相場が「見える」ためにすべきこと

2018.5.17
Share:

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

今年も政治的リスクや地政学リスクなど、
マーケットに影響を及ぼすニュースが
次から次へと出てきますね。

6月の米朝首脳会談、
イラン核合意改訂、などなど

読者の皆さんは、
これらのニュースを見て
相場にどう影響すると思いますか?

こういう話をトレーダーの方にすると
賛否両論あります。

『そんなことを予想して売買したら
 ギャンブルになりませんか?』

『考えるだけ時間の無駄でしょ?』

色んなご意見があると思います。

確かに、勘だけで
上がるだろうから買うなんてことをすると
ギャンブルになってしまいます。

しかし私が言いたいのは、
巷に出てくる様々な情報を
そのまま受け入れてしまうのではなく、

自分のフィルターを通して
受け入れて欲しい
ということです。

米朝会談やイラン核合意において、
トランプ政権が何を目的にしているのか…

それによってマーケットが
どう誘導されるのか…

そんなことを考えることで
本質が見えてくるかもしれません。

おそらく、トランプ政権の外交目的が
○○だとすれば、今後の相場の方向性が
紐解けるのではないでしょうか。

(結果ではなく、その思惑や目的を
 知ることが大事だと考えます。)

そして、それによって近い将来に
マーケットが大きく動くはずです。

全てが見えるわけではありませんが…

ファンダメンタルズ分析や
テクニカル分析と合わせることで、

見えなかったものが
朧気に見えてくるようになることも
少なくありません。

こういう視点も
すぐに習得できるわけでもなく、

成果を実感するまでは
地道な長い道のりかもしれないですね。

ただ、継続する人と
数ヶ月で諦めてしまう人とでは、
相当な差が出来ることも事実です。

やがてそれが、
自分の相場観となり…
自信へと繋がるなら、

近い将来には、
チャートを見ながらニヤニヤする…
そんなトレーダーになると信じております。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

The following two tabs change content below.
億り人
億り人
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:日経225先物・株式 大阪生まれ大阪育ち。 学生時代は応用物理学を専攻し、立体画像についての研究を行う。 大学卒業後はマスコミ業界でサラリーマンを務めた後、同業界で独立起業するものの、独学で始めた株式投資で多額の借金を抱える。 トレードで結果を出すため試行錯誤していく中で、資金筋や機関投資家などの相場のプロと出会い、相場の裏側を目の当たりにする。プロの相場師との出会いにより投資の本質を知ってからは、投資で抱えた借金を完済し、資金を当時の10倍以上に殖やすまでの劇的な変化を遂げる。 これまでの投資キャリアの中で培ったノウハウを元に、2年で資金を10倍にする『億り人』計画を発足させ相場研究サークルを立ち上げる。現在は東京、大阪にて『億り人』セミナーを開催するほか、株式投資スクールや投資顧問会社などから依頼された教材の制作・監修も行っている。 日経225先物のスウィング・デイトレード、株式デイトレードなど幅広いスタイルで日々トレードを行っている。

関連記事

Pic Up!