不動流トレードスタイル発表!

2015.12.3
Share:

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

これまで、テクニカル分析の方法、
使い方をお伝えしてきました。

本日は、あなたが気になるところ・・・

実際にどのようにエントリーして、
利益確定していくのか?

私なりの売買のコツをお話します。

これまでの相場経験から
為替が8割以上の確率で
上がるだろう!

もしくは逆に下がるだろうと
思える時だけエントリーする
事にしています。

これが、私にとって
一番大切な売買の鉄則です。

というのも・・・

昔の私は、
なんとなくFXのポジションを持ち、
暫くたつと、エントリーした理由を
忘れてしまうことがありました。

そのような売買を繰り返していると
いつまでたってもFXの腕が上がりません。

なんとなくでは、勝てませんし、
もちろん成長もしません。

では、どうしたのか?

エントリーする時に、
必ずその予想理由をメモに
書き残すようにしたのです。

その予想理由が崩れてしまったら、
損切りすることになります。

これが長い目で見て大きな
損失を抑えることになるのです。

また、きちんとメモを残すことで、
根拠を持ってトレードができます。

たとえ損切りになったとしても後からしっかり
検証ができるので、相場予想の精度が上がり、
相場経験を積むことができるのです。

これが、スキルアップの
ポイントです。

では具体的に
相場を考えてみましょうか。

たとえば、これから、
ある通貨が上がりそうだと
予想したとしましょうか?

ここで、
長期的にも短期的にも
上げ相場であることを
しっかりと確認しましょう。

それから、買いポジションを持ちましょう。

151203図1
【図1】

さて、ここで上の図1を見て下さい。

為替は安値を結んだ赤のサポートラインと
高値を結んだ青線のトレンドラインの間で
動くことが多いものです。

為替、株等の相場では、
このようにチャートの上に直線を引いて
相場の動きをきちんと調べることが大切です。

上のチャートでは、
山、谷ともに上昇しているので、
上げ相場であると言えますね。

仮にあなたが、
時間足で取引をしているのであれば、
日足、週足等のチャートも確認し、
長期的な流れをつかんでおいた上で、
その流れに乗って売買をしましょう。

上のケースでは、短期的には少し下がり、
これから上がりそうなAの時点で
エントリーするのが良いですね。

利益の目標は、
トレンドライン近くのBになります。

その後、為替が予想通りに動き、
Bの近くまで上昇したとします。

その後の展開は、図2を見て下さい。

151203図2
【図2】

長期的に上げ相場なので、時には、
BからCへと上がることもあるのですが、
逆にBから下がってしまうことが多いので
決済するかどうか迷いますね。

そこでBでいったん利益を
確定する事をおすすめします。

もし、その後、
図2のように、さらにレートが上がる場合には、
もう一度買い、Cまで上昇する流れに乗れば、
儲けを大きくすることができますね。

ポジションを持ち、ある程度の含み益が出ても
決済せずにぐずぐず迷っていると相場が反転して
せっかくの利益を逃してしまうことがあります。

迷ったときは、逃げてしまいましょう。

まずは含み益があるうちに決済し、
いったんは利益を確定します。

相場の勢いを見て、上がりそうであれば、
さらにもう一度エントリーすればいいのです。

このように細かく利益を積み上げ、
相場に勢い(トレンド)が出たら、
それにうまく乗って利益を大きく伸ばすことにより、
相場の勝率を上げ、儲け続けることができます。

不動修太郎

 

街角にはジングルベルが
鳴り響き、年末の雰囲気が
色濃くなってきていますね。

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

今日もクリックお願いします。
↓ ↓

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。