相場の明日は占えるのか?

2019.9.4
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

突然ですが、
「明日の株価が上がるか下がるか」
これは誰にもわかりません。

わかることとすれば、
確率50%で当たる、
もしくは外れるということです。

仮に上がるか下がるかを
非常に良く当てる人がいたら、
どのくらい的中率が高ければ儲けられるでしょうか?

手数料が0.2%、
上げ(もしくは下げ)が毎回0.5%、

日経平均では、100円程度に相当する上げ(下げ)として、
エクセルでシミュレーションしてみると、

この条件下では、
70%以下の的中率では、
損をします。

確率70%を超えて当たる人がいた場合、
先物取引で儲けられます。

もし、そういう人がいるなら
もの凄い富を持っているはずですが、
そんな人はいないでしょう。

安定的に、
70%の的中率を超えて、
毎日の相場を当てることはできるはずがないのです。

明日を当てることは無理だ
とあきらめておきましょう。

では、もう少し先、
2、3ヶ月~数か月程度の先を読むことはできるでしょうか。

相場感がある人は、できる
と思います。

なぜかというと、
この方法で成功している人は
ヘッジファンドを中心に、
世の中にゴロゴロいるからです。

「普通に考えて」
割安なものを買う、
もしくは割高なものを売る。

いずれ、その割安なものは、
もとの正しい価値まで上げる。

いずれ、その割高なものは、
もとの正しい価値まで下がる。

でも、それは明日起きるわけではない。

だから、しばらく待つ。

おそらく数か月間、
ひたすら待つ。

「普通に考えて」の部分は
多くの場合、
ファンダメンタル分析です。

割高、割安の基準は、
相対評価です。

「普通に考えて」
あり得ない程の価値のために
無理に高値を維持しようとしても、
いずれ下落します。

(たとえば政府が通貨を
高い価値のまま維持しようとしても、
経済の実力がそれに見合わない場合)

ジョージソロスが、
割高な英国ポンドを売り浴びせて、
結局イングランド銀行が通貨を切り下げたのは、
有名な話ですね。

最後に、割高な状態が続いている、
トルコ通貨を紹介しておきましょう。

トルコのGDP成長率
2019年IMF見通し -2.5%
OECD見通し -2.6%
今年1-3月期実績 -2.6%

2019年 上半期鉄鋼生産量 -10.1%

それでは、次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
たった2時間で相場の本質を理解し、
大きな値幅をコンスタントに取る
目からウロコの情報をお伝えします。

これまで勝てなかったトレードから
脱却するチャンスを手に入れましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarok_1909/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。