トルコリラで稼ぐには、、

2016.7.25
Share:

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

最近はトルコのニュースが多いので、
マイナー通貨の一種である
トルコの通貨を取り上げました。

トルコは昔のシルクロードの一部であり、
今もヨーロッパとアジア双方の
文化を育(はぐく)んでいる国です。

それだけにロシア、クリミア、
中東の産油国と地理的、経済的に近いので、
それらの国々の影響を受けやすいです。

多くの日本人にとってトルコというと
エキゾチックな観光地というイメージがありますね。

トルコの通貨をトルコリラと言います。
私はその通貨の予想をするために
トルコの国情を調べています。

私は東南アジア各国には足しげく訪問していますが、
トルコに関しては別に特別な情報ルートを
持っているわけではありません。

イギリス、アメリカのような先進国、
経済大国のニュース、国情、経済のニュースは
日本のマスコミから大量に得られますが、
トルコはそれほどではありませんね。

そこで私は日本の外務省のホームページで
トルコの概要を掴むことにしています。

日本の当局がウェブ上に公開している情報は無料ですし、
信頼性の高い内容が日本語で書かれているのでお勧めです。

URLは→
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/turkey/data.html

ただ、外務省に限らず、
日本の省庁のホームページに載っている情報は
公式に相手国から貰っている情報なので、
鮮度は良くありません。

そのため、先進国は昨年の情報、そうでない国々の
場合には2年以上前の情報が載っている事が多いです。

経済情報をチェックする場合には
情報が新しくない事に留意しておくことが大切です。

なので、国の背景についての
情報が得られるということですね。

日本の外務省の情報に依れば、
トルコの民族はトルコ人(南東部を中心にクルド人,
その他アルメニア人,ギリシャ人,ユダヤ人等)

宗教はイスラム教(スンニ派,アレヴィー派)が大部分を占める。
その他ギリシャ正教徒,アルメニア正教徒,ユダヤ教徒等。
【以上は原文のまま】となっています。

最近のトルコはテロ事件、
クーデター騒ぎがありましたが、
トルコという国の民族と宗教の実情からしても今後も
不安定な状況が続くと思われますね。

さらに外務省のホームページを見てみましょう。

トルコの産業割合は、サービス業(57.7%),
工業(24.1%),農業(7.1%)となっており、
サービス業の割合が大きいですね。

また途上国は物価上昇(インフレ)率が高い国が多いですが、
トルコの物価上昇率は8.1%です。

さらに注目すべきは失業率で10.7%ですが、
最近ではこの失業率はさらに悪化している恐れが大きいです。

トルコは経済指標の中で重要なのは総貿易額で、
輸出1,577.1億ドルに対して
輸入が2,422.2億ドルなので大幅な輸入超過です。

アメリカ、カナダも貿易赤字の時期が長いので、
一概に貿易赤字は悪いと決めつける事はできません。

とはいえ、途上国は貿易赤字が続いていると、
通貨とその国の経済が不安定になるケースが
多いです。

ではここで最近のトルコリラのチャートを
見て下さい。

このチャートは対円のトルコリラのチャートです。

これから分かるように、イギリスのEU離脱国民投票の
結果が出た時にトルコリラは急落し、
同時に日本円が買われて円高に動いています。

これはイギリス一国というよりもヨーロッパ全体に
与えた精神的な衝撃が大きかったですね。

その結果として
ユーロはもとよりトルコリラもヨーロッパに
近いので大きく売り込まれて
暴落に近い下げを見せたという事です。

それに比べるとイスタンブール空港のテロ事件、
クーデターは衝撃的で悲しむべき事件では
ありましたが、為替への影響は小さかったです。

今回も記事を読んでいただきまして
ありがとうございました。

不動修太郎

<本日のおすすめ>
このスカイプセミナーでは、
自宅にいながら日経225先物を
学べます。

しかも、相場解説ありで、、

もしあなたが、
株で銘柄選びに
時間がかかっているのなら、、、

または、銘柄選びが
不得意であるならば、、、

日経225先物を知れば、
個別銘柄から抜け出し、
あなたが求める投資法を
見つけることができるでしょう。

続きはコチラ
https://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_0725/

The following two tabs change content below.
不動 修太郎
不動 修太郎
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・株式、FX、海外不動産など投資全般に精通 ・現役サラリーマン投資家 大学卒業後、メーカーに勤務。1984年頃より国内株式投資を開始。東南アジア赴任中、アジア通貨危機という経済的激動を実体験。アメリカ、中国などへ100回以上の訪問で、語学と国際金融感覚を養い、海外での投資を始める。99年から、香港、ベトナム、ロシア等株式投資、海外預金、FXなどを開始。サラリーマンを続けながら、投資活動を通じ、多数の富裕層、著名人と親交があり、高額セミナー講師、会員制クラブの顧問となる。 また、これまでの投資経験、海外での経験から得た、幅広い知識と信頼感のある人柄が人気を呼び、立場が同じサラリーマンや投資の勉強を始めたいという女性まで幅広く絶大な支持を得る。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。