精神論は相場に必要?

2017.12.20
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

先日、
知人から誘いがあって、
あるセミナーに参加してきました。

そのセミナーでは、

「精神統一を行うと、
物理を超越できるようになり、

やけどもせずに
火の海を渡ることができ、

指導を受けると誰でもそうなれる、
その結果成功できる。」
と言っていました。

宗教のセミナーではありません。

冷静に見つめ
精神統一をすると、
火の熱さを
恐怖しなくなるかもしれませんが、

だからといって、
やけどをしない、
なんてことはないはずですね。

興味があったので、
その修行大会に参加した方に、
状況を詳しくきいたのですが、

火の海を渡ったのは本当でした。

そして、
それができた理由も
すぐに解明できました。

それを論理的に説明します。

まず、
火の海は、
いわゆる火が燃え盛っている海ではありません。

炭が燃えており、
その上をはだしで歩くのです。

下を向くな、と特に注意されます。

歩く距離は短いものです。

さて、
人間はタンパク質でできています。

タンパク質は、
一定の熱を一定時間加えると
細胞破壊がはじまり、
さらに熱を加え続けると
焼けて黒ずみ、やけどとなります。

やけどになるかどうかは、
何度の温度に、何秒間接したか、
で単純に決まります。

やけどがおこる臨界点を
やけど関数fとすると、

f(T,X)=T(温度) * X (接触時間)

です。

具体的な数字で示すと、
70度、1秒以下であれば
火傷は起こりません。

細胞破壊する前に
冷やしてしまえば、
皮膚は多少あかずみますが、
再生されます。

この知識を使って、
炭の状態を解釈すると、
こうです。

炭はレイヤーになっており、
下層は赤く燃えているが、
一番上層は燃えていない。

足が直接触れる上層の温度は、
70度位と思われます。

修行者は、
全体が燃えているように
錯覚しているわけです。

そこを渡る方法は簡単です。

足は二本ありますから、

まず右足を触れて、
1秒以内に右足を浮かせて
左足に踏み変えれば、
右足は直ちに冷え始めるので
安全というわけです。

左足も、同様です。
一秒以内に右足に差し替える。

これを繰り返すと、
やけどせずに、
はだしで火の海を渡ることが可能です。

下をみると
恐怖にかられて足がすくみ、
1秒以内に足を踏み変える作業ができなくなる。

だから、下を向いてはいけないのです。

上を向いて
サクサクすすむ限り、
精神統一しなくても、
その先生の何かを学ばなくても、
可能なはずです。

相場や株式でも、
これと似たような、
宗教がかったセミナーがあるようです。

精神を統一し、
教えを守れば勝てる、
といった類です。

みなさんの求めるものが、
精神統一の方法と火を渡る達成感であったなら、
それでよいと思います。

しかし本来は、
精神統一などしなくても、
正しい方法を知っていれば、
相場で勝てるものです。

より理論的で、普遍的な、
正しい方法を知っていくことで、
今年も、来年も、その先も、
相場で勝ち続ける可能性が
高くなっていくでしょう。

では、また来週。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
「チャートの見え方が変わりました」
「もう負ける気がしません」
圧倒的に高い満足の声をいただけています。

もし、あなたが、
トレードで結果が出ずに、
悩んでいたとしたら、
こちらをご覧下さい。

圧倒的な成果を出す方法を見る


コメント

精神論は相場に必要?」への2件のフィードバック

  1. ラベンダー

    常に数理に基づいた理路整然として毅然とした論理が好きです。
    教えを乞いたいのですが数理に全くもって弱く
    貧乏でおっちょこちょいの私は
    ブログ閲覧させて頂き爪の垢を煎じて飲みたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.