*)

    Mr.k様。。御家族様が、益々、輝かれますように☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。