【必見】変化したい人の登竜門とは

2017.6.20
Share:

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、今の自分に満足していますか?

もしも、

「いいや、満足していないんだ。

一度の人生、もっと夢もあるし、
やってみたいこともあるんだ。

でも、

でも、、、時間がないんだ。
目の前のやることで手一杯なんだ、、、。」

という状態であれば、

今回の話は、あなたの人生を変えるきっかけになるでしょう。

この話は、私の人生も変えてくれました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

とても大切なことを教えてくれます。

私なりの解釈も加えてお話します。

これは、ある木こりのお話です。

・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森の中に、懸命に働く木こりがいました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは、旅人です。

村から出て、新しい街へ向かっています。

ところが、途中、森を通り抜けるときに、道に迷ってしまいました。

困っていると、遠くから何やら音がします。

ザクッ、ザクッ、、、

近づいてみると、一人の木こりが、一生懸命に木を切っていました。

思いっきり斧を振り上げて、

力の限り、斧を振り下ろして木を切っています。

ザクッ、ザクッ、、、

あなたは、道を聞こうと思って木こりに話しかけました。

「すみません、ちょっと道を伺いたいのですが・・・」

すると、木こりは、

「今、忙しいんだ、あとにしてくれないか。」

と言って、全然話を聞いてくれません。

木こりはあまりに一生懸命に木を切っていましたし、

あなたも歩き疲れていたので、仕方なく少しの間見守ることにしました。

ザクッ、ザクッ、、、

(大変そうだな・・・)

そう思って見ていたあなたは、あることに気づきました。

全然木が切れていないのです。

よく見ると、木こりの斧はボロボロに刃が欠けていたのです。

(あんなんじゃ、いくら切っても切れっこないじゃないか・・・)

あなたは、木こりに教えてあげました。

「あの~、刃がボロボロになっていますよ。
まずは、斧を研いだらいかがですか?」

すると、木こりはこう答えました。

「悪いが、そんな暇はないんだ。
急いでこの木を切らないとならないからね。」

あなたはもう一度教えてあげました。

「村に行って、斧を研いでもらってからの方が早いと思いますよ。
先に斧を研げば、これからもっと早く木が切れますよ。」

しかし、木こりはこう言いました。

「村に行ったら、今日はこれ以上木が切れないじゃないか。
毎日一本、木を切らないといけないんだ。
今日はこの斧でもなんとか一本は切れるさ。」

そう言うと、木こりはまた、勢いよく斧を振り上げて木を切り続けました。

ザクッ、ザクッ、、、

ザクッ、、、

いかがでしたでしょうか?

何か新しいことを始めるとき、すべての人が

「時間がない」

という問題に直面します。

・そんなに暇じゃない
・仕事があるからね
・家事もあるし、家族もいるし
・近所付き合いにも意外と時間がかかるんですよ
・深夜まで残業があって

多くの人が「自分は忙しい」と言います。

いいえ、自分だけ忙しいとさえ思っています

しかし、みんな忙しいです。

だって、昨日までの人生、1秒も残さずに使い切ってきていますから。

今の自分があるのは、過去の自分が、現在に繋がる時間の使い方をしてきた「おかげ」です。

昨日までの時間の使い方が、あなたの今日をつくっています。

今日と同じ明日を迎えるためには、昨日と同じ今日を過ごさなければなりません。

今のあなたの時間の使い方は、今のあなたを維持するために必要不可欠です。

しかし、

あなたが変化を望むなら、

「忙しい」「時間がない」という言い訳だけは、絶対に言ってはならないのです。

今の日常を維持するために必要な「忙しさ」など、未来のあなたには必要ありません。

一時的に、木を伐るのを止め、斧を研ぐ時間をつくらなければ、ならないのです。

未来のあなたにとっては、目の前の木を伐ることよりも、斧を研ぐ時間こそが必要です。

人は、習慣の生き物です。

今と同じ未来のために必要なことは、今とは違う未来のためにも必要でしょうか?

目の前の木を切らなければ、今日のノルマは達成できないでしょう。

しかし、それは一時的なことです。

目的は、木を切り終わること、より早く木を伐ることであって、今日のノルマを達成することではありません。

あなたは、斧を研ぐ木こりですか?

「仕事が忙しくて、トレードになかなか時間が割けないんですよ。」
「なんとか、短時間で簡単に稼げないものでしょうか。」
「投資するお金がないのです。」

それは、みんな一緒だと思います。

私も同じでした。

それでも、斧を研いだからこそ、今があります。

何かの気づきになりますように。

GOOD TRADE!!

Mr.K

追伸、
あなたの現状を変えるために必要なことは
実はとてもシンプルです。

なかなか株式トレードで結果が出せていない人は
いますぐチェックしてください。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success/

関連記事

Pick Up!

【必見】変化したい人の登竜門とはへのコメント

  1. Mr.K、いつもメルマガ何度も読ませて頂いてます。

    今日のメルマガとても心に突き刺さりました。
    何故か涙が溢れてます。

    いつもいつもありがとう。

    1. ATさん、コメントありがとうございます。
      また、いつもメルマガを読んでいただきありがとうございます!

      >> 何故か涙が溢れてます。

      きっと、ATさんは諦めている(た)夢か、本当は目指したい未来があるのでしょう。

      手段は後からついてきます。

      まずは、その夢を目指す道を歩もうと決心することです。

      今すぐに行動を開始できなくても大丈夫です。

      目指すと決めることが大切です。

      エベレスト山に登頂した人を考えてみましょう。

      よし、エベレストに登ろう!といきなり思い立って翌日登りに行ったわけではないと思います。

      ① まずは、エベレストに登ることを目指すと決め
      ② 次に、どうやったら登れるかという手段を探し
      ③ 見つかった手段を実行するための計画を立てて
      ④ 計画をひとつずつ実行していき
      ⑤ 最終的にエベレスト山に登る日を迎えて
      ⑥ 登頂した

      というような流れでしょう。

      自分の心に聞いてみて、やりたいのかやりたくないのか。

      やっちゃわない人生か、やっちゃう人生か。
      (矢沢永吉)

      応援しています。

  2. とても胸に響きました。投資に限らず、未来を変える為には今を変えなければ。
    自分も斧を研ぐ人間になりたい・・・そう思いました。大切なお話、
    ありがとうございました。

    1. カヴさん、コメントをありがとうございます。

      未来を変えることは、実は簡単なのです。

      昨日までと違うことをするだけです。

      ただし、良くなる方向に変えるためには、自分の変化したい方向が明確になっていなければなりません。

      未来から見たときに、今自分がやっていることは必要なことなのか?

      理想の未来があるとして、その未来が実現できた未来を想像し、

      何をすることがその未来に繋がっているのか?

      何をすることはその未来には関係がないことなのか?

      これは、何も難しいことではありません。

      勇気を持つというよりも、今自分がやっていることが「無駄だ」と腑に落ちたとき、行動は変わります。

      ですから、今日の話は、繰り返し繰り返し読んでみてください。

      まずは、このパラドクスを直視して考え続けることが第一歩になります。

  3. この木こりは私そのものです。なにか怖いし億劫なのです。
    わざわざ村まで刃を研ぎに行くことが。
    そしてさびたままでも木を切っていると
    一応少しずつは事が進むので、なんだか気が楽なのです。
    やはり投資というのは生き方そのものである気がします。
    生き方を変えないと投資もうまくいかないと認識しました。
    木こりのたとえ話は非常に腑に落ちました。ありがとうございました。

    1. こたつ猫さん、コメントありがとうございます。

      >>やはり投資というのは生き方そのものである気がします。

      その通りだと私も思います。

      生き方を変えていきましょう。

      トレードをきっかけに生き方が変われば、トレード以外のものも圧倒的にうまく行くようになります。

      トレードを始めたことが、一石二鳥になります。

      いいじゃないですか!

      お役に立てて嬉しいです。

      伝えてくださって、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です