意外と間違って使っている「ボリンジャーバンド」

2015.10.19
Share:

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

さて、今回はボリンジャーバンドの話の続きです。
前回までのお話しは一番基本的な予想の仕方でした。

図1
【図1】

このチャートで上の赤い曲線が+2σ、
下の赤い曲線は-2σです。

ボリンジャーバンドでは値動きが
+2σの曲線に近づいたら買われすぎ圏内なので、
そろそろ売りが増えると見て売る。

逆に-2σの曲線に近づいたら、
売られ過ぎているので、買いが増えると予測して
買うというのが基本ルールです。

ここで次のチャートを見てください。

図2
【図2】

最初のチャートに基本ルールでの
売買のタイミングを書き込んでみました。

前半はこのルールでいいですが、
後半はどうでしょうか??

図3
【図3】

このチャートでオレンジ色の
破線のところをよく見てください。

この時期にはボリンジャーバンドの
曲線がすべて上向きになっています。

しかもローソク足の値動きが+2σの
赤い曲線の上に沿って動いていますね。

これをバンドウォークといいます。

+2σ付近にきているので、
買われ過ぎているので、
そろそろ売られるはすですね・・・

ですが、+2σのラインの上に
沿って動いている・・・

それだけ、買いの勢いが強いということです。

つまり、相場に上昇トレンドが
出ているということです。

このようにトレンドが出ているときは、
出ていない時とはまったく
逆の見方になります。

つまり、ローソク足の値動きが
+2σの曲線の上を動いていたら
上昇トレンドなので買い!

逆にローソク足が-2σの
曲線の上を動いているなら
下降トレンドなので売りです。

バンドウォークが出現しているときは、
おおよそ、強いトレンドが出ているときですから、
トレンドに乗れば大きな利益を取ることができます。

ぜひ、バンドウォークを見かけたときは、
トレンド系も確認して利益を取りにいきましょう!

このように、
オシレーターの指標は、ハッキリした流れ、
トレンドが出ている時とそうでは無い時には
違う判断をしなければいけません。

それだけに使いこなすのにちょっと、
判断を間違えやすいですね。

初心者の方は間違えやすいのですが、
お伝えしたように、バンドウォークなどは
大きな利益を取るチャンスになります!

ですから初心者のかたはオシレーター系だけでは
なくて移動平均線などのトレンド系を合わせて
参考にすることを薦めています。

オシレーター系とトレンド系を
組み合わせることで、格段に
勝率が上がるでしょうから、
ぜひ、挑戦して下さい!

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

みなさんがオシレーター系と
トレンド系両方の指標を
使いこなせますように!

ポンポンっとクリックお願いします。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です