暴落来る!? +54.9%の秘密

2020.9.28
Share:

From:Mr.K
沖縄の書斎より、、、

「ここから暴落が来るかも」

SNSを見ていると、
そんな投稿が目立ってきました。

こういうとき、
こういうときこそ

全神経を総動員してチャンスを
探すべきときです。

タイトルは釣りです。
すみません。

むしろ逆です。

今こそ急騰の初動である可能性
着目しています。

実際、先々週から
私たちのコミュニティでは
ホームラン銘柄が出ました。

6579 ログリー+54.9%
(8営業日での結果)

このパターン、実は、
最近発見した新しい急騰パターンなんです。

ーーーーーーーーーーーーー
■(続)株式相場、大チャンスか!?
ーーーーーーーーーーーーー

<注意>
私は別に自分の意見を押し付けたいわけではありませんし、あなたと論争をしたいわけではありません。

あくまで私の意見ですが、、

・・・

前回のブログで、私はこう言いました。

ーー以下、前回からの引用ーー

・ドル円が急落したあとであり、そろそろ上昇反転しそう

・日米の長期国債金利差が急騰しそう(短期的には株価と相関性が強い)

・米国S&P500は下落が止まってきたように思う

・日経平均株価もジャスダックも、上昇前の形に見える

ーーーー引用おわりーーーー

では、実際どうなったかを見ていきます。

ドル円は、1ドル104.585円から1ドル105.584円まで
一直線で上昇していきました。

これは完全に予想通りでした。

しかし、日米の長期国債金利差は、全然反転しませんでした。

その結果かどうかわかりませんが、
米国株市場は停滞を継続。

惜しい!!!

他の2つ、

・米国S&P500は下落が止まってきたように思う
・日経平均株価もジャスダックも、上昇前の形に見える

については、まあ、あまり変わりはありません。

つまり、状況としては来週に持ち越された、
という認識です。

しかしこんな中でも、CLEAR TRADE理論で選定している個別銘柄は、急伸したものが多くありました。

先ほど挙げた、6579 ログリーを筆頭に、

先々週金曜日の終値と先週金曜の終値、つまり3営業日での騰落率は、

6579 ログリー:+54.9%
6560 エルティーエス:+25.6%(金曜日ストップ高)
6535 アイモバイル:+12.3%
3968 セグエグループ:+13.3%

などがあり、

一方で、下落した銘柄の例としては、

6533 Orchestra Holdingsが9.5%の下落だったのが目立っただけで、あとは数%台の下落の範囲でした。

■全体として未来予測できていたか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
選定銘柄数:16銘柄
週間騰落率:【平均+5.0%】
上昇銘柄数:11銘柄
下落銘柄数:5銘柄
損益レシオ:2.8倍(上昇平均÷下落平均)

となりました。
(米国株などもありますが、短期投資として日本株の合計です。)

一方、指数の週間騰落率は、

日経平均株価:-0.7%
ジャスダック:-0.6%

でした。

つまり、全体が下落している中で、平均値として5%の上昇を当てることができたということなので、株価の上昇を予想できていると言って差し支えないと思います。

ドル円以外の予想が当たっていたら、きっともっとパフォーマンスは良かったと思います。

さて、

ーーーーーーーーーーーーー
■予想するポイントは何か?
ーーーーーーーーーーーーー

今後の相場を予想して利益に変えていただくために、私たちの視点を1つシェアしますと、

『正しそうな常識を捨てる』

ということです。

株式投資の業界には、雑音が多いです。

「投資というのは、ビジネスの一つの形である」と私は考えています。

つまり、過去の事実で役に立つものももちろんありますが、大切なことは、直近のトレンドなのです。

過去の常識は、常に覆されるのがビジネス業界の常です。

なぜ、過去の常識が覆され続けるのか、、?

とあなたは考えたことはありますか?

・・・

私は、その理由を持論として持っています。

それは、

「市場規模がどんどん大きくなっているから」

です。

株式投資という業界にうずまく総資金量と参加する総人口が、今のところずっと増えている。

加えて、インターネットの通信速度やPCの処理速度は上がる一方です。

過去よりも規模が膨らんでいて、参加者の取引速度が上がっていくわけですから、そりゃあ、前例なんて突破されて当然ではないでしょうか?

ですから、株式投資についての書籍や動画は無数にありますが、現在と関係ない統計に基づいているようなものはもう使えません。

・上昇銘柄の財務特徴
・PER,PBRなどのヴァリュエーションの数字
・長期の統計としてのMACD、移動平均乖離率、指数の相関性など
・マクロ経済パターン

一方で、使える法則というものもあります。

それは、変わっていないものに関する法則か、短期の法則性です。

例えば、これらは長期間で変化していないものの、

・プロスペクト理論(人間の心理学)
・売買メカニズム
・物理法則
・資金管理ルール(数学)

などがあり、短期の法則性としては、

・直近3ヶ月で発見した相関性、騰落率、値動きパターン
・現在進行形で結果の出ているデイトレパターン

などが挙げられます。

相場は生き物です。

ローソク足にしてしまうと、何十年も昔から見た目は似ているように見えますが、それはグラフの形式が同じだからです。

あなたの体重の変化だって、ローソク足にしようと思えばできるんです(朝7時の体重を始値にして、夜22時の体重を終値にすればいい)

でもその法則性は、対象と時代によって全く違います。

株式投資もFXも、時代によって参加者が変化するゲームですから、「普遍の真理」と「現在のトレンド」の両面の視点が大切です。

こういう視点で、「正しそうな常識を捨てる」ことが大切です。

ちょっと長くなったのですが、流れに乗るための意識としては、目の前の流れを直視して乗るというマインドが重要です。

今までは○○だったからなあ、、、という疑念が脳裏をよぎる気持ちはわかります。

でも、その経験則が今も本当に有効なのか?と自問し直してください。

奇しくもコロナ禍です。

Be present.

今を生きることが大切。

投資はそんなことも教えてくれます。

というわけで、今週の動きも引き続き、全集中です。

それではまた次回!

GOOD TRADE!!

Mr.K

関連記事

Pick Up!

  1. おはようございます。
    朝、起きて一番で今回のブログ読ませて頂きました。今回のブログも、「なるほど、やっぱりそうだったのか!」と思わせて頂ける内容でした。意味不明の異常上昇銘柄、急騰後の急落。
    誰かが相場で遊んでいるかのような動きで怖い気持ちになっておりました。ただ、だからこそしっかりとトレンドを見極めて今をチャレンジしないといけないのですね。買い一辺倒ではなく、つり上がった銘柄の空売りを仕掛けるのもおもしろいのではないかな?と感じました。ありがとうございました。

    1. クリエイト1978さん、朝一でブログを読んでいただき嬉しいです!楽しみに読んでくださっているということを知ることはとても励みになります。相場の動きというのは、形が完全に繰り返されることは稀(まれ)です。また、価格変動やトレンド発生の理由もその時々によって異なります。なので、基本的に「理解できない」「理由がわからない」動きだと感じられるものです。私なりのポイントは、理由がわからなくてもよいと考え流れにいち早く従うことです。

      また、空売りについてですが、メリットとデメリットがあります。まずデメリットからですが、どんなにうまく空売りが成功したとしても、15%程度の急落にとどまるということがあります。コロナ暴落ですら、頭から尻尾までが50%程度の暴落だったわけですから、通常の暴落は15%も取れれば大成功です。しかし、空売りは速度が速いということはメリットですね。また、盲点だと思いますが、ダラダラ下がり続ける銘柄を長期的に空売りするのもなかなか安全です。

      まとめると、空売りをする場合には、

      ・短期間(デイトレ〜数日)の勝負
      ・長期下落を狙った勝負

      では優位性があります。
      しかし、その逆に、買いは、

      ・上限がない(数十%〜数百%も狙える)

      ということがメリットですので、大きく資金を増やしてくれるのはやはり買いのホームランだと思います。

  2. おはようございます。最近の市況とは関係なく個別銘柄の強い動きは納得です。今までの常識を忘れ、でも根本的な原理は念頭に置いて行きたいと思います。 いつもありがとうございます。

    1. Yさん、納得のコメントありがとうございます!こちらこそいつも読んでいただきありがとうございます。

      繰り返すこととその場限りのことを分けて考えるのは、慣れが必要ですよね。人の歴史ととても似ていると思います。歴史は繰り返すが、その歴史は一回限りですからね。一段階俯瞰した視点で思考する力は、日々の取り組みの結果として培われるものだと思います。

      1. なるほど、さらに納得です。同じ動きはしないけれど、、よく分かります。Mr.kさんの理論の凄さ、一つ一つの言葉は、いっぱい失敗し、試行錯誤を繰り返し経験して、大きく変わってきた今の自分には非常に深い意味を持っていることがよく分かります。また他の方にコメントされている内容も勉強になります。でも最近、参考になり過ぎてメモをとるのが忙しくって。。(汗)また出る杭は打たれるかも知れませんが負けずに頑張って下さい。分かる方々には分かると思います。それではまた。

  3. こういうブログは、凄~く上がった銘柄をピックアップして誇大広告でカモを呼ぶものだが、実際泣かず飛ばずや暴落銘柄数がどれほどあるか、知る人ぞ知るというわけだ。殆どの推奨銘柄は、全くダメというのが実際のところで、資金効率は全然ダメ。

    今は、成長グロース株、IPOが熱いのだから、日々の強い銘柄に資金を集中すればいいだけのこと。

    意味不明な若造のカモになるべからず。

    1. 何があったのかわかりませんが、私のブログは私のシェアをリアルタイムで受け取ってくださっている数百人の皆さんも読んでくださっているものなので、ご指摘の内容にはあたりません。日経平均がダメなら個別もダメだと思ってしまっている方に常識を疑っていただきたくて個別銘柄の数字を挙げています(合計、最悪、平均ともに挙げています)ので、批判するだけのコメントはお控えください。なお、お言葉ですが、

      >>今は、成長グロース株、IPOが熱いのだから、日々の強い銘柄に資金を集中すればいい

      この発想自体、既に過去のものです。今週もそうとは決まっていません。今まではという話であり、大切なのは、常に流れの中心に資金を集めようとすることです。

  4. Mr.K様
     今週も、配信いただいて有難うございます!いつも楽しみにしております。
     日経平均と関係なく、個別銘柄で強いものは強いなぁと感じます。
     これからも日本株と米国株の個別銘柄に集中してみていきたいと思います。
     菅総理のデジタル庁の誕生で、DX関連やハンコをなくすという政策が取り沙汰されていますが、
     その中から本命をどうやって探したらいいんでしょうか? 

    1. みっちい9 さん、コメントとご質問ありがとうございます!

      本命の探し方はいたってシンプルです。値動きを数日見て、力強いものを探しましょう。その中に本命が必ず含まれています。結果が出ているものから理由を逆算する思考です。

  5. Mr.K様
    いつも勉強させていただいております。今朝の動画も非常に参考になります。今回、先週の銘柄を振り返っていただいたのが、とてもとても良かったです。是非毎週お願いします。

    1. チロリンさん、動画の視聴とコメントありがとうございます!先週の振り返り、動画が長くなってしまうのが懸念でしたが、良さそうなのでなるべく毎週やるようにしますね。ご意見ありがとうございます!

  6. ブログで紹介されている銘柄のチャートとそれについての記述を見ると、かなり上昇してから購入されているようですが、まだまだ上昇途中であると判断された理由は何でしょうか?
    教えていただける範囲で結構です。

    1. 波に乗れないマーメイドさん、ウィットに富んだお名前ですね!

      >>まだまだ上昇途中であると判断された理由

      これは、CLEAR TRADE理論という私の発明した理論を使うことで予測できます。もちろん100%ではありませんが、6月以降に上昇を予想した銘柄の80%以上が、数ヶ月単位でみると大きく上昇しております。その根拠をこの文章の枠で説明することは難しいのですが、値動きと出来高をある観点で分析することで、これから人気が出ることが合理的に予想できるのです。

  7. いつも楽しく勉強させていただいてます。
    入ったばかりの私は動画配信2週目ですが先週の振り返りがあったのは大変良かったです。動画を見るとワクワクしますね。資金の都合で数あるシェア銘柄からさらに厳選しなければならないのが辛いですが、そこが自分の実力を磨くところだと思って取り組んでます。今日は早速含み益になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です