乱高下に注意。史上初の現象とは

2020.3.23
Share:

From:Mr.K
都内のトレーディングルームより、、、
 
歴史的な瞬間。
 
そう表現するにふさわしい
世界の状況になっていますね。
 
まさか、全世界的に
渡航禁止になり、
飛行機が飛ばない日が
来ようとは、
 
誰が想像したでしょうか。
 
100年に1度の現象は
単なる暴落だけではありません。
 
おそらく、株式相場が
始まって以来のことが
起こっています。
 
それは、○○の○○です。
 
これに気づけないと、
ここからの相場を
大きく読み間違えることに
なると思います。
 
恐ろしいのはここから。
 
そう言っても過言ではないでしょう、、、

株価は軒並み大暴落ですが、先週は火曜・水曜・木曜と数十パーセントも3連騰した銘柄が100-200銘柄ほどありました。
 
「暴落がひと段落して、リバウンドするのかな・・・?」
 
そう感じてしまっている人がいたら、注意です。
 
先週、急激に連騰した銘柄に共通しているのは、「空売りポジションの踏み上げ」で上昇したということです。
 
通常、急落したあとの急回復というのは、安くなりすぎた株価に対して、長期目線の投資家が買いに来ることで起きます。
 
つまり、「その銘柄の価値に比べると株価があまりに安すぎる」と市場が判断して株価が戻っていくということです。
 
ところが、今回の急騰銘柄はそれとはわけが違います。
 
先週急騰した銘柄に共通しているのは、信用倍率が極端に小さかったということです。
 
【信用倍率の計算式】
信用買残高 ÷信用売残高 =信用倍率

 
です。
 
つまり、通常は1より大きいのが普通です。
 
株価の急騰というのは成行買い注文が殺到することによって起きるので、急騰するときには、信用倍率が1からどんどん大きくなっていくという動きになるのです。
 
が、、、
 
今回、火曜日から木曜日にかけて三連騰した銘柄のほとんどが、信用倍率が1以下です。
 
0.2とか0.3とかの銘柄もたくさんあります。
 
これは何を意味するかというと、あまりに暴落するので、途中から信用売りでの空売りが多くなっていたということです。
 
買いポジションの損切りが連鎖して急落していくのが普通の動きなのですが、今回は途中から空売りエントリーがガンガン入ることによって下落していたということです。
 
信用倍率が0.2ということは、信用買いの5倍の空売りが入っているということになるからです。
 
そんな状態に気づいた、どこかの誰かが、意図的に大量の買いを入れたら何が起きるでしょうか、、?
 
今、どの株も売買する人が減って板がスカスカです、そんな状態で意図的に大量の買いを入れると、簡単に株価は急騰してしまいます。
 
そして、ひとたび急騰すると、今度は、空売りポジションの人が大きな含み損を抱えることになり、その損切りとしての成行買いが大量に出ることになります。
 
それによってさらに株価は上昇し、空売りポジションの損切りリレーがどんどん進むことになります。。
 
そうすると、見かけとしては急騰が続くことになりますね。
 
この地獄絵図がお分かりいただけますか・・・?
 
暴落したときに、買いポジションの大量の損切りが発生し、落ちすぎたものがリバウンドするときに今度は空売りポジションの損切りリレーが発生しているわけです。
 
つまり、、、先週急騰した銘柄は、「仕手株」のような状態になっています。
 
ドコモなどは別ですが、売買代金の小さな銘柄で急騰したものは、ほとんどがこのメカニズムでしょう。
 
ということは、これからその銘柄はどうなるのでしょうか?
 
一番の大底で意図的に買いを入れた人たちが「利益確定」をするタイミングで、もう一度急落すると考えるのが妥当だと思います。
 
もちろん、未来なのでわからないのですが、「急回復した!相場は底を打った」と考えて日本株を買いに出るには、まだかなり早いような気がします。
 
株価の大元の企業活動自体が、今、ほとんど停止している状態です。
 
そんなとき、そもそも適性株価など計算できないはずです。
 
株式相場が始まって以来はじめて起きている現象というのは、「株式投資家の急減」です。
 
ありえない大暴落で、資金がなくなり株式投資から退場せざるをえなくなった人もしくは企業が大量に出ていることは想像にかたくありませんし、それ以上に、
 
実体経済の方で資金繰りが厳しくなって、株式投資などやっている場合ではなくなり、現金化を進めている人や企業が大量に出ているということもあるでしょう。
 
そういうわけで、株式市場全体の参加人数が減っているわけです。
 
喩えていうなら、カジノが急激に閑散としています。
 
こんなことは今までありませんでした。
 
業種関係なく社会全体としてこれほど急激にお金が不足するということは初めてだと思います。
 
ですから、今までの暴落とは前提条件がかなり異なります。
 
ほとんどの銘柄は、回復に数年以上かかると、私は見ています。
 
株式投資の鉄則は、簡単な相場でのみ戦うことです。
 
今、少なくとも簡単な相場ではありません。
 
出動するときには、銘柄を厳選し、細心の注意を払うことをお勧めします。
 
ちなみに、こんな状況ですが、私は先週の水曜日の寄り付きから、9984ソフトバンクグループと4848フルキャストを空売りし、それぞれ、24.42%と17.69%と含み益です。
 
CLEAR TRADEコミュニティやブートキャンプのメンバーでも同じように空売りして大きな利益を獲得した報告を多数もらっています!
 
どんな相場でもよく目を凝らせばチャンスはあります。
 
悲観するわけでもなく、楽観するわけでもない、冷静な見極め姿勢が大切ですね。
 
それではまた次回。
 
GOOD TRADE!!
 
Mr.K

追伸:
この相場でも利益を積み重ねているトレーダーは
やはり普遍的な理論による戦略を知っています。

そのテーマに絞り、あなたの利益が最大化する
利益確定の方法を公開しますので、ぜひ
オンラインで手に入れてください。

大阪開催 3月28日(土):
http://japan-i-school.jp/jim/smeinarle_03/

東京開催 4月18日(土):
http://japan-i-school.jp/jim/leseminar_04/

関連記事

Pick Up!

乱高下に注意。史上初の現象とはへのコメント

    1. Kitaguchiさん、月曜日に早々に利確することになりましたが、先週の時点での空売りはよかったと思っています!コメントありがとうございました!

  1.  他の知性のかけらも感じないおっさん講師達と違って、先生のブログはいつも知性を感じますね。

    一線を画してます。

    ありがとうございます。

    1. イチさん、コメントありがとうございます!
      お褒めに預かり嬉しく思います。
      ただ、我以外皆師也で、私も他の先生(どなたにもお会いしたことはないのですが)のブログの中にヒントを得ることもありますので、お手柔らかに^^;

  2.  MR.kさんのようなアクセス数の多い知的ブログに関係ない講師のセミナーの案内載せないでください。

    紛らわしいし、悪意を感じます。

    「大阪民国の講師の方は、 世界に誇る民度を持った聖なる日本の首都東京に、犯罪を犯したり、病気をうつしに来ないでください。」と今朝、小池都知事がコメントを発表しました。

     犯罪と病気うつしは難波以南の府内や和歌山あたりで済ませて下さい。

    1. sharkさん、貴重なご意見ありがとうございます!
      このブログは無料なので、、うーん、、^^;
       
      私は自分にできることとして、より良い記事を書いていくようにより一層努力しますので、今後ともよろしくお願いいたします!

  3. この前のメールを読んでいたお陰で、米国株で儲ける事ができました。ありがとうございます。
    経済も予測もできない全くの素人ですが、なぜかこの相場で儲けられています。ということは何かがおかしいですね。しばらく様子見でゆっくりしようと思います。

    1. けんさん、利益おめでとうございます!
      なんと嬉しい!やはり直接みなさんの資産の増加や現象の防止に役立てることが一番の役目だと思っているので純粋に嬉しいです。謙虚な姿勢も素晴らしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です