ニューノーマルは長期化する

2020.10.16
Share:

From:MAX
都内のトレーディングルームより、、、

おはようございます、MAXです。

最近、コロナの存在が
我々の生活にとってある種、
「身近」になってきたなと感じています。

というのも、
緊急事態宣言が解除されたばかりのころから比べると
街中にも人が戻ってきましたし、

飲食店等でもマスクや仕切りを設けるなど
対策を行いながらコロナ前と同じように
対面で営業するお店をよく見かけるようになりました。

緊急事態宣言を含めて
Twitterでも「#コロナに負けるな」の
ハッシュタグがトレンド入りするなど、

コロナウイルスを排斥しようとする動きが強かった
4月5月と比べるとすっかり我々の間にコロナウイルスと
うまく付き合いながら経済活動等を取り戻していこうとする、

ニューノーマルを模索する動きが
浸透してきていていますよね。

ただ、このニューノーマルに関して
いつまで続くのだろうと疑問に思っている方も
多いのではないでしょうか。

私は長期化すると考えています。

やはり、人々が
特定のウイルスに対して免疫をつける
というのは簡単ではないようです。

つい先日のニュースですが、
アメリカのジョンソン&ジョンソンや
イーライリリーという製薬会社が、

コロナワクチンの臨床試験を
中止したとの報道がありました。

試験中止の理由に関して、
ジョンソン&ジョンソンは
臨床試験参加者に原因不明の病気が
確認されたためと仰っています。

イーライリリーも
データ安全性監視委員会(DSMB)からの
停止勧告を受けて安全性の懸念から
試験を中止すると発表しました。

以前、下記の記事で
コロナワクチンは各社競争状態にあり
おそらく通常の病気よりも速いテンポで
完成へと向かうと記しましたが…

【予測】今後のコロナと株価の関係について
→https://j-i-s.info/?p=28500

いくら速いペースで開発が進められても
安全性の確保には相応の時間が
必要ということかもしれませんね。

見解を修正しました。

どちらにせよ、
コロナワクチンの開発は
難航していると言えるでしょう。

また、人々の心情も
このニューノーマルの継続に関して
カギを握る存在だと言えます。

人々がコロナに対して抵抗感を持たなくなり
「もう気にしなくていいよね」といった
風潮が広がっていけば、

このニューノーマルはすぐに終息し
コロナ前の生活に戻っていくでしょう。

ですが、

高齢者は重症化しやすいことなどを含め
周囲への気遣いが必要なことを考えれば、

人々がコロナへの
抵抗感を持たなくなる未来は
そう近いとは思いません。

人と人の接触は避けるといった
いまのニューノーマルはこの観点からも
長期化が見込まれると考えています。

さらに米国の株価を見ても
ジョンソン&ジョンソンなど
治験が中止された会社や
伝統的な会社は下落傾向にある一方、

ZOOMやマイクロソフトなどの
ハイテク株は上昇傾向です。

米市場の資金もコロナに対抗する
業界業種の銘柄ではなく、

コロナと共存していく
ニューノーマルと言われる生活のなかで

もっとも活躍するジャンルは
ハイテク株に集中している

と言えるでしょう。

ちなみに過去を振り返っても
ウイルス自体を撲滅できたのは
天然痘くらいだと言われています。

ただそれも数百年の時間が
かかってのことです。

社会全体が感染症を乗り越えるために
最低限必要なものは
時間なのかもしれません。

また日本でも米国株と同じように
「遠隔」をキーワードにテレワーク関連など
資金が集まりやすいかと思います。

ですので、投資をされている方は
注意していただければと思います。

以上、本日のブログでした。
また来週。

MAX

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です