【音声解説】短時間で効率良く銘柄を選ぶ秘訣

2019.8.13
Share:

From:Mr.K
都内の書斎より、、、

おはようございます、Mr.Kです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
Mr.Kラジオ|短時間で効率良く銘柄を選ぶ秘訣
限られた時間を有効活用しましょう!
http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_17/
ーーーーーーーーーーーーーーー

実は最近、頼まれて
他人の資金を運用しているんです。

最初はやる気がまったくなかった
のですが、

ちょっと色々ありまして、
あまりに依頼主が困っているものですから、

「じゃあ、期間限定でやりますよ」

と言ってしまったんですね(ちょっと後悔)

でも、人生というのは
すべての出会いに意味があるようで、
この依頼から大きなものを得たのです。

まず、第一の発見は、

ーーーーーーーーーーーー
他人のお金を運用すると
パフォーマンスがUPする!
ーーーーーーーーーーーー

ということです。

なぜかというと、
失敗できないからですね。

自分の資金だと、
自分で作ったルールを
極たまに破ってしまうことがあります。

破ったらダメだとわかっていても
人間ってリスクを犯したい欲が
あるんですよね・・・

で、後悔&猛省する(笑)

でも、他人のお金を運用すると
次のような効果が働くことに
気が付いたのです!

これは自分のトレードにも
活かせると思ったのでシェアしますね・・・

======

他人のお金を運用することで
得られるメリットとしては、

ーーーーーーーーーー
・他人のお金=失敗できないので、
ルールを遵守できる

・大きく勝つことより、
大きく負けないことに集中できる

・相当自信のあるところ以外では
トレードしなくなる

・人のために役立っているという
自尊心の向上
ーーーーーーーーーー

といったものがあります。

で、1ヶ月運用してみて
体感としてわかったことは、

今までの自分のトレードも
まだまだ甘かったということ。

と同時に、結構安定して
利益って出し続けられるじゃん、
という実感です。

そう、

今までより実績が高くなっている
ということが起きたんですよ!

なんでかなーと考えると、
一番大きいのはやっぱり、

■大きく負けられない

ということだと思います!

ルール上、1回に出してもいい
最大の損切りが決まっていて、

それを超えられないので、
大きく負けることが皆無です。

そうなると、
資金が増えちゃうのは
数学的に時間の問題なんです。

改めて、資金管理の重要性と
その威力の大きさを体感しました。

次に大きいのは、

■ポジポジ病が撲滅できる

ことですね。

発見したのですが、

他人のお金だと、
変なところでポジションを持つと
自分が緊張するんです。

手に汗握る状態になる。

で、ハッとするわけです。

「あれ、俺緊張してるぞ?」

なんで緊張するのかと言えば、
それは先の予想が当たるか
あまり自信がないからだと。

ということは、
緊張したことを自覚したら、
すぐさま手仕舞うんです。

だって、

勝率があまり見込めないときに
ポジションを持っている、
という証明なわけですから。

もっとも未来が読めるときだけ
トレードした方がいいからですね。

というわけで、

他人のお金を運用している人が
なぜそんなことをするか
理解できた1ヶ月でした。

さて、今日のラジオは、

「トレードに割く時間がない!」

という人に是非聞いていただきたいです。
結果を出すために常識をお話ししています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
Mr.Kラジオ|短時間で効率良く銘柄を選ぶ秘訣
限られた時間を有効活用しましょう!
http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_17/
ーーーーーーーーーーーーーーー

Mr.Kラジオでは、質問を募集中です。

トレード以外のことでも
なんでも質問お待ちしています。

ラジオの視聴ページに
質問を投稿するリンクがありますので
気軽に投稿してみてください。

【注意】
Mr.Kラジオは予告なく終了する
可能性があります。

聞きたいことがあれば、
先延ばしにせずに
今、質問を投稿してください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
8/28(水)にシリーズ第3回
レジェンドトレードセミナーを開催します。

予測が外れることはプロでも
当然あります。

その時、10年以上実績のあるトレーダーは
どのような思考で回避しているか
私が解説しますので、ぜひお越しくださいね。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarle_1908/

関連記事

Pick Up!

【音声解説】短時間で効率良く銘柄を選ぶ秘訣へのコメント

  1. Mr.Kさん、監視銘柄の管理について御回答ありがとうございます!
    自分の質問を取り上げて頂いた事が、とても嬉しくコツコツやらないと実らないと見に染みて感じました!

    もう一つ質問させて下さい。
    銘柄にある信用売り、信用買、貸株、融資などの数字の読み方が腑に落ちて分かりません。
    あまりの基礎の事ですが、教えて頂けたら嬉しいです。
    よろしくお願いします!

    1. いえいえ、こちらこそ、素晴らしい質問をいただきありがとうございます!
      実際の売買をする中でのリアルな現場をなるべく伝えたいと思っています。

      >>銘柄にある信用売り、信用買、貸株、融資などの数字の読み方

      それぞれの数字が何を意味するのかという定義は調べればわかりますが、これを使うとなるとまた話が変わってきます。

      私も色々と分析しましたが、結局のところ、これらの数字と株価はほとんど相関関係がないという結論に達しています。なので、読む必要はないと思いますというのが私の回答です。

      まことしやかに信じられている法則も、しっかりと自分自身で確認するとまったく嘘だったりするので、自分で確認するというステップを踏む人だけが実力を上げていけます。ぜひ、ご自身でも100銘柄くらい見てみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。