これが株式リスクの正体です

2020.10.21
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

投資には、
リスクはつきものですが、

では、そのリスクというものは、
一体どういった正体でしょうか。

普通にリスクという言葉を
つかっている人も、

その内容を説明できる人
は少ないと思います。

金融商品一般に広げると
複雑になるので、

東証1部上場株式に
限定して話をしてゆきます。

東証一部に限定したのは
以下の前提をつけるためです。

・倒産しない、
・流動性は十分にある
(売りたいときに売れる、
買いたいときに買える)

この前提では、
リスクとしては、株式特有の
価格変動のリスクをもつだけ、
となります。

ある銘柄、つまり
ある企業の株式は、

その企業のいろいろな事情に応じて、
株式市場でその会社に対する
評価がなされ、値がつきます。

その値というのが株価であり、
刻一刻と市場で変化します。

その企業のいろいろな事情とは、
たとえば、このようなものでしょう。

・新製品の発表
・社長の退任や後退
・不祥事
・集団訴訟
・本支社や工場などでの事故やトラブル
・アナリストレーティングの変更
・M&Aの発表

こうした事情で値がつくことは、
わかりやすく納得できるものです。

この個別に存在する株式のリスクは、
企業に固有のものであり、

固有リスク(もしくは
アンシステマティックリスク)
と呼びます。

会計士が行う株価算定では、
Company Specific Risk という名前の
リスクを考慮して算出しますが、

その時の考え方は、
上記固有リスクの存在
によるものです。

このリスクは、
ポートフォリオを組むことで、
除去することができます。

もっとも除去した結果の
ポートフォリオとは、

TOPIX株価指数になります。

株式の信用取引を行う場合、
株価指数を取引する先物よりも
リスクが大きくなるのは、

この理由によるものです。

したがって、一般的には、
信用取引で売買するより、

指数先物を売買する方
が合理的であり、

リスクは低いものになるのです。

リスクというのは、
計算で出すことができ
数字として示すものです。

いずれ、個別株と株式指数
のリスクを、

数字で示してみたいと思います。

奥村尚

<編集部のオススメ>
シンプルかつ結果の出る手法
をお探しの方へ

もうノウハウコレクターは
引退しませんか?

決してブレない安定した
トレードルールをお伝えます。
今すぐあなたのお席を確保してください。

【10月23日(金) 大阪 開催】
http://akita-fx.info/akita-fx/osaka_hl/

【10月25日(日) 福岡 開催】
http://akita-fx.info/akita-fx/fukuoka_hl/

【10月27日(火) 沖縄 開催】
http://akita-fx.info/akita-fx/okinawa_hl/

【11月6日(金) 東京 開催】
http://akita-fx.info/akita-fx/tokyo_hl/

関連記事

Pick Up!

One thought on “これが株式リスクの正体です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です