カテゴリー別アーカイブ: 向後はるみ

私が一番伝えたい3つのこと。

2015.12.02
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

おはようございます。
向後はるみです。

今号が最終回ということで、最後は一番伝えたいことをお話しようと、
この1,2週間ずっと考えていました。

まだまだ、沢山お伝えしたいことがあり、一つに絞るのは難しい作業でした。
ですから、本当に大事なことを3つお話して終えることにいたします。

1つ目は、なんといっても「損切り」です。
わかっていても圧倒的に「できない」というご相談を頂くのが、この損切りです。

損切りによるダメージは、利益の3倍、心に負担が掛かります。
そして恐怖も伴います。これは私たちが意識的に逃げるのではなく、無意識下で起こることです。

人間は恐怖を感じることで身を守ってきたのですから、
どうしても人はそこから逃げたくなるのは当然のことです。

ですが、投資においては、損切りできないことこそ、命取りとなります。
損切りできずに、塩漬けポジションが溜まっていた時に暴落がきたらどうなりますか?

いつか戻ると、根拠もなく考えて保有したまま、その時を迎えてしまったら・・・

塩漬けになっているような状況の銘柄であれば、そこからさらに叩き売られ、
大きな損失を被り、退場になる可能性は高いでしょう。ですから、身を守る、
資産を守るためにも損切りは絶対に不可欠です。

2つ目は、資産管理。リスク管理です。
先述の通り、暴落が起こっても耐えうるようなリスク管理をしっかりしてください。

過熱感が台頭してきたり、VIX指数が急上昇している時には、
保有ポジションを減らし、キャッシュを多くする、またはオールキャッシュにするなど、
地合いに合わせてポジションを調整してください。

資産に対し、レバレッジを掛け過ぎてポジションを持ちすぎていると、
多少の価格の振れ幅でも敏感になり、冷静な判断を下しにくくなります。

信用取引を利用していても、基本はレバ1倍程度、
自信がある時でも2倍程度。無理せず、焦らず、この程度で十分です。

3つ目は、投資用の自分を作るという事です。
これは、「投資脳を持つ」ということと同じと考えて頂いて結構です。
これまで私たちが過ごしてきた日常と、相場では全く違う考え方が必要となります。

人が良いほど相場で苦しんでしまう姿を沢山見てきましたし、
先日のセミナー後にもそのような相談を受けました。

自分がアドバイスすることによって、「本当に気持ちが楽になりました。」と
目を潤ませている姿をみて、私まで涙が出そうになってしまいました。

日常では、人を信じることや、一貫性を持つことが美しい。私もそう思います。
しかし、ことマーケットにおいては、それは命取りになります。

何度も言いますが、出口を決めてからエントリーするには、
必ず自分で決めなければいけないですし、誰も助けてはくれません。

そして、様々な市場参加者がおり、沢山の情報やノイズで溢れています。
信じるなら信じるで、何をもって信じるに値するのか、厳しい目でチェックしてください。

自分にとって心地良いから、都合が良い情報だから
というのは信じる判断基準には値しません。

日常では、言っていることがコロコロ変わる人を見れば信用できないと私も感じます。
しかし、1分一秒変わるマーケット相手では、話は別です。

自分なりに、メインシナリオやセカンドシナリオなど、
ある程度の芯を持ったうえでも、柔軟に対応する、つまり戦略を変えていくことが重要です。

トレードにおいては、自分の感情は必要ありません。

皆様にも、仕事や家庭などでそれぞれ違う顔があるように、
相場に臨むときには、「相場用の自分」でトレードに臨んでください。
そして、相場から離れた時には、いつも通りの優しい顔に戻ってください。

休日は自分が気持ち良いと思うことをして、しっかりリフレッシュしてくださいね。
精神的負担と、リターンのバランスについても考えてみてくださいね。

これまで、私の記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございました。
皆様が幸せな投資人として、皆さまそれぞれの夢を叶えられることを心からお祈りしております。

向後はるみ


損切りラインをどう決めるのか?

2015.11.27
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

前回の記事では、
「実際にエントリーするときには、必ず出口を決めてから入りましょう」とお話しました。

では、出口はどう決めたらいいのか?
というお話を今回はしていきますね。

例えば、買いから入ったのであれば、どこまで上がったら利益確定をして、
どこまで下がったら損切りなのかということになります。

なかなかどこまでというのが分からない方が多いと思います。
入口も出口も決めないとあいまいなトレードになってしまいます。

ルールを決める事は安定したトレード実現に繋がりますので
はっきりと決めて頂く事は絶対条件です。

基本的に、上昇トレンドが継続しているのであれば、
少しずつ売り上がっていくのも良いでしょうし、トレンドが崩れるまで、
利益を伸ばしても良いと考えています。

ですが、損切りラインについては先に決めておきましょう。
どの時間軸で、何を見て考えてエントリーしたかというのが重要なので、
それを元に考えておきましょうね。

イグジットの価格については、まずは「買った理由がなくなった時」や
「テクニカルで決める」ことから入られてみてはいかがでしょうか。

もちろん、%による損切りマイルールが確立されている方は、それで結構だと思います。
テクニカルであれば、多くの市場参加者が見ている節目付近に注目しましょう。

5、25、75日、13週、26週移動平均線であったり、一目均衡表、ボリンジャーバンド、
フィボナッチ、価格帯別出来高などいくつかのテクニカル指標を見て、どのラインが
サポートとして機能しているのか確認しておいてくださいね。

テクニカルは、一つの指標で決めるのではなく、複数を見て総合判断するのが定石ですよ。

今日も私の記事をお読み頂き、ありがとうございます。
正しい判断で、安定したトレードをされる方が増えますように
ブログランキングクリックお願いします。


エントリーはこれを決めてから入る?

2015.11.25
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

私はいつもセミナーの時にこの話を入れるようにしています。

「エントリーするときには、必ず出口を決めてからエントリーしましょう」

ポジションを持つ時には、必ず出口つまり利益確定や
損切りの価格を決めてからエントリーしましょうという事です。

特に、ここで大事なのは、損切りの方です。

利益確定ラインについては、買いでエントリーした場合、
上昇トレンドが継続して利益が乗っている時は、利を伸ばすのはアリだと思います。

しかし、損切りラインについては、必ずここで切ると決めてエントリーしてください。
そして、そこまで損したつもりでエントリーしてください。

どうしても、難しいという意見が多いのが、一番大切な「損切り」です。
損切りこそ、自分の資産を守るものだとわかっていても「出来ない」という方が多いのもこの「損切り」です。

私たちが通常ポジションを持つのは、それで利益を得られると
考えてエントリーします。ですから、どうしても初めの段階から、プラスの方に心が傾いた状態です。

なので、それに反した状態でも、損失から目を背けずに
決済ボタンを押すには、初めにリスクを受け入れてからエントリーすることがベストです。

つまり、そのラインまで損したつもりでエントリーすることです。

大事なのは、生き残ること。
相場では、100戦100勝なんてありません。

上手く負けることができることこそ、生き残り術には欠かせません。

今日も私の記事をお読み頂き、ありがとうございます。
皆様がトレードで生き残り続けていかれますように、
ブログランキングクリックお願いします。


国策ど真ん中銘柄が一番相場になるとは限らない?

2015.11.20
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

おはようございます、向後はるみです。
先週末の14日(土)は、名古屋にて億トレーダ―むらやん氏との
コラボセミナーに登壇してまいりました。沢山の方にご来場いただき、あっという間の2時間でした。

2121212

そちらでも、「国策については、首相官邸のHPでイラストなども交え、
見やすく纏められていますので、是非ご覧になってくださいね」というお話をしたのですが、
その後、首相官邸のHPって何ですか?という質問を頂きました。

首相官邸で検索してkantei.~のものですよ、とお話をしていたのですが、
あまりピンと来ていないご様子で・・・あぁ、意外にわかりにくいものなのかなぁと感じました。

そこで、今回はそちらのURLと国策銘柄の
おススメ使い方とチェックポイントをお話しますね。

まずは、首相官邸HPはこちらです。
トップページでは、キーワードなどがわかりやすくまとまっています。

アベノミクス成長戦略で、明るい日本に! ≪詳細版≫

「日本再興戦略」改訂2015-未来への投資・生産性革命-の改革2020プロジェクト・工程表

「これまでの改革の主な成果と新たな取組」

『改革2020』プロジェクト

この辺りをご覧いただくと、国策って何だろうという
疑問が解消されるかと思います。

さて、この沢山ある国策関連銘柄ですが、動き出してから調べるのは
大変なので、先にある程度、ご自身でまとめておくことをお勧めします。

関連銘柄は、下記のサイトなどでも簡単に検索できます。

四季報ON LINE
株探
アセットアライブ株式情報

ポイントは、国策のド真ん中銘柄が、一番、相場になるとは限らないことです。

上昇率だけ見れば(持続性は地合いや需給など、銘柄によりますが・・・)
国策に絡んでいる、中小型株の方がぶっ飛びやすかったり、力強い上昇を継続したりします。

そこも考慮しながら、機動的に対応してくださいね。

今日も私の記事をお読み下さり
ありがとうございます。ブログランキングクリックお願いいたします。


売買に根拠を持つ為に有効なテクニカル

2015.11.18
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

おはようございます。
向後はるみです。

どの街に行っても早くもクリスマス一色になってきましたね。
最近バタついていましたので、季節感は外に出て初めて感じます。

肌で感じて初めて理解しますが、これは私は
トレードでも同じでして、根拠が無いとトレードしませんが
その有効な一つとしてテクニカル分析がありますね。

今回は、テクニカル指標の中でも、世界中で最も使われている
「移動平均線」についてご紹介します。

移動平均線を英語で表すとMoving Averageで(以下、MA)です。
簡単に言うと、一定期間の終値を足した値から、その期間で割った平均値を結んだものになります。

通常よく使用されるのは、日足であれば、5日、25日、75日、200日。
週足であれば、13週、26週、52週、月ベースでは12、24、60、120ヶ月です。

MAはその期間の平均買いコストとみることができます。
ですから、そのMAよりもローソク足が上にあれば、その期間に買った投資家は
概ね儲かっているとみることができます。

逆に、同線よりもローソク足が下にある場合には、その期間に買った投資家は
ほぼ含み損を抱えていている状態とみることができます。

さて、ここで考えてみましょう。

もし自分が買った価格よりも株価が下がっていたとします。
買値まで戻ってきたら、売りたい、できれば同値付近で撤退したいと考えませんか?

そういった投資家の心理が見えるのも移動平均線です。
5日以内に買った投資家が含み損を抱えていたら、その買いコスト付近、
つまり5日移動平均線では売りが出ますね。

逆に、含み益の状態であれば、急いで売る必要はありませんね。
このように、常に投資家心理を読み取る癖をつけていきましょうね。

あなたの売買判断がより効率の良いものとなることを願っています。

今日も私の記事をお読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングクリックお願いいたします。