勝つ技術より減らさない技術

2019.2.5
Share:

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

さて、毎年1月は
相場のトレンド転換が現れていますが、
今年もそろそろといった局面に
なってきました。

(注)
これを書いているのは
2019.1.31です。

2019年も最高益を
更新するために、
研究を進めています。

さて、新年の気持ち新たに
トレードをする皆さんに、
一番知ってほしいことがあります。

それは、利益を残したいなら、
勝ち方より守り方を
先に勉強してほしいということです。

一昨日、東京の丸善(巨大な本屋)で
投資の本を5冊ほど
買ってまいりました。

「最近はどんな本が
出ているのかなー」

と市場調査のつもりで
行ったのですが、

ひどいですね。

まともな本がほとんどありません。

何が悪いかというと・・・

=====

ほとんどの本が、
エントリーポイント
(=どこで買うか)

ということしか書いていないのです。

確かに、
どこでエントリーするか?
ということは重要です。

株式トレードなら、
銘柄の選択が勝敗を
大きく分けていることは
事実だと思います。

FXでも、
どのタイミングで
入るかは超重要です。

しかし、、、

それ以上に大切なことが、
資金の守り方なのです。

最近の書籍出版は、
売れるタイトルに傾倒しすぎで
内容が薄いのですが、

昔出版された名著には、
真実が書かれているものも多いです。

例えば、
私がCLEAR TRADEコミュニティで
推薦図書にしている本

ーーーーーーーーーーー
マーケットの魔術師
著:ジャック・D・シュワッガー
ーーーーーーーーーーー

に掲載されているような、
アメリカのトップトレーダー達の
本物の戦略を読み解くと、

全員が示し合わせたように
同じポイントを強調しています。

それが、

ポジションサイズと
損切りの速度です。

この2つは根幹であり、
トータルで勝つか負けるかを
大枠として決めている要素です。

あまりに重要で決定的なので、
できている人は、当たり前すぎて
紙面を割いて語ろうとしないのかもしれません。

また、多くの人が知りたいのは
上がる銘柄の選定技術なので、
あまり語られることがないのかもしれません。

しかし、私の投資研究の結果でも、
1年半以上やっている
投資AIの開発の結果でも、

はたまた、実際に伝説と
呼ばれる偉業を成し遂げた
本物のトレーダー達のインタビューを
読み解いてみても、

やはり、一番重要なのは
ポジションサイズと
損切りの速度です。

この2つを深く理解するのに、
多くの人は5年以上を費やします。

勝てるようになるのに、
数年かかると言われる所以です。

ポジションサイズというのは、
一度のトレードにおいて
全資金の何割を使うのか?

ということです。

いつもトータルで
負け越してしまう人は、

だいたい一回一回の
トレードの金額が大きすぎます。

一回に買う株数が
多すぎるという意味です。

いつも大きくマイナスに
なってしまう人は、
買う株数を半分にしてみましょう。

次に、損切りの速度です。

損切りというのは、
本当に奥が深い概念です。

損切りは、
損を確定しているのではなく、
ただ単純に休んでいるだけです。

ちなみに、
含み損を抱えているときに
そのまま保有しているのは、
攻め続けていることになります。

多くの人が、

保有=現状維持
損切り=敗退

と思っていると思いますが、
実際はそうではなく、

保有=攻め続ける
損切り=現状維持

です。

事実、損切りをすることで、
あなたの口座資金は
損切り時点の金額で止まります。

逆に、含み損を放置すれば、
口座資金は毎日上下します。

つまり、言葉の綾なのです。

塩漬けというのは、
塩漬けで寝かせているのではなく、

不利な銘柄に毎日トライしている
という状態であり、

本当に資金を寝かせるというのは、
ポジションをすべて切って
口座に資金をただ置いておく
という状態を指します。

このあたりの概念を
事実と正反対に捉えているので、

多くの人は損切りができない
という悩みに駆られます。

でも、損切りができない
=休憩できない

ということなので、
本来、ものすごく変な状態なのです。

損切りについては、
一度、ご自身で時間をとって、

静かな部屋でよくよく
考えてみてください。

ポジションサイズと
損切りの深い理解が、

大きな利益のための
必須技術ということを
覚えておいてください。

私だけが言っているのではなく、
過去・現在の伝説(レジェンド)級の
プロが言っていること
です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のおすすめ>
今度こそ負け組から卒業したいけど、
そのためにするべきことがわからない…
とお悩みの方へ

40年以上の歳月をかけて生み出された、
下落相場もチャンスに変える
一生モノのトレード技術をすべて伝授します。

限定6名のため、
このチャンスを逃してしまわないよう
今すぐお申し込みください。

http://japan-i-school.jp/jim/190225_seminar/

The following two tabs change content below.
Mr.K
Mr.K
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専業トレーダー 2016年10月までは某大手企業に勤め、平日は朝8時から夜の22時まで働く現役バリバリのサラリーマンでありながら、1日わずか10分の作業時間で月利20%以上を安定的に稼ぎ出していた。 サラリーマンとして、大企業ならではの組織の力を使って世の中を変えることを目指しつつ、自らの資産形成のために2013年から株式トレードを始める。スタート当初は、様々な投資本や教材に手を出し、1000時間以上勉強するものの、全く結果が出ず、トレードを諦めそうになるまでに。最後に一大決心で本気を出し、9日間の夏休みを丸々使い朝9時から夜12時まで過去の株価チャートを見続けた結果、人間心理そのものが勝つトレードと逆行していることに気づき、それを逆手にとれば、株価は確率的に予測することができるということを発見する。 それ以降は、ローソク足と単純移動平均線だけを使った投資理論を確立する。株式トレードの勝敗を決めるのは、手法ではないという考えをもとに、勝つために必要な考え方を独自のトレード理論として言語化に成功。現在は、かつての自分と同じように株式トレードでなかなか結果を出すことができない人の役に立つべく、スクールでの指導や個別コンサルなども行っている。これまでに300名を超える指導実績と自身のコミュニティに100名近い参加者を抱える。サラリーマンから独立した現在は、世界規模でのビジネスに携わる他、研究機関と人工知能を用いたトレードシステムの開発を行うなど、その活動は多岐に渡る。
Mr.K
最新記事 by Mr.K (全て見る)

関連記事

Pic Up!

勝つ技術より減らさない技術へのコメント

  1. 去年7/29のブートキャンプ DAY1に参加した、アラフィフ主婦です。
    貴重な情報を、いつも無料で提供して下さって、本当にありがとうございます。
    さっそく、「マーケットの魔術師」を図書館で予約しました。
    ブートキャンプ動画復習を4回、ブログやラジオもいつも拝見(聴)しています。
    おかげ様で、FXデモトレードでは、
    去年10月:勝率67%、RR比率0.49
      11月:勝率100%、RR比率∞
    の結果を出すことができました。
    Mr.kの考え方に触れることができて、自分の人生で本当に大切なことにフォーカスできるようになったと思います。
    昨年12月から、下の子の大学受験フォローと新しい仕事の勉強でトレードから遠ざかってしまいましたが、またデモトレードから継続したいです。

    1. デモトレードとは言え、素晴らしい成績ですね!とても嬉しいです!

      また、トレード実績もさることながら、人生全般に良い影響が出ていることも感じられてなお嬉しいです!!!

      メッセージいただきありがとうございます。励みにこれからも頑張ります。

    1. コメントありがとうございます。
      ATRという考え方は参考にしています。

      具体的には、逆指値の損切りラインを設定するときに、ATRの範囲より外側になるようにと意識しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。