最新の世界経済見通し

2021.1.13
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

世銀(The World Bank,世界銀行)は、

1月と6月の年2回、
経済見通しを発表しています。

この半期に一度の世界経済見通し
(Global Economic Prospects,GEP)を
2021年1月5日に発表しました。

2020年は、世界中で第二次世界大戦後
最も深刻なリセッションが起こり、
(リセッション:経済や景気が下降している状態)

今年2021年は回復がどうなるか、
興味深い見通しでした。

ちなみに、世銀は、いわゆる銀行ですが
普通の銀行とはかなり異なる銀行です。

私は中学生の時、

世界中の中央銀行を束ねる凄い銀行
であると勘違いしていたものです。

実際は、途上国に
資金提供や技術援助を行う事を通して
困窮削減と繁栄の共有をめざす組織です。

世界120か国、1万人の職員で
構成されています(加盟国は189)。

1945年設立、本部はワシントンD.C.です。

さて、

世銀の世界経済見通し(GEP)によると、

まず昨年、2020年の世界経済の成長率は
-4.3%と見込んでいます。

これは、昨年6月の予想より
0.9%の上方修正でした。

しかし、

2021年の予想は逆に
0.2%の下方修正で4.0%となっています。

米国は2021年、4%から3.5%に、
ユーロ圏は4.5%から3.6%に、
下方修正されました。

ユーロ圏は2割もの下方修正です。

中国は2021年の成長率は
7.9%に上方修正されました。

2020年の成長率でさえ、
2%というプラス成長でしたから、

圧倒的な存在感です。

原油、金属相場の上昇見通しを背景に、
中南米の成長率も3.7%に上方修正です。

では、日本はどうだったでしょうか?

2020年は-5.3%(+0.8%上方修正)。
2021年は+2.5%(0%からの上方修正)。

2020年まで行ってきた景気刺激策が後押しし、
2021年後半の回復に弾みがつく、
という見通しです。

実は、世銀の見通しの数値は、
他の組織、たとえばOECDやIMFの
経済見通しの数値より低めに出ます。

理由を詳細に説明することは
話が複雑になるので避けますが、

米ドル換算して比較する際の
為替レートの算出プロセスの問題によります。

IMFの世界経済見通し(WEO)は
1月26日に発表されます。

IMFのWEOは、グローバルな投資家は
必ず参照するレポートであり、

一般には、世銀よりずっと、
こちらの方が重視されます。

したがって株価への影響が
案外高いように思います。

チャートに示してみました。

日経平均株価(実際のチャート)に

WEOのレポートで日本経済見通しについて
上方・下方修正があったタイミングを
明記しています。

毎回というわけではありませんが、
なんとなくその傾向がわかると思います。

少なくとも、そこらの占い師よりは
ずっと当たっていますね。

奥村尚

<編集部のオススメ>
銘柄選定や損切りポイントの悩みから
解放されませんか?

日経225先物取引であれば
複雑な銘柄選定は不要!

さらに、この手法であれば
損切りのタイミングも明確です。
後出し一切無しでリアルタイムに解説します。

詳しくはこちら(人数限定開催)

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_onry01/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です