トレードで生活費を稼ぐ戦略

2020.4.3
Share:

From:高橋陽子
自宅のトレードルームにて、、、

皆さん、おはようございます。

今日も元気に巣ごもり中の高橋です。

現在の日経平均ですが、
ちょっと前には大きく回復したと思いきや、
また落ちてきています。

(4月2日 AM10:30現在です)

9時からINしまして、
10時ちょい過ぎにトレードを
終了しました。

なぜ、この様な早い時間に
トレードを終了するのか?

というところですが…

まず第一は、

「一日の生活費分に加え、
ㅤプラスαの利益を取った」から

なんですが、

これとは別に、
もう1つ理由があります。

というのも、デイトレードは
決断の連続なんですね。

なので、
あまり長時間トレードしますと、
決断力が低下してしまい、

後で考えると、
入ってはいけないポイントで
入ってしまったりします。

その決断力が集中できるのが、
おおよそ2時間ぐらい。

と、この2つの理由により、
今日のトレードはすぐに
終わらせました。

ところでですが…

皆さんは、ご自身の一か月の生活費が
どのくらいかかっているか
把握されていますか?

「大体は分かる。」

「えっと。どんぶり勘定汗」

「しっかり管理してます。」

等々。

人それぞれかと思います。

ここでお伝えしたいのは、
一か月の中でかかる
生活費「経費」ですね。

これをしっかり把握すること。

まず、これが基本です。

基本ができたら、この生活費を
一か月で稼げるトレード日数で割って、
一日のトレード利益目標を決めます。

そこから、色々なテクニックを駆使して、
日銭を取る戦略で行くのですね!

一か月の目標額さえ取れれば、
単純な話、その後はトレードを
お休みしてもオッケーです。

これができるようになると、
劇的に生活が楽になります。

今の様な有事では、
特にこのようなやり方が
必要になってきますね。

また、次のステップとして、

「生活費」プラスαの利益を含め、
トレード目標額を大きくする。

という戦略です。

会社で貰うお給料で考えると、
ボーナス的な部分ですね。

そこを毎月、
トレードで取っていきます。

そうなりますと、
急な出費などがあっても
慌てることが劇的に減ります。

トレードの研究も然りですが、
利益の取り方も戦略的に目標額を立てて
臨んでいきましょうね(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
私たちの知る“相場”は実に奥深く、
ふつうに勉強しているだけでは
知れないことで溢れかえっています。

先行き不透明感の極まる今こそ、
長らくひた隠しにされているウラ情報を
押さえておきましょう。

【4月16日(木) 大阪 開催】
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_osaka2004/

【4月24日(金) 東京 開催】
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_tokyo2004/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です