なぜ政治と株価が連動するのか

2021.1.8
Share:

From:MAX
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます、
MAXです。

本日は、
日本政治と株価の関係
テーマに扱います。

昨今はコロナ禍。
日本だけでなく世界各国が
その舵取りに苦戦していますね。

一方、日本では政府が
コロナに対してどのような政策を打つのか、

コロナ前と比べると、
その政治に注目や関心が
強まっているのではないでしょうか。

私が目にする報道番組でも、
政権や政治に対するコロナ批判が
たびたび取り扱われています。

ただし、このような日本政治を見ているのは
決して我々日本人だけではありません。

日本株を購入している
外国人投資家も同様です。

実は、日本株式市場において
外国人投資家の売買代金シェアは
現物市場では6~7割ほど。

さらに日経平均先物市場では
8割を超えているとも言われます。

日本の政治動向は
そんな彼らの取引ひとつひとつに
非常に大きな影響力を持ち、

そして、最終的には
日本の株価全体に
影響を及ぼしているのです。

本日はこの政治と株価の関係について
外国人投資家に注目して検討してみましょう。
 
 
では、まず結論からですが…

国内の株価は
外国人投資家の影響を受けており、
政治政策が安定すれば上昇しやすく
そうでなければ下降の原因となることがあります。

当たり前といえば当たり前なのですが、
これを現在の状況に照らして考えてみましょう。

・2回目の緊急事態宣言の発出
・GOTOトラベルの全国一斉停止

医療と経済の両立に苦戦した結果、
現在、日本では当初に想定されていなかったであろう
政策が断行されています。

政権の対応が後手に回っていると
感じた人も多いのではないでしょうか。

私個人としても、現在の政権は
機動的な決断や対策に欠ける部分があって
頼りなさを感じている次第です。

総じて、現在の菅政権は
コロナという国難に直面し、

国民からの信頼や支持が
かなり揺らいでいると言えるでしょう。

よって、現在の国内政治は
株価に対してマイナスに働くことも
あり得る状況です。
 
 
ただ、過去の政権を観察すると

外国人投資家は
国内支持率よりも政策の内容を

より重要視していると考えられます。

下記記事によると
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/11532

例えば、2005年の郵政解散。
外国人投資家から財政健全化を図る構造改革に
積極的な政権が誕生したと高い評価を受け、
継続的な株高となりました。

しかし、2009年の民主党政権誕生では、
民主党が経済成長よりも
社会福祉充実を重視した政策を次々打ち出したことから
継続的な株高には至りませんでした。

また直近、2020年9月からの株高では
海外の株高も影響している一方で、

菅政権が安倍政権の経済政策を
引き継ぐ方針を示したことが好感されたとも
言われていますよね。

このように日本政治と株価は
外国人投資家によって

政府が打ち出す政策の内容に
左右されているのです。
 
 
現在のコロナ禍は政治上、
非常に対応が難しい時期ではありますが

だからこそ外国人投資家は、
日本の政治の安定度合いと
政策内容をよく観察しているはずです。

もし現状の市場で
利益を獲得したいのであれば

国内個人投資家である我々も
今後の政権の動向に注目し

外国人投資家の存在を留意して
トレードするようにしましょう。

それでは。

MAX

関連記事

Pick Up!

なぜ政治と株価が連動するのかへのコメント

  1. 社会福祉に関する政策は、外国人投資家にとって、あまりプラスに取られないようです。

    経済政策重視であれば、プラスに取られるようです。

    実際問題、社会福祉に関する政策は、必要ではないのでしょうか?

    経済が優先されていていいのでしょうか?

    株で勝っていくには、経済優先の状況が私は喜ばしいです。

    しかし、妹が重度障害者なので、社会福祉に関する政策は、もっと手厚くしてほしいという思いもあります。

    お金を増やすのと、妹の介護と両立できるような世の中は、ないのでしょうか?

  2. Mr.Kさん。
    定性的なことを考えないで、チャートと出来高だけを見て戦えばいいの言ってませんでしたか?

    定性的なことを考えると、安定とは真逆の結果にならないのでしょうか?

    1. 少しわかりにくいですが、私とMAXさんは別人です。私は月曜日のみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です