不動流9月の相場展望

2015.8.14
Share:

こんにちは。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
マレーシアより、、、

不動です。

私は、今週も
マレーシアに居ます。

先日は、インド料理を
頂きました。
↓↓
JIS-不動-01

JIS-不動-02

マレーシアは、アルコール飲料、
タバコへの税金が高いので、
意外と日本より高くなってしまうんです。

意外ですよね(笑)

他にも驚いたことが・・・

かつて私の部下だった
若いマレーシア人は
ボルネオの出身でした。

ボルネオはマレーシアと
インドネシアが国境を接する
大きな島ですね。

そのマレーシア人が言うには、
彼のおじいさんはヘッドハンター
だったそうです。

日本でヘッドハンターというと
依頼者を別の会社への転職の
世話をして成功報酬を貰う人の事ですね。

昔のマレーシアに
そんな仕事があったのかと
思って良く訊いてみたら、、、、

ヘッドハンターの元々の意味でした。

そうです。

その人のおじいさんは
「首狩り族」だったのです。

私は相場の予想だけでは無く、
「なぜそのようにできるのか?」を
皆様にお伝えしていきます。

相場で『勝ち続ける』には、その場限りの
手法や分析法ではなく、しっかりした情報を
仕入れて、正しく予想する道筋を持つことが大事ですね!

さて、アメリカでは、国民の雇用、
つまり働き口を用意する事は
政府の役割の一つです。

もし仮に失業率が高くなってきたら、
大統領と議会は失業率を下げる
政策を出さなくてはなりません。

そのアメリカでは、労働省が
毎月一回、国民に労働に
ついてのアンケートを取っています。

そして、次の月の第一金曜日に
「雇用統計」として集計結果を
発表しています。

この内容により、アメリカの経済政策は
大きく変わる可能性があるので、
全世界から注目されているのです。

先週の金曜、7日に最新の
雇用統計が発表されました。

雇用統計では、20種類以上のデータが
発表されますが、特に注目されるのは、
失業率と就労者数の増減です。

今回の失業率は5.3%で前月と同じ変わらず、
季節変動が大きい農業分野を除いた就業者数は、
前月比で21万5000人増加と順調でした。

平均の給与水準も
悪くなっていません。

結論を言いますと!

アメリカの雇用状態、
ひいては実態経済は
上向いてきていると言えます。

そこで、、、

9月の雇用統計の結果が良ければ、
9月の中旬にアメリカが政策金利を
上げる可能性が出てきました。

もしそうなれば、
アメリカ政府は公式に景気が良くなったと
認めたことになるので、アメリカの株価は
上げるでしょうね!

そして、
その場合には、アメリカの株価と
景気の影響で日本の平均株価は
ある程度は上がると見ています。

一方で、利上げにより今まで途上国に
投資されていた国際的な投資マネーが
日本と米国に向かうので、途上国の
株価は下がるでしょうね。

仮に9月にアメリカが利上げを
しなかったとしても10月以降、
年内には利上げの可能性が強いです。

ですから今からアメリカ、日本の株や、
平均株価に連動する投資信託を
仕込んでおくといいでしょう。

一般には、金利を上げた国の
通貨は買われるために高くなります。

ですから、アメリカが金利を上げるならば、
ドル高、円安に動くと予想できますね。

このように、情報をきちんと
分析する力をつけていって
欲しいと思います。

不動修太郎

 

本日も最後までお読み頂き
まことにありがとうございます。

9月にはさらに、日本の株価も上がりますように、
ブログランキングクリック、ポチッとお願いします!
↓↓

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。