【第1話】上昇株を見つける「EPSの法則」とは?

2019.2.18
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

「上昇する株を見つけたいのに、
どうしたらいいかわからない」

「推奨させた株を買ったら、
大きな含み損を抱えてムカついている!」

こういった感情をお持ちの方も
いらっしゃるかもしれません。

そんなあなたに、
これから上昇株を見つける方法を
4つお伝えします。

その他、絶対にやってはいけない
7つの過ちについても、
シリーズとしてお伝えします。

上昇する株はただ
「なんとなく上昇する」とか、

根拠のない情報を組み合わせて、
感情的に見つけるものではありません。

誰がやっても同じ結果が出る、
再現性のあるやり方でなければいけません。

ここからは書籍にもまだ出ていない内容や、
高額セミナーでしか教えていないような
内容もどんどん配信していきます。

一人でも多くの方がこのやり方で
資産を増やしていただければ幸いです。

これからの新時代をリードする、
最先端の投資理論をこれから公開します。

上昇株を見つけるためには、
3つのアルファベットがキーポイントとなります。

上昇株を見つけるキーワード「○P○」とは?

あなたはこの前後に入る文字は
なにかわかりますか?

その答えは、

Earnings Per Share

つまり一株あたりの利益になります。

EPS(イー・ピー・エス)=一株あたりの利益

*ここは大切なことですのでメモしておいてください。

なぜ、このEPSが重要かというと、
投資家は同じ資金を投資するにあたって、
より利益が出る銘柄に投資したいですよね。

A:利益を出している銘柄
B:利益を出していない銘柄

当然Aの利益を出している銘柄のほうが配当も出ます。

次に、

A1:たくさん利益を出している銘柄
A2:わずかしか利益を出していない銘柄

こうなった場合、
A1の銘柄のほうが同じお金を投資して、

効率よく資金を回し、
利益につながっているわけなので、
断然A1の銘柄を欲しいというニーズが高まります。

欲しい人が多いと、
売り手が少なくなるため、
株価が上昇します。

単純な法則ですね。

ここまではシンプルな法則ですので、
理解できたと思います。

では、そもそも
EPSはどうやって見るのかというところで、
計算式をご紹介します。

EPSの方程式を覚えよう

EPS (一株あたりの利益)=利益÷発行済株式数

で表現されます。

例えば、1億円の利益を出したとします。

その場合、
日本を代表するような大企業が出した利益なのか、

それともまだ上場したばかりの
ベンチャー企業なのかによって
価値は異なりますよね?

そのため、その会社が発行している、
発行株式数で利益を割ると、
平等に一株あたりの利益という目線で
株の価値を評価することができます。

EPSと株価の相関関係

それでは次に、
EPSと株価についての関係性を見てみましょう。

決算をすることでその企業の利益が発表されます。

当然、現在発行している株数に対して
どれくらいの利益を出したかを
見ることができますので、
このEPSは簡単に出すことができます。

EPSが上昇すると、
どうなるかを見ていきましょう。

上の図のように、
EPSが1,000円だったのに、
次の決算で大幅な利益を出した場合、
EPSが1,100円に上昇したとします。

そうすると、
一株あたりの利益が上がりますので、
当然この銘柄を「買いたい」という投資家が増えます。

つまり、売り手よりも買い手のほうが
圧倒的に多くなりますので、株価が上昇します。

決算発表後に上昇するのは、この理論ですね。

次にEPSが下がってしまったらどうでしょう?

決算発表後、
利益が減ってしまったという発表をした場合、
発行済株数で利益を割ると、当然EPSが下がります。

上の図のように、EPSが800円まで下がると、
投資家はこの株を売りたいという
ネガティブなニーズになります。

当然同じ資金を運用するのであれば、
たくさん利益を出す企業に投資したいわけなので、

EPSが下がればそれを売って、
より利益を上げる企業に乗り換えてしまうのです。

つまり、EPSの数字によって
利益が上がるかどうかというのが
とても重要になってくるということです。

EPSを上げる2つの方法

ここまではEPSが株価に
大きな影響を与えるということが理解できたと思います。

それでは、ここからEPSを上げるための
具体的な2つの方法についてお話しいたします。

これを知ることで、
上昇する株を見つけることができます。

1つ目の方法は、
利益を上げるということです。

決算発表で1億円の利益だったのが
2億円になったとします。

この時発行済株式数
(ここでは仮に10万株だとします)
で割ることで、

EPSが1,000円だったものが2,000円になります。

当然、EPSが倍になったために、
この銘柄をほしいというニーズが高まります。

EPSを上げるためには会社が利益を多く出せば、
株価が上昇するというものです。

それでは、次に会社手動で
EPSを上げることについてお伝えします。

2つ目の方法は、
発行済み株式数を少なくするということです。

先程のEPSの計算式を見てみましょう。

EPS(一株あたり利益)=利益÷発行済株式数

でしたね。

つまり、利益と発行済み株式数という
2つのパラメーターで、
数字が変わるということです。

1つ目の方法は利益を上げるというもの、
2つ目の方法は発行済株式数を
少なくしてしまうということです。

分母である10万株を9万株にすると、
EPSというのは意図的に上げることができますよね。

EPSを上げる2つ目の方法とは、
発行済株式数を少なくするということです。

これは企業側が手動で行うことができます。

その発行済株式数を少なくする方法というのが、
「自社株買い」です。

自社株買いでEPSを意図的に上げる

発行している株を自社が買うことで、
流通する株式数が少なくなります。

上の図のように、
10万株あった株の内1万株を自社で買い、
9万株しか流通していないようにすれば
EPSがあがります。

企業が自社株買いをする理由は2つあります。

1,自社の株を安いと思っている
2,株主により多く利益を還元したい

です。

まずひとつ目の割安だと思っているということですが、
企業がイメージしている株価と
マーケットで取引されている株価が
完全に一致することはありません。

企業が未来に向けて先行投資し、
これから更に利益が上がるということがわかれば、

市場で評価されている株価が「過小評価である」
という判断をすることができます。

その場合、
自社で株を買ったほうが有利になりますので、
自社の株を買うということができます。

次に、株主に対してより多くの利益を
還元したいというのは、
双方にとってメリットが有ることです。

企業としては、
株主に株を売ってほしくないと思っているし、
できれば追加で株を買ってほしいと思っています。

株主から見れば、
企業がより利益を上げてくれるのであれば、
そのまま株を持っていたいという気持ちになりますし、

なおかつ高い利益を上げるのであれば、
追加で買いたいという気持ちになります。

つまり、自社株買いをして
一株あたりの利益であるEPSを上げることができれば、
その株は人気になり株価が上昇します。

これは会社が手動で行うことのできる、
唯一の方法です。

自社株買いで上昇したカカクコムの事例

2017年にカカクコムは自社株買いをしました。

2017年3月15日のIRで、
カカクコムが自社株買いをしたことを発表しました。

当時の株価は1,890円。

テクニカル的に見ると
ここから下がりそうなチャートですが、
ここから株価がどうなったかを見てみましょう。

自社株買いをしてから、
6月21日の株主総会に向けて
株価は順調に上昇していきました。

その差はなんと、32.4%。

このように、
株主総会の3ヶ月前に自社株買いをして、

株価をキープしつつ既存株主に
追加で買ってもらうような動きがあったために、
自然と株価が上昇していったという事例です。

その他の2018年に自社株買いをした銘柄のランキングをご紹介します。

コード 銘柄名    市場  発表日 発行株数に 買付株数 買付方法  買付期間(買付価格)
対する割合(%) (千株)
<6502> 東芝     東2   11/8   39.90   260000  市場  18/11/9~19/11/8
<4569> キョーリン  東1   9/26   24.09   18000  市場他  18/9/27 (2464円)
<6930> 日本アンテナ JQ   8/27   19.99    2500  市場他  18/8/28 (805円)
<3375> ZOA    JQ   8/6   19.72    380  市場他  18/8/7 (848円)
<7946> 光陽社    東2   6/6   18.30    250  市場他  18/6/7 (1562円)
<9278> ブックオフG 東1  11/12   16.55    3400  市場他  18/11/13 (756円)
<8890> レーサム   JQ   8/13   15.03    6802  TOB   18/8/14~9/10 (1470円)
<6794> フォスター  東1   8/30   14.51    3750  市場  18/9/3~19/3/31
<6676> メルコ    東1   7/26   14.48    3000  市場  18/7/27~19/7/26
<9742> アイネス   東1   7/27   13.99    4000  市場  18/8/2~19/3/11

<7826> フルヤ金属  JQ  11/19   13.92    1000  TOB   18/11/20~12/18 (5300円)
<8008> 4℃ホールデ 東1  11/22   13.23    3500  TOB   18/11/26~12/21 (2198円)
<4642> オリジナル設 東2   11/5   12.83    1000  TOB   18/12/6~19/1/24 (1000円)
<4556> カイノス   JQ   9/25   11.22    500  市場他  18/9/26 (1103円)
<4689> ヤフー    東1   7/10   10.73   611111  TOB   18/7/11~8/9 (360円)
<7523> アールビバン JQ  12/20    9.96    1250  市場他  18/12/21 (623円)
<7883> サンメッセ  JQ   9/14    9.94    1710  市場他  18/9/18 (444円)
<8141> 新光商    東1  10/31    9.75    2000  市場  18/11/1~19/10/30
<6797> 名古屋電機  名2   7/24    9.43    600  市場  18/7/25~8/24
<1878> 大東建    東1  12/18    9.43    7000  市場  18/12/18~19/12/17

<1866> 北野建    東1   6/22    8.34    5000  市場  18/7/2~19/3/26
<8140> リョーサン  東1   6/22    8.17    2000  市場  18/6/25~19/3/31
<3023> ラサ商事   東1  11/27    7.99    1000  市場他  18/11/28 (921円)
<3011> バナーズ   東2  11/29    7.72    1400  市場  18/11/30~19/5/31
<4901> 富士フイルム 東1   8/9    7.43   32000  市場  18/8/10~19/4/30
<5956> トーソー   東2   8/21    7.30    750  市場他  18/8/22 (521円)
<9437> NTTドコモ 東1  10/31    7.24   260000  市場  18/11/1~19/3/31
<3375> ZOA    JQ  11/19    7.15    112  市場他  18/11/20 (913円)
<8912> エリアクエス 東2   9/7    6.67    1500  市場  18/9/25~19/3/29
<3501> 住江織    東1   9/10    6.63    500  市場  18/9/11~11/9

<7991> マミヤOP  東2   11/7    6.63    616  TOB   18/11/8~12/10 (896円)
<3360> シップHD   東1  11/27    6.62    3300  市場  18/11/28~19/3/31
<8944> ランビジネス 東1   9/18    6.58    1650  市場  18/9/19~19/9/18
<8129> 東邦HD   東1   6/7    6.57    4500  市場  18/6/8~12/31
<4921> ファンケル  東1  11/13    6.54    8528  TOB   18/11/14~12/12 (2579円)
<9742> アイネス   東1  12/17    6.51    1650  市場  18/12/18~19/3/11
<7202> いすゞ    東1   8/3    6.34   50000  市場他  18/8/6 (1580円)
<9446> サカイHD  JQ   9/25    6.29    684  TOB   18/9/26~10/24 (1315円)
<6925> ウシオ電   東1  12/20    6.26    8000  市場  18/12/21~19/12/20
<3341> 日本調剤   東1   7/31    6.25    1000  市場  18/8/1~19/3/20

<4719> アルファ   東1   9/20    6.07    900  市場他  18/9/21 (2928円)
<2761> トシンG   JQ   8/17    6.05    500  市場  18/8/20~19/7/31
<5142> アキレス   東1   8/8    6.00    1000  市場  18/8/9~19/7/25
<4840> トライアイズ JQ   9/18    5.98    500  市場  18/9/19~19/9/18
<8184> 島忠     東1  10/12    5.97    2700  市場  18/10/15~19/8/31
<4735> 京進     東2   10/9    5.96    500  市場  18/10/10~19/10/9
<5019> 出光興産   東1   7/10    5.77   12000  市場  18/7/17~12/28
<2579> コカBJH  東1   11/9    5.77   10800  市場  18/11/12~19/5/31
<2340> 極楽湯HD  JQ  11/15    5.72    1000  市場他  18/11/16 (598円)
<4659> エイジス   JQ  11/22    5.68    500  市場他  18/11/26 (3205円)

(情報元:株探より)

EPSの法則のまとめ

いかがでしたでしょうか?

EPSの法則とは、
利益と発行株式数という2つのパラメーターから
成り立っているものであり、
その両方から分析した方法になります。

1,自社株買いをしたIR情報を見つける
2,株主総会が何ヶ月後に控えているかをチェックする
3,自社株買いをした割合をチェックする

ということです。

こういった銘柄はEPSが上昇し、
誰もが欲しがる株に変わるため、
将来的に上昇する可能性が高いということです。

ここで、リスクについてお伝えしておきます。

自社株買いをした銘柄が
絶対に上昇するということではありません。

ここでは2つのリスクについてもお伝えしておきます。

1,自社株買いをした割合が低いこと
2,日経平均株価が大幅に下落した場合

このような場合は、
魅力的な自社株買いのIRを発表したとしても
株価は上昇しませんので、十分に注意してください。

本気で学びたい人へウェブセミナー

EPSの法則を簡単にまとめさせていただきましたが、
いかがでしたでしょうか?

現在ウェブセミナーでは、

「株式投資でやってはいけない7つの過ち」

「上昇株を見つける4つの方法」

について公開しております。

受講料1,080円という価格ではありますが、
書籍にも出ていない上昇株の見つけ方などを
具体的にお伝えしております。

このセミナーを具体的に学びたいという方は、
以下のURLをクリックして1,080円を決済の後、
ウェブセミナーを受講してください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ウェブセミナーのテーマ:
「株式投資でやってはいけない7つの過ち」
「上昇株を見つける4つの方法」

参加費用:1,080円
受講時間:20時
開催日時:2019年2月20日〜22日(3日間限定)
お申込み:http://japan-i-school.jp/jim/hkt_190218/

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

次回の上昇株を見つけるキーワードは…

○F○です。

真ん中の文字が「F(エフ)」ですが、
前後に来る文字もアルファベット2文字です。

これは何を意味する文字かわかりますか?

ピンときた方は、
もう株式投資でたくさんの利益を上げて、
資産を作られている方ですね。

このアルファベット3文字から、
上昇株を見つける方法を公開します。

この講座を無料お試しで視聴

このEPSの法則の一部を動画で公開します。

ウェブセミナーで開催している一部ですが、
このようなものが7つの過ち+4つの上昇株の
見つけ方で構成されています。

▼EPSの法則

株式投資で割安の株を見つけて、
上昇する株を効率的に探したい方は、
このウェブセミナーで学んでください。

書籍にはまだ出ていない秘密の方法や、
高額セミナーでしか教えていないノウハウも
たった1,080円で学ぶことができます。

以下のURLをクリックして受講してみてください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ウェブセミナーのテーマ:
「株式投資でやってはいけない7つの過ち」
「上昇株を見つける4つの方法」

参加費用:1,080円
受講時間:20時
開催日時:2019年2月20日〜22日(3日間限定)
お申込み:http://japan-i-school.jp/jim/hkt_190218/

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

素晴らしい結果をお待ちしております。

追伸:

今まで空売りを中心に
会員様と面談を重ねていましたが、
株を「買い」で利益を出せていない人が
あまりにも多いことに驚きました。

ただ単純にテクニカルとかファンダメンタルズとか、
株情報に依存しても利益を出すことはできないですよね。

きちんとしたファイナンス理論や金融法から
見た再現性可能な方法を
正しく伝えなければいけないと思い、
公開させて頂きました。

次回も、○F○の特集を掲載していきます。
お楽しみに!

関連記事

Pick Up!

【第1話】上昇株を見つける「EPSの法則」とは?へのコメント

  1. 残念ながら20日と22日に用事がありまして、受講できません。
    先生の記事は、とても勉強になりますし、とても楽しみにしています。
    チャンスの女神は前髪しかないと言われています。貴重なチャンスを逃すことが残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です