上手なチャート使いこなし術

2015.9.28
Share:

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

おはようございます。
不動です。

東京オリンピックは前途多難ですね。

権威を持った人達がこっそりと重要なことを決めて
後でマズイ事が明るみに出たとしても責任を
取らない体制が良くないように思いますね。

前回の東京オリンピックは
どうだったのでしょう・・・?

1964年の東京オリンピックは、
史上始めてアジアで開催された夏の大会でした。

その大会の陸上の棒高跳びでは
ベリーロール、正面跳び、挟み跳び、
色々な跳び方がありました。

当時は、まだ背面跳びが無かったので、
多くの跳び方があったようです。

その後、背面跳びが発明され、最も合理的な
跳び方であることが証明されました。

今ではご存じのように全ての棒高跳び選手は
背面跳びで跳躍します。

世の中には、色々な手法があり、
その中から自分が良いと思う方法を
選ぶ分野もあるでしょう。

棒高跳びのように、これだ!
という一つの手法に集約する分野もあるでしょう。

では、FXはどうでしょう?

テクニカルには多くの手法がありますが、
もしもそれらの中で最も優れた手法があるとするならば、
棒高跳びと同じでただ一つの手法だけになるはずです。

今現在、テクニカルに多くの手法があるということは
各々の手法に一長一短があるという事に他なりません。

ですから、
テクニカルの手法それぞれの長所と短所を
知った上で、2、3種類の手法を使って相場を
予想すればいいということです。

テクニカル同様、トレードには欠かせない、
チャートソフトも同じことが言えます。

前回の記事で、移動平均線を3本使う手法を
ご紹介しましたが、チャートソフトの中には、
移動平均線を3本表示できないものもあるんです。

これから、誰でも無料で使えて、分析もしやすい、
メタトレーダー4(以下、MT4と略します)を
ご紹介したいと思います。

日本のFX業者の中にはMT4から
発注できるところもありますが、
全体の中では少数派です。

そんな時は、PC画面上にMT4も同時に表示して
MT4のチャートで売買判断をして、注文は、
手数料の安い、業者からしてください。

この方法は、FXに限らず、
株のトレーダーさんも
よく使う方法ですね。

ぜひ、良いとこ取りをして、
便利にトレードして下さいね(笑)

それでは、MT4で1つのチャートに3本の
移動平均線を表示する方法をお伝えします。

まず、ツールのウインドウから
Moving Average を選び、
チャート上にドラッグ 。

図1 (4)
【図1】

ウィザードウインドウの中の設定を
例えば、期間を5、 スタイルをRedに変更

図2 (4)
【図2】
その後、設定したウィザードのXマークを
クリックして閉じると移動平均線が表示されます。

図3 (2)
【図3】

同じような作業をあと2回繰り返すと
3本の移動平均線が表示されます。

便利な道具を使うことで、
トレードの時間はもちろん、
精度まで変わってきます。

これはいいな!

と思うことは、どんどんお伝えしますので、
ぜひ、良いとこ取りをして、快適なトレードライフを
送って欲しいと思います。

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

少しでも多くの方がもっと便利に
トレードできますように☆

ポチポチっとクリックお願いします。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。