「過去の日本」に優良物件?

2018.10.17
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

ある程度の年齢の方はご存知と思いますが、
TVドラマの「スパイ大作戦」で出てくる
諜報組織にIMF(Impossible Mission Force)というのがあります。

今回は同じIMFでも、
国際通貨基金(International Monetary Fund)
ご紹介します。

IMFは、国連の専門機関で
本部はワシントンD.Cにあります。

国際通貨システムの安定を
維持することを目的としており、

危機を予防するために
世界全体の経済や金融情勢を監視しています。

加盟国の経済政策を監視するにあたり
世界レベルで主要国の経済を分析し、

見通しを示す世界経済見通し(WEO)
という報告書が出されます。

この報告書はIMF理事会の議論のもとに
なるものですが、HPでも公開されています。

さて、世界経済見通しの改定版が
10月9日に発表されました(前回は7月)。

主要国の経済成長の見通しについてですが、
この改定版では従来予想値が下方修正されています。

1525907152381

米国の利上げと貿易摩擦への懸念が
修正の理由のようですが、

その影響は当事者である米国はそれほどでもなく、
さらに、中国にもそれほど影響していないことがわかります。

案外微細な問題にとらえていると感じられます。

この報告の中で、2点重要な事が指摘されています。

1、先進国の成長率が2000年以降、下降傾向にある。

2、2000年以降(あらたな千年の始まりとともに)、
新興市場国と開発途上国の成長が加速し
成長ベースでは先進国を追い越した。

数値を改めて読むと、
中国は今までの勢いはなくなったとはいえ、
それでも6%台の経済成長を続けます。

インドは実に7%台の経済成長。

凄い成長率ですね。

日本もかつてはそうした成長をしていました。

内閣府の数値をもとにすると、
1945年-1954年までの10年間の成長率は平均9%。
1955年-1973年までの19年間の成長率は平均9.2%。

戦後29年の期間では12.6倍の成長をしたことになります。

1973年にオイルショックがあり
後は少し成長が鈍りましたが

それでも、
1974年-1985年の12年間の成長率は平均4.0%。
1986年-1991年の6年間の成長率は4.9%でした。

戦後40年間の期間では、20倍の成長になります。

1989年には日経平均は3,8957円
という最高値を付けました。

ですが、1990年10月には2万円割れを起こし
バブルがはじけます。

1992-2016年の25年の成長率は平均1.2%でした。

表2 (2)

過去の日本のような圧倒的な成長を、
新興国が行っているということ。

そうであれば、そうした国の株式を我々の
ポートフォリオに入れておくのは、
分散投資の上では良い考え
という事になります。

ただし、実際には為替の問題もあり、
実質目減りするリスクが大きい事を
理解しておく必要はあります。

投資信託を中心にこうした国に対する投資が
手軽にできるので、これを機会に、
少し意識をしておくのも良いかと思います。

奥村尚

<編集部のオススメ>
現役のプロトレーダーが
初心者こそ今すぐやるべき
究極のトレード手法を公開します。

あなたは月利何%を目指したいですか?
その目標への最短コースがここにあります。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_181027/

The following two tabs change content below.
奥村尚
奥村尚
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・マーケット アナリスト ・マーケットの魔術師 20兆円もの運用資産をもつ米国大手ヘッジファンド株式投資部門スーパーバイザー、自身も日本でヘッジファンドを主宰。日本証券アナリスト協会会員。 1987年、都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリアム・F・シャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。 2000年 東証マザーズ上場第一号のインターネット総研で金融事業を統括。 2002年 イスラエル天才科学者とベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。 2004年以降は、金融業界とIoT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もらたしている(一度も元本割れなし)。 2015年 個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。 趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。スポーツも好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を10年ほどやっている(NAC マスター男子シングル 9連覇中、2014-2016日本選手権千葉県代表)。ただし、「かなずち」であり、球技も苦手である。

関連記事

Pic Up!

「過去の日本」に優良物件?へのコメント

  1. JPMが株を売買しているが、前大分銀行があったところの上がいでこうじさんがいるマジックラインのところだ。大分銀行は野村証券を買ってくれた。親戚のおばさんが大分出身だから、少し援軍しているようだ。

  2. 前は、現物株で利益が出るときがあったが、今は、現物株じゃ利益が出るときが少ない。信用取引が個人がする株式投資になっている。値段を上げて、売り建てつぶしをしょう。

  3. 今日は+19万円でー525000円だ。大和証券は、価格操作するから、引き出せないようにする。上がるのは七日、下がるのは、七日を繰り返し相場はしている。損している時は、耐えなければならない。売り建ての人は、十分金を持っているから、次下がるまで耐えしのばなければならない。十分七日上がってから売り建てしなければならない。また七日下がってから買わなければならない。

  4. アメリカが選挙でもめて経済がよくなり、また社会がよくなるといい。民主党でも日本に勝てる。やっぱかつくには、大砲やら、ロケット砲やら、航空機に機関銃をつけたり、大量の焼夷弾を落としたり、戦闘機にミサイルをつけたり、日本と全然違う。高度10000メートルから爆弾を落とし、日本の戦闘機がとどかなかったり、高射砲がとどかないところから攻撃したり、戦車が日本のは、機関銃でアメリカのは、大砲。日本の戦闘機の爆弾は、ー発、アメリカは、ミサイルと爆弾。機銃が日本が四つ。アメリカ、イギリスが8発。アメリカ、イギリスは、ドイツに毎日何千機で攻撃し、軍需工場を破壊した。日本は、軍需工場もなく勝つはずがない。対等に戦えるように、弾薬や兵器は、自前でつくるべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。