電子マネー「Edy」の誕生秘話

2019.12.9
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

世界中には、
それぞれの国で通貨があります。

例えば、
・アメリカ=ドル
・ヨーロッパ=ユーロ
・日本=円
・中国=元
・タイ=バーツ
・韓国=ウォン

など。

商品サービスを購入するためには、
お金が必要です。

そして国境を超えて商品サービスを得るためには、
その国が発行している通貨に両替(エクスチェンジ)する
必要があります。

日本国内で消費する場合は、

1,日本円で支払う
2,商品を受け取る

という2ステップになります。

しかし、海外だと現地の通貨に両替する
必要があります。

1,円をドルに替える
2,ドルで支払う
3,商品を受け取る

この円をドルに替える両替を
エクスチェンジといいますが、

この両替した時点では、
私たちには何も価値がありませんよね。

しかし、両替しただけで手数料を取られたり、
交換する時のレートに差をつけて利益を
取るところが、金融ビジネスです。

でも、これって無駄だと思いませんか?

何の価値提供もしていないにも関わらず、
円をドルに変えただけで、
手数料が引かれてしまうなんて不自然ですよね。

そういった流れから、
世界共通の通貨を作ろうという
動きが出てきました。

世界共通の通貨があれば、
両替という概念はなくなり、

無駄なコストを削減できることで、
社会全体の経済を発展させるというものです。

かつて、ソニーは世界共通通貨を
本気で考え取り組んだことがありました。

世界三大通貨は、
・ユーロ
・米ドル
・日本円

この3つの通貨です。

これをすべて合算すれば、
世界経済全体がシンプルな共通通貨に
なるのではないかと試みたということです。

・ユーロ(Euro)
・米ドル(Dollar)
・日本円(Yen)

この頭文字を取ると
Edy(エディ)になります。

コンビニでも使える電子マネーEdy(エディ)は、
もともとはソニーが世界共通通貨を
願って作った通貨なのです。

2009年12月に楽天が買収し、
今では「楽天Edy」という名前で
利用されていますが、

元はソニーグループが開発した
基軸通貨と言われています。

2001年にソニーが構想しスタートした
Edyの電子通貨も、今になるとさまざまな
電子決済が主流となりました。

Suica、nanaco、WAONなどの他に、
バーコードで決済が出来るQR決済も
出てくるようになりました。

そしていよいよこれからは、
仮想通貨の時代になります。

2019年6月18日に、
歴史的な発表がありました。

あの世界時価総額最大である、
Facebookが仮想通貨「リブラ」構想を
発表しました。

ブロックチェーン技術を活用したリアルな
通貨により、金融機関が搾取していた
「手数料」や「スプレッド」という概念がなくなるため、
世界全体の経済が変わるというものです。

しかし、メリットもあるものの
それと同等のデメリットも生じます。

中央銀行のようにどこか一つが管理をして、
監督することで経済は安定してきた経緯がありますが、
この仮想通貨には中央銀行という概念すらありません。

フェイスブックが提唱しているリブラ構想と
同じようなグローバル仮想通貨は、
これからもいくつも出てくると思います。

約20年前のソニーが提唱したEdy構想の、
バージョンアップされた決済システムが
社会全体に浸透するはずです。

私たちは今、時代の変わり目の大きな節目にいます。

変化がある時には、
なくなるものと、新しく出来るものがあります。

変化をどうチャンスに捉えるかは、
その人次第です。

投資家として注目することは、
社会全体が向かうべき方向性と、
リスクを最小限にして浸透させるルール。

そしてその価値を一つに集約させる事のできる、
リーダー的な存在に注目する必要があります。

次の変化をリードする企業はどこか?

これを見つけられたら、
億万長者間違いなしですね。

あなたは、それがどこかイメージできますか?

追伸:

将来は現金という紙幣を見るのは、
ものすごく珍しくなるかもしれませんね。

元に今、株券はすべて電子化となり、
紙で発行する株券は博物館に
展示されるようになりました。

世界統一の通貨が当たり前になると、
国境という概念はなくなり、
争いも少なくなるかもしれませんね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ウェブセミナーのテーマ:
「株式投資でやってはいけない7つの過ち」
「上昇株を見つける4つの方法」
参加費用:550円
お申込み:http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

One thought on “電子マネー「Edy」の誕生秘話

  1. おはようございます堀北さんメールありがとうございます。mstp通信ライト会員に参加致します。
    堀北さんの指導をお願い致します。自分の株取引デイトレードです
    成績はマイナスです堀北さん空売り規制に関して非常に関して今後とも宜しくお願い致しす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です