【6/25-相場まとめ】米景気不安が再燃し続落

2020.6.25
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

木曜日の株式相場が終わりました。

今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2020年6月25日(木)

2万2259円79銭(-274円53銭)

本日の日経平均は続落。

朝方は売りが先行。

売り一巡後は、押し目買いや買い戻しが入り、
相場全体が下げ渋りに向かいました。

前場後半では、利益確定売りが集中し
一時は2万2165円14銭(369円18銭安)まで下落。

後場に入ってからは、下げ幅を縮小して取引を
開始しましたが、時間外での米株先物が下げ幅を
拡大したことを受け軟調に推移する展開に。

大引けにかけては、ジリジリと下げ幅を縮め
小値幅で推移しながら取引を終えました。

日経平均株価は、前営業日比274円53銭安
の2万2259円79銭で取引を終了。

値上がり銘柄数は442
値下がり銘柄数は1661
変わらずは64でした。

朝方は、昨日の新型コロナウイルス感染拡大により
警戒感が強く、リスクオフムードが広がりました。

経済停滞の長期化に対する懸念などを背景として、
海外機関投資家の注文とみられる売り物が優勢となり
日経平均は終日マイナス圏で推移する展開になりました。

市場からは、「個人投資家など国内勢が買いを入れた」
(銀行系証券)との声も上がりました。

明日も新規感染者の増減などに一喜一憂しつつ
相場形成していくことになりそうです。

★6/25(木)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□6/25(木)値上がり率

1位<2586>(株)フルッタフルッタ(+26.18%)
2位<4596>窪田製薬ホールディングス(株)(+25.56%)
3位<6180>GMOメディア(株)(+25.40%)
4位<3070>(株)アマガサ(+25.16%)
5位<3695>GMOリサーチ(株)(+23.28%)

□6/25(木)値下がり率

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(-50.00%)
2位<8894>(株)REVOLUTION(-13.16%)
3位<5199>不二ラテックス(株)(-12.36%)
4位<4977>新田ゼラチン(株)(-12.34%)
5位<7865>ピープル(株)(-11.63%)

□6/25(木)寄与度上位

1位<7733>オリンパス(+11.15%)
2位<4519>中外薬(+1.46%)
3位<4568>第一三共(+0.72%)
4位<8035>東エレク(+0.20%)
5位<4452>花王(+0.57%)

□6/25(木)寄与度下位

1位<9983>ファストリ(-1.40%)
2位<6098>リクルート(-4.00%)
3位<8028>ファミマ(-5.20%)
4位<6971>京セラ(-2.59%)
5位<6762>TDK(-2.12%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□6/26(金)重要経済指標

<日本>

(日) 6月 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比](8:30)

<海外>

(中) 休場
(独) 5月 輸入物価指数 [前月比](15:00)
(独) 5月 輸入物価指数 [前年同月比](15:00)
(仏) 6月 消費者信頼感指数(15:45)
(欧) 5月 マネーサプライM3 [前年同月比](17:00)
(メキシコ) 5月 貿易収支(20:00)
(米) 5月 個人所得 [前月比](21:30)
(米) 5月 個人消費支出(PCE) [前月比](21:30)
(米) 5月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比](21:30)
(米) 5月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比](21:30)
(米) 5月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比](21:30)
(米) 6月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値(23:00)

□6/26(金)の決算発表企業

<1436>フィット
<2354>YE DIGITAL
<2742>ハローズ
<2778>パレモ・ホールディングス
<4355>ロングライフホールディング
<6279>瑞光
<7279>ハイレックスコーポレーション
<7624>NaITO
<7810>クロスフォー
<7918>ヴィア・ホールディングス
<8013>ナイガイ
<8217>オークワ

<編集部のオススメ>
相場を動かす存在、
あなたは知っていますか?

目先の値動きに翻弄されずに
大局的な方向性を掴むことによって
利益獲得の道筋を描くことができます。

利益に直結する話だけを
15名限定でお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_ok07/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です